Mr. Evine の頑張る英語人応援ブログ 略してエビログ!

 

2016年4月25日

間違い探し quiz 149

-----------------------------------------------------------------------
結局、まずは「英文法」学習!
★Mr. Evineの「やりなおし英語JUKU」(神戸校・大阪校)新規受講生募集中!
まずは個別カウンセリングと体験特別レッスンをお申込みください。
>> http://evinet.biz/
-----------------------------------------------------------------------

今月入社した中途採用の講師と会話をしていたら、
「在籍講師を漢字ひとことで表現したら?」という話題に。

その新人講師にとって、僕は「圧」らしい。。

一瞬理解できなかったんですが、存在がプレッシャーを与えているそうで。
こちらは「笑」「楽」のつもりで接していたのに、教室にいると「圧」なんですと(笑)

まあ、適度な負荷トレーニングだと解釈していますが。
それでは恒例の間違い探しQuizにチャレンジしてください!


文意を推測し、英文 1 ~ 5 に文法的な誤りがあれば正しく直しましょう。 ただし、すべての英文に誤りがあるとは限りませんので注意してください。

1. I ended up waking up at 6 a.m.

2. How was it like working with your wife?

3. I'll have my car pay off in seven months.

4. I stayed up by 4 a.m. for that.

5. I went to the store where I used to work at.


-----------------------------------------------------------------------
「英語講師 Mr.Evineのブログ」更新中
http://evine.blog.fc2.com/
-----------------------------------------------------------------------

1. OK
I ended up waking up at 6 a.m.(結局朝の6時に目が覚めちゃったよ)

end up Vingで「最終的に…することになる」という意味です。

予定(予想)していた事と異なる状況に結果的になってしまったことを示します。

2. like →トル
How was it working with your wife?(奥さんと一緒に勤務するのはどんな感じでした?)

It was C[nice] working with my wife.(妻と働くのは楽しかったですよ)
※代名詞itは形式主語で、動名詞句「working … your wife」が真主語として後ろに移動した語順になっています。

この補語(C)を疑問詞Howで尋ねた疑問文です。
つまり真主語「working with your wife」(奥さんと一緒に勤務すること)が「どうだったのか?」と状況・様子を尋ねた表現です。

前置きが長くなりましたが、Howを用いた疑問文に前置詞like(~のような)は不要です。

「like+名詞」(…のような)の前置詞likeの目的語(名詞)の内容を尋ねるのであればwhatを用います。疑問詞howは文法的には副詞になるため、「名詞」の内容を尋ねることはできせん。ただし、likeをそのままにしておくのであればWhat was it like working with your wife?と言い換えれば文法的にOKになります。

3. pay → paid
I'll have my car paid off in seven months.(7か月で、車の支払いが終わるんだ)

「have O+過去分詞」(Oを…してもらう[Oが…された状態にする])

目的語(O)と後ろの動詞は意味上の主語と述語になっており、「~は…する」と解釈できれば動詞の原形ですが、今回の場合はmy car自体が支払いをするわけではありませんから、「人に支払われる」というニュアンスで過去分詞paid offが正解です。

※pay off(完済する、清算する)
※前置詞in(…後に)

4. by → tillまたはuntil
I stayed up till[until] 4 a.m. for that.(そのために、朝の4時まで徹夜したんだよ)

「継続」を示す前置詞till[until] …(…までずっと)
byは「…までに」という「期限」を示すためこの場面では不自然です。

※stay up(徹夜する)

5. work at → work
I went to the store where I used to work.(以前働いていたお店に行ってきました)

関係副詞節になる前のもとの英文は以下の通りです。
I used to work at the store.(その店で以前働いていた)

この「前置詞at+名詞the store」(前置詞句)が丸ごと変化するのが「場所」を示す関係副詞whereです。「前置詞+名詞」で1つの副詞のカタマリになるため、前置詞at込みでwhereになっているため文法的にatは残されません。

ただし、at the storeの「名詞」部分のみを目的格の関係代名詞whichで置き換え、さらにそれを省略したカタチと考えればatを残しても文法的にはOKです。
※前置詞とセットになる名詞を前置詞の目的語と呼びます。その部分を言い換える場合は目的格の関係代名詞(省略OK)になります。

先行詞the store+I used to work at which 
→ 先行詞the store+関係代名詞節which I used to work at
(○)先行詞the store I used to work at

※used to+動詞の原形(以前は…していた)


------------------------------------------------------------------------
【音読用フルセンテンス】
1. I ended up waking up at 6 a.m.
2. How was it working with your wife?
3. I'll have my car paid off in seven months.
4. I stayed up till[until] 4 a.m. for that.
5. I went to the store where I used to work.
------------------------------------------------------------------------

今日もお疲れ様でした。

-----------------------------------------------------------------------
『Mr.Evineの1日1題「話せる」英文法』メルマガ配信中

上記URLから無料で登録できます。初級学習者からプロ講師まで幅広い読者の方にご愛読いただいています。どうぞお気軽にご利用ください。

過去問に配信した問題にチャレンジ♪
「当日のキャンセルはできないよ」You can't cancel (  )(  )(  ).
★解答と解説はコチラ
------------------------------------------------------------------------
[PR]
Mr. Evineシリーズ初の問題集「中学英文法クイック・チェック」
270問シャッフル演習本 好評発売中!
日常会話に必要なコア英文法のターゲットを厳選し、3つのステージ(設問形式)で実力チェック&定着させます。
網羅性をあえて崩し、よくある英文法の誤用をイメージしながらポイントを押さえていますのでうっかりミスをぜひ楽しんでください。
★アルクさんのオンラインショップで詳細はご覧ください。
「Mr. Evineの中学英文法クイック・チェック」

Comments


Mr. Evine の中学英文法クイック・チェック

学生から大人まで、初心者が"使える英語"を学べる書籍

「Mr. Evine」シリーズ

アルファベット、中学英文法から始める英語の基礎の基礎。大学入試レベルの英文法、リスニング、スピーキングも学べます。


詳細はこちら