現役通訳者のリレー・コラム

第一線で活躍する現役の通訳者の方に、この仕事を目指したきっかけや日々の通訳業で感じる思い、
仕事へのポリシーなど、リレー形式で書き綴っていただきます。

【第25回】英語以外の通訳市場 ~インドネシア語編~

update:2017/08/01

「へえ、それは珍しいですね」
「いったいどうしてまた……」
初対面で「インドネシア語の通訳・翻訳を生業にしている」と言うと、こんな反応が返ってきます。

ナシゴレン(焼き飯)が広辞苑に載るようになっても、日本人にとってインドネシア語はいまだに縁遠く、それ一本で食べている人間はずいぶんと風変わりに映るようです。インドネシア語には、マイナー言語というレッテルが付いて回ります。希少言語だとか特殊言語などと呼ばれることもあれば、諸言語・その他の言語として十把ひとからげにされてしまう場合も少なくありません。

今回「インドネシア語の通訳市場」というお題を頂きましたので、そんな「マイナー言語」が日本国内でどのような現状にあるかを一現役通訳者の視点からお伝えしたいと思います。

なお、私自身は通訳と並行して翻訳の仕事もしており、ここで書いたことのほとんどは両方に共通した話です。翻訳にも関心のある方は、「通訳」を「通訳・翻訳」に置き換えて読んでみてください。

インドネシア語ってそんなに需要あるの?

インドネシア語は、ASEANの盟主といわれるインドネシア共和国の国語で、唯一の公用語です。数百もある種族を一つに束ねる共通語として、全土で広く通用します。

そのインドネシアの人口は、世界で4番目に多い2億6千万人。国民の年齢構成は全体に若く、今まさに伸び盛りの活気みなぎる大国です。人口ボーナス期のただ中にあり、中間所得層が急拡大し続けるインドネシアは、生産拠点としてだけでなく巨大な消費市場としても世界の注目を集めています。来年(2018年)国交樹立60周年の節目を迎える日本との関わりも、貿易や投資から観光、文化交流に至るまで官民問わず多方面にわたり、極めて密接です。

発展著しい首都ジャカルタ
発展著しい首都ジャカルタ

そこにどれほど膨大な通訳需要があるかは、想像に難くないはずなのですが……。マイナーだ特殊だといったレッテルが目を曇らせるのか、業界内でもインドネシア語の市場規模を見くびっている人が多いと感じます。

供給側の現状は?

需要が大きいのはよいとして、供給のほうはどうなっているでしょうか。

まず何といっても、職業通訳者の絶対数が足りていません。通訳一本の人に加えて、私のような通訳・翻訳並行組までを広い意味の専業と捉えても、その数は本来の市場規模からすると話にならないほど寂しいものです。足りない部分は兼業の方たちの力を借り、業者によってはさらに強引な員数合わせまでして、増え続ける需要をどうにか賄おうとしています。

通訳者の数が集中する東京圏でもこのありさまですから、地方での手配がどれほど難しいかは推して知るべしです。東京圏以外を拠点とする方々もいらっしゃいますが、一定レベル以上の仕事に対応できる人はほんの一握りに過ぎません。そうしたわけで、結局は常に決まった顔ぶれに全国各地からお呼びが掛かることになります。

通訳方式の面から見ると、逐次もさることながら、より人材不足が深刻なのは同時です。インドネシア語の同時通訳者はそれこそ数えるほどしかおらず、わざわざインドネシアから呼び寄せたり、どうしても手配がつかず断念したりといったケースもままあります。

同時通訳に限らず、「通訳者の手配がつかず断念」や「強引な手配がたたってクレーム発生」が繰り返されると、そのうちインドネシア語のまともな手配ははなから無理だと見放されてしまいかねません。そうならないためには、通訳会社や関連団体、大学その他の教育機関なども巻き込みながら人材の発掘と育成を進め、全体的に層を厚くしていく努力が不可欠だろうと思います。

また私たち通訳者やその志望者どうしの間でも、もっと積極的にネットワークを広げて、紹介をし合ったり駆け出しの人を引き上げたりしながら、いつでもさっとチームを組んで(あるいは適材適所で手分けをして)業務に当たれるような土壌を日ごろから育んでおく必要があります。

土部隆行(どべ たかゆき)さん
Profile/

インドネシア通訳者・翻訳者。大学時代に縁あってインドネシア語と出会う。卒業後は現地への語学留学を経て、団体職員として駐在勤務を経験。

その後日本に戻り、1999年に専業フリーランスの通訳・翻訳者として独立開業。インドネシア語一筋で多岐多様な案件に携わり、現在に至る。

インドネシア語通訳翻訳業 土部隆行事務所

バックナンバー