HOME > 英単語・英文法 > 基本動詞をマスターしよう > 第9話 MAKE(最終回)

監修 松澤喜好


第9話 MAKE(最終回)




 make のイディオムとフレーズはたくさんありますが、ここでは代表的なものを挙げました。ぜひマスターして、会話や文章の表現力をアップしてください。

●makeのイディオムとフレーズ

(1)「する」
make a reservation(予約する)と同じパターンの例文です。make に「状態を変える」という機能があることを確認してください。

1. It would have made a big difference for me if I had married you.
 make a big difference は「状態を変える」という make の機能をそのまま生かした表現です。

2.
I'd like to make an appointment with Mr. Kosugi on Monday.
 「約束がない現在の状態から、約束のある状態を作り出したい」という意味です。この場合、make を使っているので、「1回会う約束をする」ということと、「Mr. Kosugi と会う約束をする」ためには、「多少の努力が必要である」ことがわかります。

3.
It makes no difference to me whether Jane comes to my birthday party or not.
 make は「状態を変える」場合に使いますが、no difference(違いがない)と組み合わせると、「違いがない状態に変える」ということになります。要するに「私には何の影響もない」ということです。

4.
We've made great progress on improving our corporate image.
 make great progress (大きな進歩をみせる)という make のお決まりのパターンです。ここで変わったのは、進歩の状況です。

5.
Bill made room for an old lady on the bus.
 スペース(room)がなかった状態から、物をどかしてスペースのある状態にする ことです。場所をあけるためには、よいこらしょと力が必要です。この場合は、自分の体をどけたのです。

6. His argument makes sense but it's difficult to understand.
 理屈の合わなかった議論に対して、彼の議論(argument)は理屈(sense)をもたらしたのです。状態が変わっていますね。

7. They have already made a deal with our competitor.
 make a deal(取引をする)という make のお決まりのパターンです。変わったのは取引の有無です。この取引を成立させるためには、かなりの努力が必要だったはずです。この取引は、今回1回の取引について言っています。

8.
I made an attempt to get along with Amy, but I found it impossible.
 make an attempt(試みる)という make のお決まりのパターンです。この場合も、試みるためには、何かしらの準備が必要だったことがわかります。

9.
The buyer made an offer of $100,000 on the house on Baker Street.
 make an offer という make のお決まりのパターンです。この場合も、offer するためにあれこれ考えたことが背景にあるのです。offer はこの1回です。

10.
First of all, I want to make my points in this speech perfectly clear.
 make my points clear
とは「私の主張点を明確にする」ことです。明確でなかったポイントを明確な状態に変えようとしているのです。

11.Becky makes good use of his personal connections for his business.
 make use of (利用する)という make のお決まりのパターンです。She uses というよりも She makes use of のほうがはるかに表現力があります。この場合、good をつけてさらに表現を豊かにしています。make +「動作を表す名詞」の形で、さまざまな表現を簡単に作ることができます。


(2)そのほかの make

make にはいろいろなイディオムがありますが、「状態を変える」ことは変わりません。

12. We're out of meat. I hope you can make do with milk and beans.
 make do with ... は「…で間に合わせる」の意味。do には「任務を果たす」という意味があります。肉がないので、任務を果たせない状態にありますが、make を使って、milk and beans で do(任務を果たせる)状態に変えています。

13. Ken's advice made for a fresher approach to the problem.
 make for ... は「…に役立つ、…に向ける」の意味。make は状態を for の方向に変化させます。この場合は fresher approach(より新鮮な視点で見れる状態)にしたということです。

14. I don't know exactly how it happened, but you two need to make up anyway.
 make up は「作り上げる、仲直りする、取り決める」の意味。女性のする(男性もしますが)メイキャップは素顔から、化粧をして仕上がった状態にすることですね。ここでは努力して up の状態(好調)に変える、つまり「仲直りをする」という意味で使われています。
make up が「話をでっちあげる」意味にもなるのは、make が「気まずい状態」を up(うそでもいいから、気分が上昇した状態)の方向に変える機能を必死に果たしているからです。

15. You have to make up for the failure by any means.
 make up for ... .は「…を取り返す、埋め合わせる」の意味。例文14と同じです。

16. It is important to discuss which problems to make light of and which ones to handle seriously.
 make light of ... は「…はたいしたことはないと言う、…を軽視する」の意味。いくつかある problems について、light(軽度なもの)と serious(重度なもの)に見積もる役目を make が果たしています。

17. I never imagined he'd pass the exam, but somehow he made it.
 そのままでは合格できないと思われたが、努力をして(この場合は一生懸命準備したのでしょう)合格したという意味です。make it は「間に合う」という意味でもよく使われるので覚えておいてください。

18. How are you making out in the social world?
 make out は「うまく進める、うまくやる」の意味。out は「外に」という方向を表します。「家に閉じこもっていた状態から、social world に出ていって、状態が変わったか」 つまり、「外に出て、外の環境に適応できたか」と聞いているのがこの文章です。変わったのは「外界への適応能力」です。

19. I made over the coat which I bought 3 years ago.
 make over は「作り替える、仕立て直す」の意味。over は「…の上に」という意味のほかに、「すっかり、完全に」という意味があります。「the coat を over する」とは、「the coat をすっかり変えること」です。つまり作り直すことですね。

20. It's your task to make the whole system work smoothly.
 She made him laugh. と同じ文型(make + 目的語+動詞の原型)です。whole system を work(稼動)させるということは、現在はこのシステムが稼動していないこと、稼動させるまでには、努力が必要であることを表しています。

●まとめ
 make を見たら「状態を変える」という基本的な機能を常に思い出してください。そのことが、ネイティブ・スピーカーと同じ発想で make を使いこなせるようになる近道です。 
 You can make it!!


<< 第8話へ戻る 第10話へ進む>>


基本動詞をマスターしよう トップへ


  • アルコムワールドで日記を書く

メルマガ登録