Mr. Evine の頑張る英語人応援ブログ 略してエビログ!

 

2015年2月25日

間違い探し quiz 135

-----------------------------------------------------------------------
★Mr.Evineの「やりなおし英語JUKU」(神戸・大阪)
まずはお気軽に個別カウンセリングをお申し込みください。
>> http://evinet.biz/
-----------------------------------------------------------------------

2月もあっという間でしたね。
まだ春の気配は感じませんが、教室では語学の春に向けてエンジンを温めているところです。

それでは恒例の間違い探しクイズです。
早速チャレンジしてください!

次の日本語を参考に、英文(1)~(5)に不自然な箇所があれば正しく直しましょう。ただし、すべての英文に誤りがあるとは限りませんので注意してください。

(1) 「お父さんの名前がラジオから聞こえてきたんだよ!」
  I just heard the name of my father on the radio!

(2) 「何だって最終的には何とかなるもんですよ」
  Things have a way of working out in the end.

(3) 「あなたはせいぜいその状況から学ぶことしかできないよ」
  All you can do is learning from the situation.

(4) 「2時までに戻ってきた方がいいよ」
  You wanna come back till 2 o'clock.

(5) 「何か良いことがあるといいね」
  I'm hoping something good to happen.

-----------------------------------------------------------------------
EvineのFacebookはコチラ
http://www.facebook.com/evibook
-----------------------------------------------------------------------


(1) the name of my father → my father's name

無生物の所有表現はA of B(BのA)で問題ありませんが、
人や生物の所有はB's A 「人名+アポストロフィー(')s ~」で表現します。
(◯) the end of the day(1日の終わり)…無生物


(2) No errors.

まず「無生物主語+have/has …」は「…がある」と解釈するとたいてい自然な日本語になります。

work outで「(物事が)うまくいく」という意味があります。

名詞wayは(a) way of …のカタチでよく用いられ「…する方法、やり方」という意味で、今回は前置詞の目的語として動名詞working outになったもの。
※副詞in the end(最終的には)


(3) learning → (to) learn

All you can do is+動詞の原形で「あなたはせいぜい…しかできない」という表現。

文法的には、「不定詞to learn」でも正解ですが、toなしの原形不定詞(動詞の原形)で用いることが実際には多いです。
いずれにせよ、この表現に動名詞Vingは用いませんのでlearningは誤り。


(4) till → by

「…までに」という期限(動作の完了)は前置詞byが正解です。
till/untilは「…まで(ずっと)」という意味で動作の継続を表現するため、この場面には合わず不適切。

wanna = want toでshouldと同様に「…するほうがよい」という意味で相手へのアドバイス表現として使えます。


(5) hoping → hoping for

hope(願う)は名詞を後ろに続ける場合は自動詞としてhope for …のカタチになります。不定詞to doや節を続ける場合は他動詞として使われ前置詞は不要です。

例えば、今回であればsomething good to happenを節(SV …)で言い換えれば文法的に正しくなります。
(◯) I'm hoping (that) something good happens.


★英語学習のポータルサイトEigoBankで記事を連載中。英語の4技能を高める学習アドバイスを発信していきます。ご興味のある方はぜひチェックしてください。

Q. I gaveの後に続く形として正しいものを全て選んでください。
Hey, where's my pizza? – Oops, I gave [         ].
(ねえ、僕のピザはどこ?—あっちゃ~、アヤにあげちゃったよ)

(a) the pizza to Aya
(b) Aya the pizza
(c) it to Aya

※答えと解説はコチラ
>> 「まず、必要なのはコア英文法 Part 1

------------------------------------------------------------------------
【音読用フルセンテンス】

(1) I just heard my father's name on the radio!
(2) Things have a way of working out in the end.
(3) All you can do is learn from the situation.
(4) You wanna come back by 2 o'clock.
(5) I'm hoping for something good to happen.
------------------------------------------------------------------------

今日もお疲れ様でした~。

Comments


Mr. Evine の中学英文法クイック・チェック

学生から大人まで、初心者が"使える英語"を学べる書籍

「Mr. Evine」シリーズ

アルファベット、中学英文法から始める英語の基礎の基礎。大学入試レベルの英文法、リスニング、スピーキングも学べます。


詳細はこちら