HOME > 翻訳 > 翻訳・通訳のトビラ > 現役通訳者のリレー・コラム【第10回】フリーランス通訳と子育ての両立

現役通訳者のリレー・コラム

第一線で活躍する現役の通訳者の方に、この仕事を目指したきっかけや日々の通訳業で感じる思い、
仕事へのポリシーなど、リレー形式で書き綴っていただきます。

【第10回】フリーランス通訳と子育ての両立

リレー・コラムをお読みの皆さん、こんにちは。

こちらのサイトに訪れる皆さんは老若男女さまざまで、これから通訳を目指す方から既に何年も経験を積んでいらっしゃる方まで、色々な方がいらっしゃるかと思います。それぞれの立場で抱えている課題は千差万別だと思いますが、私、岩瀬和美は、「フリーランス通訳と子育ての両立」という観点からこのコラムを書いていきますね。

通訳者への道のり

学生時代の夢は「文芸翻訳家」でした。幼い頃から洋楽が好きで、海外から音楽雑誌を取り寄せ、辞書を片手にお気に入りのバンドの情報を集めたり、レコード(CDじゃありませんよ)についている歌詞を訳したり。将来はこんな素敵な文章を書ける人になりたいなと思っていました。

大学卒業後、出版翻訳専門の学校に通い、その後の翻訳者デビューを夢見ていましたが、地道な下積みが必要な業界ではなかなか仕事は回ってこない。先生の下訳をしても生活費にはなりません。そこで、同じ翻訳でもお金になる特許翻訳に方向転換。毎日何十枚という明細書を翻訳することで、英語の基盤が構築されました。

そんなある日、ひょんなことから新たに立ち上げる外資系企業のアメリカ人役員秘書をやってみないか?というオファーをいただき、海外生活経験のない私は「外国人と話してみたい!」という単純な理由で転職。秘書のはずだったのに体良く使われ、気がついたら一緒に会議に入り、役員の隣りで通訳をしていました。

あれから四半世紀。結婚、出産、転居等々、さまざまな課題を乗り越えながら通訳として仕事を続けています。

第一次子育て大戦

社内通訳者として数年を経て、”そろそろ独立してもいいかなぁ”と考え始めていた頃、結婚、妊娠を機に独立を決意しました。独立といっても、それまでの雇用者と外注契約を結ぶというラッキーなスタートでしたので、仕事に対する不安はありませんでした。妊娠8カ月まで仕事を続け、出産後は必要に応じで会社から連絡をもらい、発生ベースで子どもを預け、仕事に向かうという恵まれた環境にありました。そんな生活を1年続け、本格的に仕事に復帰。ところが、ここからが大変でした。

朝から晩まで休む暇はゼロ。仕事を終えて保育園にお迎えに行き、一通りの家事を終え、子どもと遊び、寝かしつけ、さて明日の資料読み。だいたい深夜を回ります。睡眠時間は確保できないし、仕事のある日に限って子どもが熱を出す・・・等々、それまで体験したことのない、予測不能かつ想定外な事象が次々と襲ってくる。確かに可愛い息子です。目に入れても痛くないどころか、ほんと、食べてしまいたいくらい。でも正直、被害者意識に苛まれることもありました。周りの通訳者と自分を比べ、「もっと仕事したいのに」と恨めしい気持ちになったことも…。当時は、キリキリと心に余裕のない人間だったのではないかと思います。

幼少期のお子さんを抱えている通訳者の方へ

とにかくこの時期はお金を惜しまないことです。子どもに、自分に、リソース(ヒト・モノ・カネ)を使いましょう!

幼少期のお子さんを抱えている通訳者の方へ

子どもを安心して預けられる人を見つけ、(言葉は悪いですが)投資しましょう。この投資にはベビーシッターさんはもちろん、ママ友や自治会の皆さん、そして他の通訳者とのおつきあい(会食とか)、家事代行サービスなども含みます。発熱時等の子どもの緊急対応はもちろん、自分の心の健康のためにも、この時期は投資の時期だと割り切りましょう。幸せな家庭はママの笑顔から。自分の心にゆとりを持ちましょう。

岩瀬和美さん
Profile/

会議通訳者。大学卒業後、出版翻訳者を目指すが、出版翻訳のみでは生計を立てていくことが難しく、国際特許事務所で特許明細書翻訳業務を行う。のちに某携帯電話会社の立ち上げに際し日本参入した米国企業の社内通訳を経て、独立。フリーランス通訳者となる。

企業や政府関係の会議、セミナー等の通訳に加え、美術展やファッション等、芸術系の仕事も多い。得意分野は金融、経済、IT、特許。スポーツ国際親善試合のスタジアムMCを含め、バイリンガルMCとしても活動している。

バックナンバー