HOME > 翻訳 > 翻訳・通訳のトビラ > 翻訳業界を知るトビラ1

翻訳業界を知るトビラ
稼げる実務翻訳ガイド

実務翻訳とは

実務翻訳とは、あらゆる経済活動や政治の現場で発生してくる文書を翻訳する仕事。「産業翻訳」「ビジネス翻訳」などとも呼ばれています。翻訳市場のなかでは、9割ともいわれる最大の需要を占めており、「出版翻訳」や「映像翻訳」と比べれば、実力次第でプロデビューへの道が開けやすい分野です。

扱う言語は英語が圧倒的多数。英語の文書を和訳する「英日翻訳」と、日本語の文書を英訳する「日英翻訳」があります。

文書の性質と種類

ひとくちに「実務翻訳」といっても扱う文書は多種多様です。大別すると、まずは、企業案内やプレスリリース、WEBコンテンツ、事業計画書、各種報告書など、どの業種でも発生しやすい文書があります。加えて、特許明細書や新薬承認申請書類、目論見書、仕様書など、業種や分野特有の内容・様式をもつ文書があります。ローカライズ関連素材のように、1つのソフトをチームで訳していくという独特な方式もあります。

どの文書も「英日翻訳」「日英翻訳」の双方向で需要があるのも特徴のひとつ。「英日」「日英」どちらも手がける翻訳者は多いものの、全般的に、「日英翻訳」のできる翻訳者のほうが少ない傾向にあります。需要は安定してあり、ギャランティ面でも「英日」と比べ割高なので(後述参照)、「日英翻訳」のスキルがあれば強みになります。

おもなジャンルと特徴

どの業種・分野の翻訳も、バックグラウンドとなる専門知識は必須。翻訳者は基本的に、軸となる分野を定めて仕事を受注しています。分野の選び方は個々によって違いますが、大学での専攻分野や前職での経験を活かし、キャリアをスタートさせる人が多いのも特徴のひとつです。

もちろん、ゼロから基礎知識を積み上げていく人もいますし、情報は日々更新され、変化していくので、たとえ知識の蓄積があっても、常に新しいことを学ぼうとする根気と努力は必要です。


医薬(メディカル)翻訳

医学、薬学に関する文書の翻訳。バイオ技術や微生物、農薬関連なども広く含まれます。景気に影響されにくく、需要は安定傾向ですが、扱う文書は、新薬や医療機器などの申請関連請書類や、試験報告書、副作用症例報告、治験関連など、非常に専門性の高い内容。翻訳者には、大学等で医学や薬学、生化学、生物学などを専攻していた人や、医薬・生化学関連の職業出身者が多く見られます。

文系出身であっても、努力して専門知識を身につければ参入できる可能性も。医療機器や治験関連など、比較的学びやすいジャンルもゼロではありません。ただし、それでも生半可な知識では太刀打ちできないので、かなりの覚悟が必要です。



特許翻訳

特許とは、発明や考案、意匠、著作物などに代表される「知的財産」のうち、「発明」(特に技術面で高度なアイディア)を法で保護したもの。個人や企業が外国で特許を取得、あるいは外国の個人や企業が日本で特許を取得する際に発生する文書を翻訳します。

出願用特許明細書をはじめ、優先権証明書、公報、補正書、意見書など、独自の様式や文体を要する文書が多いのが特徴。翻訳料金は他のジャンルと比べて高額で、需要も安定しています。また、国外への特許出願が増加していることもあり、日英翻訳の需要の伸びが目立ちます。

それぞれの文書の様式や文体を習得するのに加え、高度な技術に対する理解力が求められるため、新人には参入しにくいジャンルといわれることも。確かに、特許事務所に勤務経験がある、企業で知財関連の部署にいたなど、実際の現場での経験・知識を積み上げながら、翻訳者としてのスタートを切るケースが多いのは事実です。ただ、なかには翻訳学校で技術を学び、ゼロから知識を積み上げてプロデビューした人もいるので、興味と意欲、根気のある人にとっては、挑戦しがいのある分野のひとつでしょう。



金融翻訳

証券、銀行、保険などの分野で発生する文書を翻訳します。どの分野にも共通する年次報告書、商品説明書、契約書、社内業務マニュアル等に加え、例えば証券関連では、マーケットレポートやファンド資料、目論見書など、銀行関連では、為替や市場動向に関するレポート、財務書類などが対象文書となります。また、企業が投資家に向けて情報公開するIR関連の文書なども翻訳対象です。

速報性が求められる文書が多く、訳文の質に加え、翻訳のスピードが重視される分野でもあります。世界不況の影響で、外資系金融機関からの需要の減少が目立つものの、ニーズそのものは底堅いといえるでしょう。

