HOME > 英単語・英文法 > 基本動詞をマスターしよう > 第14話 GIVE(その2)|基本動詞をマスターしよう

監修 松澤喜好


第14話 GIVE(その2)




giveの基本用法

 繰り返しますが、基本は「Aさん」+give+「Bさん」+「C」です。A、B、Cはいろいろ変化しますが、惑わされないでください。
 文法用語でいえば、Aが主語、Bは間接目的語、Cは直接目的語です。紛らわしいですが、英語でも indirect object(間接目的語)と呼んでいるので仕方ないのでしょう。

 例文を挙げていきますので、give が表す動作をイメージする練習をしましょう。

・Rick gave me this watch.(リックが私にこの時計をくれた)
 基本形そのままの文型ですね。A=Rick、B=me、C=this watchです。

・Could you give me some water?(私に水をください)
 A=you、B=me、C=some water です。「コップに水を入れてもってきてもらう」ことがこの場合の動作のイメージです。このイメージを作ったあとで日本語に訳すと、give が「ください」になります。だからといって give=「ください」と機械的に覚えないでください。give が作り出す動作のイメージをつかむことが give のマスターにつながります。

・Charles gave Anne the wedding ring.(チャールズはアンに結婚指輪をあげた)
 「Charles」+gave+「Anne」+「the wedding ring」という構文です。 チャールズがアンに結婚指輪を渡しているところがイメージできましたか?

語順の変化

 基本形の応用として、「A」+give+「C」 to 「B」の形にすることがあります。
・Charles gave the wedding ring to Anne.

 意味は変わりません。ただしネイティブスピーカーにとっては文から受けるイメージがやや異なり、後者では「何をあげたのか」(the wedding ring)が強調されます。英語は語順に意味をもたせる言語で、前にある単語のほうがあとにある単語よりも重要である、という暗黙の了解があるためです。

 また、「C」が代名詞(it、that など)のときは、必ず「A」+give+「C」 to 「B」となります。
・She gave it to him.(彼女はそれを彼にあげた)
 この場合、She gave him it. とは言いません。語感がしっくりこないですよね。その感覚を大切にしてください。


「C」に注目

Cの部分にはいろいろなものが使えます。便宜上、次の4つに分類しますが、これは日本の文法書や辞書などが使っているもので、あくまでも目安です。ネイティブスピーカーはこのような分類をしているわけではありません。

(1)具体的な物
(2)抽象的な物(効果など)
(3)情報
(4)身振り・動作


「A」+give+「C」 to 「B」という語順は(2)と(4)では使わないことに注意が必要です。

(1)具体的な物
・Rick gave me this watch.(リックが私にこの時計をくれた)
 「A」+give+「C」 to 「B」の語順が可能です。
・Rick gave this watch to me. ○

(2)抽象的なもの(効果など)
・I wanted to give you a surprise.(きみを驚かせたかった)
 この文から動作をイメージしてください。「相手が予想していないことを私がして、あなたを驚かせる」イメージです。この文の前後から、どんなことをしたかがわかるようになっているはずです。ラブストーリーなら、素敵な贈り物をしたのでしょう。

 「A」+give+「C」 to 「B」の語順は使えません。
・I wanted to give a surprise to you.  ×
・His work always gives me a headache.(彼の仕事は私に頭痛を起こさせる)
 これはどんなイメージがわきましたか? 「やっておいて」と頼んだ仕事ができていなかった場面を私はイメージしました。

(3)情報
 ここでいう情報とは、アドバイスや注意、命令などのことです。
 「C」が情報のとき、give の日本語訳は「伝える、言う、教える」などといろいろ変化します。
・Would you give me your name?(あなたの名前を教えてください)
 どんな場面をイメージしましたか? 私は、ホテルのフロントでチェックインするときの場面をイメージしました。

 情報に関しては「A」+give+「C」 to 「B」の語順が可能です。この違いにより、(2)の「抽象的なもの」と区別されます。
・His secretary gave the message to him. ○
 場面がイメージできましたか? 秘書は、紙に書いたメモを渡したか、または口頭で伝えたのですね。

(4)身振り・動作
・He gave me a push.(彼は私を押した)
 この give の動作のイメージは、彼が私の身体を手で押した様子です。He pushed me. とほぼ同じ意味ですが、give を使ったほうが、手で押している状況がより鮮明にイメージされます。

・She gave me a wink.(彼女は私にウインクをした)
 この give はイメージしやすいですね。ペーパーバックなどにこの文章が出てきたら、場面を好きなように想像して楽しんでください。私は、美女が左目でウインクしたシーンを勝手にイメージしました。

 「A」+give+「C」 to 「B」の語順は使えません。
・He gave a push to me. ×
・She gave a wink to me.  ×

 「C」が動作を表す名詞の場合、give を使わないで名詞を動詞にした場合とほとんど同じ意味になります。ただし、give を使ったほうが「C」を「与える・伝える」というイメージが強くなります。
・She gave me a smile. (She smiled to me. )
・She gave me a wink. (She winked at me. )


<< 第13話へ戻る 第15話へ進む>>


基本動詞をマスターしよう トップへ


  • アルコムワールドで日記を書く

メルマガ登録