現役通訳者のリレー・コラム

第一線で活躍する現役の通訳者の方に、この仕事を目指したきっかけや日々の通訳業で感じる思い、
仕事へのポリシーなど、リレー形式で書き綴っていただきます。

【第22回】わたしの通訳修業

update:2017/05/01

通訳業を仕事にしてから、あっという間に成人式を迎えるほどの年月が経ちました。

その間、思い返せば山あり谷あり、うまくいったこと以上に失敗したことも数々あり、自分なりにいろいろと経験をしてきました。まだまだ未熟者ですが、やりがいのある仕事に出会えて、自分は本当に幸運だったなと思います。今回、このような機会をいただき、通訳者になろうと思っている方、または社内通訳者からフリーランスの通訳者になろうかどうか悩んでいる方に向けて、何か参考になることがお伝えできれば幸いです。

もし、いま、通訳を職業として考えている方がいらっしゃいましたら、迷わず通訳スクールへの入学をお勧めします。一期だけでもいいと思います。一度通ってみてください(スクールの回し者ではありません)。目から鱗がぽろぽろ落ちるはずです。

無知というのは怖いもの…

私が初めて通訳スクールの門をたたいたのは、4年半の留学を終えて帰国した半年後のことでした。当時、浦島太郎状態になっていた私は、カルチャーショックならぬ、リエントリーショックに苦しんでおり、「日本社会への復帰の一環として通訳スクールに通う」という、あまり積極的ではない理由で学校に通っていた記憶があります。

通訳スクール

それまで特に通訳を職業として視野に入れていたわけではありませんでした。英会話力は何とか身につけて帰国したと思っていましたので、英会話学校のその上は通訳スクールだろうと漠然と考えてのことでした。引きこもり中に英検1級は合格しており、多少は自信をもって選考試験に臨みました。

「無知」というのは怖いもので、結果は惨敗。かろうじて会議通訳基礎科Iに入学を許可されました。まさか、通訳スクールの入学試験で日本語がわからないとは思いませんでした。試験はリスニングと読解、英訳、和訳、そして単語を訳す問題が数問ありましたが、何問かで「日本語として知らない言葉」があり、当然、その対訳など知らなかったわけです。「配当」など今ではごく当たり前に口にする単語ですが、恥ずかしながら、当時はこんな言葉さえ聞いたことがありませんでした(私がものを知らなさ過ぎただけなのですが…)。その時は、よく漫画に出てくるようなハンマーで頭を何度も殴られたかのごとく、とてもショックでした。それから夢中になって通訳の勉強を始めました。

私のような生徒がたくさんいたのでしょう。このスクールでは、「トレンド」という分野ごとに単語がまとめられている辞書を丸ごと暗記させて、毎回試験を受けさせられました。これはつらかったのですが、いま、ふり変えると基礎の基礎固めとして大事な勉強だったなと思います。当時は、こんな単語を使うような会議に自分が出られるわけがないと思っていたのですが、後年、ひょんなところで役に立ちました。通訳者は広く浅い知識が必要とよく言われています。覚えて損になる知識はありません。

お客さんはお金を払ってあなたの訳を買っている

通訳スクールの利点のひとつは、通訳者になるための勉強を一つひとつ手ほどきしてくれることです。メモの取り方に始まり、サイトトランスレーション、クイックレスポンスは同時通訳技能の基盤となりました。が、それ以上に有益だったのは、とにかく自分のダメさ加減を的確に指摘していただけたことです。自分では一生懸命訳したつもりでも、「あなたの訳では、ちょっと英語がわかりますっていう人が訳した訳と大差ありません。お客さんはお金を払ってあなたの訳を買っているのだということを考えながら訳出しなさい」という評価をいただいたことがあります。その時はかなりこたえましたが、この言葉は今でも本当にそうだなと思いますし、戒めの言葉としています。プロになってからでは、こんな苦言を呈してくれる貴重な方はいません(現場で元担当講師とご一緒した場合は別ですが)。

先生方の厳しい指導のおかげで精神力はつきましたが、クラスメイトと自分を常に比較し、奈落の底まで落ち込むことも何度かありました。帰り道の地下鉄で電車を待ちながら、「あぁ、他人はこんな気分の時に、ふらふらと線路に吸い込まれるのかもしれないな…」と思ったことは一度や二度ではありません。ですが、今その頃のことを思い返すと、スクールでのこの針の筵(むしろ)に耐えられないようでは、おそらくプロにはなれなかったのではないかなと思っています。現場はその何倍ももっと厳しいのですから。

進級にはテクニックも必要

通訳スクールに通うことはとてもためになりますが、できるだけ短期間で進級し、修了することが得策です。ずるずると足踏みをしていると、それだけ現場に出る時期が遅れます。現場に出る時期が遅くなれば、現場で目いっぱい仕事ができる期間も少なくなるわけです。それが今も思う私のしくじりでした。あまり大きな声では言えませんが、私がスクール修了までにかかった時間は、小学1年生が中学生になる期間を優に超えていました。途中で別の通訳スクールに通ったこともありましたが、進級できないのは講師のせいでもなければ、スクールのせいでもなく、自分の努力不足のせいでした。

松本由紀子さん
Profile/

フリーランス会議通訳者。英会話講師の傍ら通訳スクールに通学、プロ科まで修了。

英会話講師を2年務めた後、複数の企業にて社内通訳兼翻訳者として約10年間従事。警察庁外郭団体から弁護士事務所、携帯電話、マーケティングリサーチ、テーマパーク建設、小売業などを渡り歩き、2006年より個人事業主として独立。好きな分野は医療、製薬だが、特に限定することなく、依頼というご縁のあった仕事を引き受けている。日本会議通訳者協会正会員。

バックナンバー