この分野で仕事をするには、金融業界の仕組みに通じ、業界特有の専門用語や特殊な言い回しなどを熟知していることが最低条件。業界出身者は専門知識の量においては有利ですが、未経験者でも知識を積み重ねていけば参入できる可能性はあります。



IT翻訳

コンピュータ、通信などの情報技術を扱う翻訳。新しいソフトの開発や、既存のハードやソフトのバージョンアップに伴って発生するマニュアルや文書などを翻訳するほか、コンピュータ分野では、ソフトウェアのローカライズが需要の大半を占めています。

ローカライズとは、直訳すれば「現地語化」。海外のIT系企業が開発したソフトウェアやその関連資料を、例えば日本でなら「日本語化」するということ。ひとつのプロジェクトで大量の翻訳が発生するため、チームを組んで翻訳業務にあたります。需要は高いものの、「短期間・低コスト」を目標に、翻訳支援ツールなどを使って業務の効率化をはかっていることもあり、翻訳料金は下降傾向にあるようです。



技術翻訳

電機、機械、自動車などの工業技術に関する翻訳。代表的な文書には、取扱説明書、作業指示書といったマニュアルをはじめ、技術仕様書、品質管理文書、技術論文などがあります。翻訳者には、理系の専門知識に加え、技術文書特有の文体である「テクニカル・ライティング」スキルが求められます

輸出産業でもあるので、日英翻訳の需要も比較的多い分野です。世界不況の影響で、昨年は特に需要全体が落ち込みましたが、業種によっては、景気の底打ちを機に、復調の兆しが見られるようです。



環境翻訳

地球温暖化や生態系の変化など、地球規模での深刻な環境問題に直面している現在、環境関連の産業も伸びてきており、当分野の翻訳のニーズが高まっています。ただ、ひとくちに「環境」と言っても、生物学的調査、気候問題、エネルギー開発、エコライフなど、分野はさまざま。環境意識が市民レベルで浸透してきたこともあり、最近では、より専門的な情報を提供する文書も増えてきています。

「環境」分野で仕事をするなら、自身で専門テーマを決め、新聞やウェブをはじめ、信頼できるニュースソースを確保し、日ごろから最新動向をつかんで情報を更新していく必要があるでしょう。

環境技術に関していえば、日本は世界でもトップクラス。新技術の開発も今後増えると考えられており、潜在的な翻訳需要があると注目している関係者も多いようです。


最近の傾向

仕事の性質上、需要は世界経済や国際情勢の影響を受けやすく、ここ数年の世界的不況のあおりを受け、輸出産業や金融業界などを中心に、一時期著しい需要の落ち込みが見られたのは業界の記憶に新しいところです。その一方で、医学・医薬、化学、特許分野など、比較的景気の影響を受けにくく、需要は安定かつ堅調という分野も存在します。

また、好不況に応じ、それなりの仕事が発生するのも「生」の情報(文書)を扱う仕事ならでは。例えば法律契約分野では、この時期、不況に際する契約変更の文書等が増えたとの声もあります。一般に、翻訳業界内の景気動向には遅効性があるため、経済全般の景気動向より数か月遅れで影響が現れてくるとみていいでしょう。

仕事の流れ(フリーランス翻訳者の場合)

翻訳会社では、ソースクライアント(翻訳を依頼してくる企業など)から仕事の打診・問い合わせが入ると、コーディネーターが応対し、翻訳文書の詳細や納期などの諸条件を確認後、納期と見積もりをクライアントに提出します。ここでクライアントが了承すれば、仕事を受注することに。クライアントから関係資料や用語集などを取り寄せる一方で、翻訳者の人選を行います。

コーディネーターは、文書の性質やスケジュールを考慮し、登録している翻訳者のなかから適切な人を選んで仕事を発注。翻訳者は仕事の内容と納期を確認し、条件が合えば受注します。

翻訳者は、翻訳作業中、不足資料や疑問点などがあれば、コーディネーターに確認。コーディネーターは状況に応じてソースクライアントに問い合わせ、翻訳者にフィードバックします。翻訳の納品はメールが一般的。翻訳者は、指定の文書形式で、納期までにコーディネーターに納品します。

納品された翻訳原稿は、まずコーディネーターがチェック。さらに校正者が元原稿と翻訳をつき合わせ、用語の確認や細かな誤訳レベルまで目を通します。文書の形式によっては、その後編集作業も行います。そしてコーディネーターが最終チェックをし、ソースクライアントへの納品となります。

