HOME > 翻訳 > 翻訳・通訳のトビラ > 現役通訳者のリレー・コラム【第1回】フリーランス通訳者への転身

現役通訳者のリレー・コラム

第一線で活躍する現役の通訳者の方に、この仕事を目指したきっかけや日々の通訳業で感じる思い、
仕事へのポリシーなど、リレー形式で書き綴っていただきます。

【第1回】フリーランス通訳者への転身

私が最初にフリーランスという仕事を身近に意識したのは、この“翻訳・通訳のトビラ”でも紹介している、日本翻訳者協会(JAT: Japan Association of Translators)主催プロジェクトの運営委員になった時です。最初の顔合わせで会った他の委員は、ほぼ全員がフリーの通訳者・翻訳者の方々ばかり。会社員人生を送ってきた私には、会社員の知り合いしかおらず、フリーランスとはどんな方々なのか、想像すらしていませんでした。でも、ご一緒に活動をして彼らの人となりを知っていくと、私は感動を覚えました。

組織に属さず、自らの才覚と努力だけで自分の道を切り開いて成功している仲間達は、責任感が強く、思いやりが深く、洞察力に優れていました。特に、全委員とも当事者意識が強いため、全員が率先して仕事を引き受けるという、会社内ではあまり見られないプロジェクト進行でした。フリーランスで働く事は、全ての結果に自分が責任を持つという事に他なりません。委員の仲間達は、そういう独立独歩のメンタリティーに溢れていました。その時の経験は、私のフリー転向への大きなきっかけとなりました。

それでも、最初は分からない事だらけ、不安ばかりでした。

  • 仕事はあるのか。現場で失敗して、突然エージェントから連絡が途絶えたりしないのか。
  • どんなエージェントに、何社登録したらよいのか。
  • クライアントからのフィードバックは貰えるのか。
  • クレームが来たら、もう2度と仕事は来ないのか。
  • すべての人を満足させる事など不可能なのに、どんなことに気を付けて仕事をすれば良いのか。
  • 通訳者は個性派ぞろい、が通説。パートナーを組んだ相手に嫌われたり、迷惑をかけたらどうしよう。。。
  • 何より、生計を立てることが出来るのか。

などなど、これは、自分に対する自信のなさの表れですが、全く明日に対する保証のないフリーという不安定さに対する恐れでした。私は通訳という仕事が大好きなのに、フリーになって仕事がなくなっては、まさに本末転倒になる、という恐怖心が一杯でした。当時は失敗しないこと、ばかり考えていました。そんな私も今では、フリーランスの素晴らしさを感じられるようになりました。今回は、そんなフリーランスの醍醐味について、会社員時代との比較をしながら、述べてみたいと思います。

フリーランスのメンタリティー

写真:

私は大学卒業後、金融業界に入り、15年以上も日本株の運用でキャリアを積んできました。日本株の運用は、パフォーマンス、しかも数字で評価が決まるので、自分は成果第一主義の人間だと思っていました。けれど長年、会社員生活をしていたせいか、やはり真の“成果主義”が理解できていなかった事を、フリーになって痛感しています。金融界にいた頃は、もちろん、自宅でも仕事をしていましたし、常に株式市場の事を考えていました。

それでも拘束時間があり、有給休暇があることに変わりはなく、会社に拘束されている事実から逃れることは出来ませんでした。外回りから直帰するときは、必ずオフィスに連絡を入れなければなりません。でも、フリーになってその考えが綺麗に頭から消えました。仕事は、成果でするものです。特に通訳は、どれ程膨大な時間をかけて準備をしても、現場できちんとパフォーマンスを出さなければ、仕事を成就したことになりません。かけた時間ではなく、成果で報酬を受け取るのが、真のフリーランスのメンタリティーなのだと理解しました。

大竹純子さん
Profile/

フリーランス会議通訳者。日系証券会社に就職した後、米国ペンシルベニア大学ウオートン校にてMBAを取得。帰国後は、米国の投資運用会社でアナリスト・ファンドマネジャー、調査部部長として、日本株に関わった後、通訳者に転身。米国の金融機関及びコンサルティング会社で社内通訳を経験し、2014年7月からフリーランス通訳となる。得意分野は金融、IR、経済、エネルギーなど。

バックナンバー