HOME > 英単語・英文法 > 基本動詞をマスターしよう > 第22話 GET(その6)|基本動詞をマスターしよう

監修 松澤喜好


第22話 GET(その6)



3-1 「ある状態になる」

・We were getting very hungry.
 We became very hungry. と意味はほとんど同じです。ただし get には多少の努力をしているイメージが伴うので、「何かをやっていた結果とてもお腹が空いた」というイメージが getting very hungry から感じられます。became は単純にお腹が空いた、というイメージです。

 「ある状態になる」という get の使い方を(1)~(4)にまとめました。

(1)get+形容詞
・I hope you will get better soon. (早く元気になってね)
 今は体調がよくないけれど、だんだんと better(元気な状態)に達するイメージです。

・The weather is getting better tomorrow.(明日は天気がよくなってくるよ)

・It is getting dark.(暗くなってきた[日が暮れてきた])

・I didn't want any of them to get hurt.(私は彼らのだれもけがをしてほしくない)

・I'll start to get ready.(準備を開始します)
 get ready は「用意をする」「準備のできた状態にする」という意味。

(2)get+過去分詞
・The man got killed in a car accident.(男は交通事故で死亡した)
 got killed を使うと、死に至った事故の経緯に注目しているイメージがあります。

・They got married.(彼らは結婚した)
 「結婚をした」という動き、経緯に注目している表現です。
・They are married.(彼らは結婚している)
 単に「結婚している」状態を表します。
 受身形は be動詞+過去分詞ですね。be動詞の代わりに get を使う場合は、その動作を強調していると考えられます。
 また、get+過去分詞には、「その動作を始める」というイメージがあります。会話ではよく出てくる用法です。ただし、文章を書くときには、くだけすぎた印象を与える場合があるので要注意です。

・Let's get started.(さあ、始めよう)
 Let's start. は自分が中心に始めるイメージです。Let's get started. は会議などで使いますね。Let's get the meeting started. の意味で、皆の気持ちをまとめたうえで開始するという感じです。司会者にはそれなりの努力が求められますよね。

・Doesn't he get tired?(彼は疲れないのかね?)

・Our company car gets cleaned every two months.(会社の車は1カ月おきに洗車される)

・I'm afraid our President got shot.(残念ながら、われわれの大統領が撃たれたようです)

(3)get+不定詞
・You will soon get to like her.(すぐに彼女を好きになるよ)
 get to... は「(だんだん)...の状態になる」というイメージで「ある状態になる」グループです。

・I got to like his idea.(彼のアイデアが好きになった)
 I grew to like his idea. は書き言葉。got to は会話表現です。

(4)get+動詞ing ある動作を始める。

・Let's get going.(さあ始めよう)
・Let's go. (さあ、行こう)
 Let's go. は単に出かけることですが、get going は何らかの行動を起こす場合に使います。

・It's better for me to get it going before Dr. Suzuki gets here.(ドクター鈴木がここに来る前に、それを始めたほうが私には都合がよい)


3-2 「~される」「~させる」(使役)

 使役の使い方を(1)~(3)に分類しました。

(1)get+過去分詞
・I got my first book published.(私は最初の本を出版しました)
 これと I published my first book. を比べてみましょう。ほとんど同じと思う人が多いでしょうが、実はかなり違います。
 出版までの作業を始めから最後まで自分でやる場合は publish を使ってもよいのですが、たいていの場合は、出版社の人が製本をして販売しますね。その場合は I got my first book published.(使役)を使います。自分で出版業を営んでいて、製本も販売もした場合ならば、I published my first book. が使えます。

・The guru got them brainwashed.(教祖は彼らを洗脳した)

・Let's get the stuff packed up.(その材料を包んでしまおう)

・Maybe he got hung up in the traffic.(彼はたぶん交通渋滞につかまったんだろう)
 hung は hang の過去分詞形です。

(2)get+不定詞
・I got my boss to say yes.(ボスにOKを言わせた)

・I'll get her to go there.(彼女をそこに行かせよう)

・She tried to get him to explain.(彼女は彼に説明させようとした)
 使役に have を使った場合には、不定詞ではなく動詞の原型を使いますね。

・I had my boss say yes. I'll have her go there.
 have は日常何気なく繰り返す事柄に使います。または、I have my hair cut.(散髪してもらった)のように、仕事として日常的にやっている人に頼む場合にも have を使います。get は依頼された人が多少の努力を要することに対して使います。

・Maybe we should wait and call him at home and try to get him to give us the address.(たぶん、われわれは彼が帰宅するのを待って彼の自宅に電話して、彼にその住所をわれわれに知らせるようにしたほうがよいでしょう)

(3)get+目的語+形容詞(または副詞)
 「使役」というと、人に何かをやらせる、やってもらうというイメージですが、「ある人の状態を変える」こともこのパターンです。

・I got her angry.(彼女を怒らせた)
 彼女を怒った状態にしたということです。

・They got me wrong.(彼らは私を誤解した)
 彼らは、私を誤解した状態で理解したということです。

・I was to get you there as soon as possible.(きみをそこにできるだけ早く連れてゆく)

・You want me to get it out?(私にそれを取り出してほしいの?)

・Jack struggled to get his wallet out of his back pocket.(ジャックはお尻のポケットから財布を出そうと苦労して手探りをした)

・With the screwdriver he got the cover off without difficulty.(ねじ回しで彼はわけもなくカバーを取り外した)

・Should he try to get them inside and wait for Kiyoshi?(彼は、彼らを中に入れてキヨシを待つようにするのがよいでしょうか?)


<< 第21話へ戻る 第23話へ進む>>


基本動詞をマスターしよう トップへ


  • アルコムワールドで日記を書く

メルマガ登録