HOME > 英単語・英文法 > 基本動詞をマスターしよう > 第20話 GET(その4)|基本動詞をマスターしよう

監修 松澤喜好


第20話 GET(その4)



1-2 「乗る、降りる」「身体を動かす」

 「AがBに達する」ための手段が乗り物です。乗り物に乗る動作には into、in、on などが使われます。降りる動作には off、out of を使います。部屋などに入る(get in)、出る(get out)も get を使います。
 get に前置詞や副詞を組み合わせて使えば、体をどの方向に動かすのかを表現できます。身のこなしの表現に慣れましょう。

・I got on the train at Ebina station.(海老名で電車に乗った)
・I got onto the train.(海老名で電車に乗り込んだ)
 get on の場合は乗って移動する一連の動作がイメージされるのに対し、get onto の場合は「乗る」という動作に注目しています。

・I got in a taxi at Hiratsuka.(平塚でタクシーに乗った)
・We got into a car.(我々は車に乗り込んだ)
 get in は乗ってどこかに行くイメージ。get into は乗り込む動作を強調しています。

・We will get off the subway at Shinjuku.(新宿で地下鉄を降ります)
・They got out of the car. (彼らは車から降りた)
 get off は乗ってきた動作と降りる動作を含むイメージ、get out of は単に出る動作のイメージです。get out(外に出る)は非常によく使われる表現なので、以下にまとめてみました。

・Get out! (出てゆけ、外に出ろ!)

・Get out of here!(ここから出ていけ!)

・Get the hell out of here!(ここから出て行きやがれ!)
 the hell は「怒り、いらだち」の気持ちを表します。

・Get yourself out of here, man.(おいお前、ここから出て行け)
 Get out! は Get yourself out! の yourself が省略されていると考えられます。

・Try to get out, I guess.(出て行こうとしているんだよ、たぶん)

・He was eager to get out on the court.(かれはしきりにコート[バスケットなど]に出たがっていた)

・Tom, get out of the seat and let this old lady sit there.(トム、席を立ってこの老婦人をそこに座らせてあげなさい)

・She assured the driver that she'd be fine and got out of the cab.(彼女は「大丈夫よ」とそのドライバーを安心させてから、タクシーから降りた)

・She got only a few steps out of the kitchen when the phone rang again.(彼女が台所から数歩出たところで電話がまた鳴った)

次は get が3つも出てくる文です。
・We've got to get out of here before nine-thirty if there's to be any chance of stopping the managers before they get into the customer's building.(もしもマネジャー達がお客のビルに入る前に彼らを止めることができるチャンスがあるとしたら、我々は9時30分よりも前にここを出る必要がある)
 have got to ... は「...しなければならない」の意味。


 get out 以外の表現も覚えましょう。

Get away!(逃げろ!)
away は「離れてゆく」ことです。

Get down! (体を低くして!)
 downは「下に」の意。Get down! は Get yourself down! の yourself が省略されていると考えられます。

・What time do you get up?(あなたは何時に起きますか)
 up は「上に」の意。down の反対の方向。

・I got over the difficulty.(私はその困難を乗り越えた)
 over は「上を越えて」の意。

・When you get off, go to your right.([車から]降りたら、右のほうに行きなさい)

・After they'd got airborne, …(彼らの[乗った飛行機が]離陸したあとに…)
 airborne は「飛行中の」の意味。

・I'm going to have to find a way to get around this truck.(このトラックを迂回する方法をなんとか見つけ出すぞ)
 「前にゆっくり走っているトラックがいて、なんとか追い越したい」という状況です。I'm going to は「これからなんとかするぞ」、 have to find a way は「方法を見つけなければならないんだぞ」、 get around this truck は「トラックを迂回して(追い越す)」、around は「ぐるっと回って」の意味。

・I happen to know that Rick gets in early, usually before eight.(私は、リックが早く、たいていは8時前に出社するということをたまたま知っている)
 get in は「入ってくる」の意。職場での会話だと「オフィスに入ってくる」の意味。

・As quickly as he could manage, he got himself inside and locked the door behind him.(可能な限り素早く、彼は部屋の中に入りドアのかぎをかけた)

・Looks like the employees are getting off work.(従業員たちは[仕事を終えて]出てくるところのようだ)

・Rick went into his office and got back to work.(リックはオフィスに入り、仕事に戻った)
 get back は「戻る」の意。get back to work は仕事(書類を読んだり、書いたり、パソコンをたたいている状態)に戻ること。

・The traffic was bad getting into the Hakone Tunnel.(箱根トンネルに入るところで道路が渋滞していた)

・Kay was glad to hear that she and Ted were getting along fine.(ケイは彼女とテッドがうまくいっていると聞いて喜んだ)

 次の2つの例文は through に「電話がつながる」というイメージがあります。電話の回線が目的の人物に至るイメージです。
He got through to her and got a positive reaction.(彼の電話が彼女につながって、前向きな反応を得た)
・It still frustrated Jim not to be able to get through.(電話がまだつながらないので、ジムをいらいらさせた)

・You'll get through this.(きみはこの状態から抜け出ることができるよ)
 この through は電話とは関係なく、困難というトンネルを通り抜けるイメージです。

 次の2つは、「立つ」動作を stand up ではなく、「体を足に乗せた」と表現しています。面白いですね。座っていた状態から、体を足の上に乗せるところをイメージしてください。
・She got to her feet.(彼女は立ち上がった)
・Tom and Julie immediately got to their feet.(トムとジュリーは即座に立ち上がった)


<< 第19話へ戻る 第21話へ進む>>


基本動詞をマスターしよう トップへ


  • アルコムワールドで日記を書く

メルマガ登録