収入の目安

実務翻訳の場合、文章量に応じた出来高払いが基本になります。料金は一律でなく、業種や分野、文書の性質や難易度、翻訳者の能力や実績など、条件に応じて決められます。

英語の場合、英日翻訳では、仕上がり400字詰め換算で1枚1,000円~2,000円台が相場。分野によっては3,000円台のものもあるようです。日英翻訳では、仕上がり200ワード換算で1枚2,000円~3,000円台が中心で、分野によっては5,000円台など、高額のケースもあるようです。また、最近では、英日、日英ともに原文1ワードあたりで料金を設定する翻訳会社も増えてきています。

翻訳の質を高め、単価の高い仕事を得ること、そして翻訳のスピードを早め、1日に訳す量を増やしていくことが、収入アップにつながるといえるでしょう。派遣社員の場合は、労働時間に応じたギャランティ計算になります。

プロ翻訳者になるには

実務翻訳者として仕事を得るには、いくつかのルートがあります。第一に、翻訳会社のトライアル試験を受け、登録するケース。フリーランスの翻訳者は、仕事のおおもとの依頼主(ソースクライアント)から直接、翻訳の仕事を受けるのではなく、翻訳会社に登録し、その会社を経由して仕事を受注するのが基本。まずは翻訳会社に登録しなくてはなりません。

登録するには、翻訳会社で行っているトライアルに応募し、合格する必要があります。翻訳会社によって扱う分野やジャンルが異なるので、よく情報を集め、自分の専門ジャンルに合った会社を選ぶことがポイントです。できれば複数の会社に登録しておくと安心です。

翻訳会社によっては、フリーランスとして翻訳者と登録する場合と、社内翻訳者(オンサイト)として採用する場合があります。しばらくは社内翻訳者として経験を積み、それから自立する方法もあります。

第二に、一般企業の社内翻訳者として仕事を得るケース。仕事の効率化や機密保持をはかるため、最近では社内に翻訳者を置く企業も多く見られます。正社員が翻訳を担当することもありますが、ほかに契約社員として随時募集をする、派遣会社を通して数か月ごとに契約する、といったケースも。まずは派遣会社に登録し、派遣社員として翻訳の現場につきます。

求められる資質

実務翻訳者は、語学さえできればいいわけではありません。英語(あるいはほかの外国語)力日本語力は必須ですが、パソコンスキルや翻訳する分野の専門知識、そして幅広い情報収集能力も必要です。どの業種においても、時々刻々と変化する「生」の情報を扱うことがほとんど。どんなに慣れ親しんだ分野であっても、常に新しい概念や言葉との出会いを重ねていくものです。決められた納期内で、必要な情報をいかに探り当てるかが、翻訳のクオリティを上げるためにも大事な要素となります。同時に、過去の翻訳実績を分類整理し、次の仕事へと役立てられるような情報整理能力も求められます。

また、自分の専門分野に関しては、前職で業界知識を身につけてきた人も、翻訳学校などで学んだ人も、常に学ぶ姿勢を忘れないことが大事です。翻訳という作業は地道で孤独なもの。根気強さはもちろん、自己管理能力も必要です。また、マネジメントも自分で行うケースがほとんどなので、ビジネスパーソンとしての自覚をしっかり持ちたいところです。かといって過剰な営業活動は、かえって翻訳会社の迷惑に。連絡を受けたら速やかにレスポンスをする、納期や時間は厳守する、仕事を円滑に運ぶための交渉術をもつなど、社会人としての基本的なマナーがあれば十分です。

コーディネーターの話では、仕事のできる翻訳者ほど「謙虚」な人が多いそうです。プロとして自信を持つことと、尊大な態度で応対することはまるで違います。仕事上のちょっとしたミスや行き違いは、受注者・発注者の双方につきもの。冷静かつ前向きに対処できる柔軟さで乗り切る度量もほしいところです。

押さえておくべきこと

仕事が軌道に乗るまでは、収入も不安定。1年は生活できる程度の貯金があると安心です。しばらくは、副業や兼業で経済面を支えるという方法も考えるといいでしょう。

どの業界でも同様ですが、不況の時期もあれば、活況を呈する時期もあります。目先の仕事や状況に一喜一憂するのでなく、リスクを回避し、時勢に柔軟に対応できるビジネススタイルを築くことが、成功のカギに。例えば仕事の受注が減っているときには、専門分野を深く勉強しなおす、あるいは、専門分野を軸に仕事の幅を少し広げてみるなど、自分のスキルを磨く時間と捉え、次のビジネスチャンスに備えるといった戦略も有効でしょう。

文:彌永由美


  ・稼げる実務翻訳ガイド
  ・出版翻訳への道
  ・映像翻訳ナビゲート



翻訳・通訳のトビラ トップへ