HOME > 英単語・英文法 > 基本動詞をマスターしよう > 第7話 MAKE(その2)

監修 松澤喜好


第7話 MAKE(その2)




●makeの典型的な用法

 make を辞書で調べると、意味がたくさんあってわけがわからなくなると思いますが、大きく分けて「作る」と「する」の2つのグループにまとめることができます。
 ネイティブ・スピーカーも、実は単純に「作る」と「する」の機能をイメージして make を使っているのです。ネイティブ・スピーカーの発想に近づくことを目標にしましょう。

1. 作る
 具体的に目に見える物を「作る」意味です。目に見えないものでも、fortune(財産)や、数字で表せるものは「作る」というイメージに分類されます。この意味は中学校のときから習っているので、詳細は省きます。ただし、from と of の使い分けは復習しておきましょう。

 ・make wine from grapes(材料の状態が変わる場合)
 ・a desk made of wood(材料の状態が変わらない場合)

 いずれにせよ、重要なのは「だれかが手を加えることにより、物ができあがった(組みあがった、材質が変化した)」ことを表す点です。

2. する
 make の目的語に目に見えないものや、抽象的なものを使う場合です。能力や状態の変化(ダイエットして体の状態をスリムに変化させるなど)も「する」に分類します。
 「する」の用法は、次の2つに分けられます。この使い方を覚えると、とても英語らしい会話や文章ができます。

(1)主語+make+目的語(動作を表す名詞)
 目的語に動作を表す名詞を使うのがコツです。このパターンを覚えると、日本語の「○○する」という表現がたくさんできます。注意する点は、make は努力して何かを作り出したり、状態を変える動作に使うことです。
 このパターンの特徴は、習慣的にいつもやっていることではなく、「そのために準備して、1回実行すること」に使う点です。

 ・I made a reservation.
 電話などにより都合を調整して、1回の予約をしたという意味が含まれています。

 ・I made a big mistake.
 手間をかけてやったことが、今回は間違いだったという意味が含まれています。

 ・I made a decision.
 あれこれ考えて、決まっていない状態を決定した状態に変えることを、1回行ったという意味が含まれています。

 ・I made a speech.
 演説の原稿を書くなどの準備をして、1回スピーチをしたという意味が含まれています。このスピーチには努力を要したのです。散歩する場合、He takes a walk. と言いますが、He made a walk. とは言いません。散歩は特別の準備なしにぶらっと出かければよいので、make は使わないのです。


 I made a bath.(風呂を沸かした)と言う場合、だれかのために風呂を沸かしたイメージが隠れています。例えば、I made a bath for her last night because she was so tired.(彼女が疲れていたので、昨日は私が風呂を沸かした)と言うことができます。
 I took a bath.(風呂に入った)の場合は、「自分が自分のために風呂に入った」といういつもの行為を言っています。

(2)主語+make+目的語+補語
 make を使った典型的な文型です。

 ・It made her thin.(それが彼女をやせさせた[補語は形容詞])
 ・He made her smile.(彼は彼女をほほえませた[補語は動詞の原形])
 ・I made her my wife.(私は彼女を自分の妻にした[補語は名詞])
 ・The beard made him quite distinguished.(あごひげのせいで、彼はとても立派に見える[補語は動詞の過去分詞形])

 It made her thin. の場合、彼女が太っていたか普通の体型だったのを、やせた体型にさせたという意味です。簡単にはいかないですよね。make の背景には相当の努力または大きな影響があったことが隠されています。
 He made her smile. も、彼のしぐさが特におかしかったか、彼が何かをした結果、彼女がほほ笑んだのです。この場合、彼女はなかなか笑わない状態にあったことが想定されます。

 主語と目的語を工夫すると、状態の変化をこのパターンで、なんでも表現できるようになります。補語には動詞の原形や過去分詞形、形容詞、名詞などが使えるので、表現は無限に広がっていきます。

 使役の make も、これと同じ形です。

 ・I made him leave the office. (彼をオフィスから追い出した)
 この場合、「彼」は「私」が何も言わなければオフィスにそのまま残ったと思われます。その状態(彼の気持ち)を変えたので、make を使います。
 make を使役で使うときは、人の気持ちを変化させていることが隠されています。多くの場合、「本人の意思に反してやらせる」という意味で使われます。


<< 第6話へ戻る 第8話へ進む>>


基本動詞をマスターしよう トップへ


  • アルコムワールドで日記を書く

メルマガ登録