Mr. Evine の頑張る英語人応援ブログ 略してエビログ!

 

2015年8月25日

間違い探し quiz 141

-----------------------------------------------------------------------
★Mr.Evineの「やりなおし英語JUKU」(神戸校・大阪校)新規受講生募集中!
まずは個別カウンセリングと体験特別レッスンをお申込みください。
>> http://evinet.biz/
-----------------------------------------------------------------------

少しずつですが、朝晩は過ごしやすくなってきました。秋もボチボチそこまでという感じですね。子供たちと遊び倒した夏、今は原稿の校正にせわしない日々です。

それでは恒例の間違い探しクイズです。
このクイズでは実際の生徒さんが経験するよくある誤用例を参考に作成しています。早速、チャレンジしてください!



文意を推測し、英文(1)~(5)に文法的な誤りがあれば正しく直しましょう。
ただし、すべての英文に誤りがあるとは限りませんので注意してください。

(1) He is much the best swimmer at the club.

(2) She told me she lived in New Zealand.

(3) Have you ever been to White House in Washington D.C.?

(4) This morning I saw a laughing guy.

(5) The weather forecast says that we might have a shower this afternoon.


-----------------------------------------------------------------------
EvineのFacebookはコチラ
http://www.facebook.com/evibook
-----------------------------------------------------------------------

(1) much → by far
He is by far the best swimmer at the club.(彼はそのクラブで群を抜いたトップスイマーだ)

最上級の強調by far(はるかに)。
今回は形容詞good(優秀な)の最上級the best(最も優秀な)を修飾しています。

特に米語では最上級にmuchは一般的ではないため、代表的なby farを押さえておけば便利です。ただし、イギリスではフォーマルに響きますがmuchでも文法的には問題はありません。


(2) OK
She told me she lived in New Zealand.(彼女はニュージーランドに住んでいたと私に話しました)
※時制の一致で、過去完了she had livedと表現しても文法的には正解です。ただし、口語では話の流れで明らかな場合は時制の一致をせずに、今回のように単純に過去形で表現してもOKです。【追記(8/27)】

tell+O1+O2[接続詞(that) …](O1[人]にO2[…ということ]を話す)
目的語(O2)になる名詞節を作る接続詞thatは省略。
that節の中身は普通の英文(she lived …)が続きます。


(3) White House → the White House
Have you ever been to the White House in Washington D.C.?(ワシントンD.C.のホワイトハウスに行ったことはありますか?)

名詞の扱い方がポイント。
一般的な白い家やホテルなどの建物とは異なる場所、つまり「大統領官邸」を指す場合は、他と区別するために定冠詞theが必要です。

今回は場所を示す表現in Washington D.C.(ワシントンD.C.の)より、「大統領官邸」を指すと推測してください。


(4) laughing guy → guy laughing
This morning I saw a guy laughing.(今朝、男が笑ってるのを見たんだよ)
※「今朝、笑っている男を見たんだよ」と解釈してもOKです。いずれにせよseeの語法により語順は変わりません。【追記(8/27)】

知覚動詞see O Ving(Oが…しているのを見る、見かける)
このVingは現在分詞ですね。文法書には分詞が1語で名詞を修飾する場合は、名詞の前に置くと書いてあったりますが、今回は他動詞seeの語法がポイントでした。


(5) OK
The weather forecast says that we might have a shower this afternoon.(天気予報では午後はにわか雨が降るかもしれないよ)

The weather forecast says that …(天気予報によれば…だ)
※thatは省略可能

助動詞might+動詞の原形(…するかもしれない)とhave a shower(にわか雨が降る)を合わせたもの。mightは、カタチは過去形ですが、現在における推量の表現でこのままでOKです。


------------------------------------------------------------------------
【音読用フルセンテンス】
(1) He is by far the best swimmer at the club.
(2) She told me she lived in New Zealand.
(3) Have you ever been to the White House in Washington D.C.?
(4) This morning I saw a guy laughing.
(5) The weather forecast says that we might have a shower this afternoon.
------------------------------------------------------------------------

今日もお疲れ様でした~。

[PR]
Mr. Evineシリーズ初の問題集「中学英文法クイック・チェック」
270問シャッフル演習本 好評発売中!
日常会話に必要なコア英文法のターゲットを厳選し、3つのステージ(設問形式)で実力チェック&定着させます。
網羅性をあえて崩し、よくある英文法の誤用をイメージしながらポイントを押さえていますのでうっかりミスをぜひ楽しんでください。
★アルクさんのオンラインショップで詳細はご覧ください。
「Mr. Evineの中学英文法クイック・チェック」

Comments

にょろにょろさん:

コメントありがとうございます。
回答を挙げておりますので、ご参考いただけますと幸いです。

noneさん:

ご質問ありがとうございます。

She told me she had lived in New Zealand.を訳せば「彼女はニュージーランドに住んでいたと私に話しました」にしかなりませんが、
過去完了を文脈で明らか(今回は設問の都合上、文脈はありませんが)であれば過去形で示す(時制の一致をさせない)ことは特に口語において一般的にあります。

そのため、以下の英文は2通りで解釈することが実際には可能です。
She told me she lived in New Zealand.を
1)「彼女はニュージーランドに住んでいたと私に話しました」(had livedをlivedで表現したと考えます)

2)「彼女はニュージーランドに住んでいると私に話しました」

ただし、ご指摘の通り、
誤解を招く恐れがある場合は、時制を明らかにするために過去完了と過去形を使い分けるのが適切(文法演習において)だと言えますし、今回の解説は言葉足らずであったように思います。一部、本文の解説も修正させていただきます。

貴重なコメントありがとうございました。

匿名さん:

コメントありがとうございます。

seeの語法により、「see O Ving」の語順は崩せませんので、「笑っている男をみた」「男が笑ってるのを見た」いずれもsaw a guy laughingとするのが一般的です。

ご参考ください。

下のお二人のコメント、私もまったく同じことを思いました。

(4)は、笑っている男を見た、と解釈すれば誤りではないような気が…

Q2の日本語訳は「彼女はニュージーランドに住んでいると私に話しました」
ではないでしょうか。

彼女はニュージーランドに住んでいたと私に話しました
の英語は「She told me she had lived in New Zealand.」では?


Mr. Evine の中学英文法クイック・チェック

学生から大人まで、初心者が"使える英語"を学べる書籍

「Mr. Evine」シリーズ

アルファベット、中学英文法から始める英語の基礎の基礎。大学入試レベルの英文法、リスニング、スピーキングも学べます。


詳細はこちら