Mr. Evine の頑張る英語人応援ブログ 略してエビログ!

 

2016年5月25日

間違い探し quiz 150

-----------------------------------------------------------------------
結局、まずは「英文法」学習!
★Mr. Evineの「やりなおし英語JUKU」(神戸校・大阪校)新規受講生募集中!
まずは個別カウンセリングと体験特別レッスンをお申込みください。
>> http://evinet.biz/
-----------------------------------------------------------------------

寒暖の差が激しい変な気温です。
今週は真夏のような暑さも経験しました。
最近は原稿仕事ですっかりインドアおじさんなので、夏バテ(?)に注意したいです。

教室は「語学」シーズン真っ盛りで、新しい出会いをスタッフ一同満喫しています。
直近の教職員向けセミナー案内を別ブログで書いています。よろしければチェックしてくださいね。
>> http://evine.blog.fc2.com/blog-entry-22.html

それでは、恒例の間違い探しクイズです。


以下の1~5の日本語を参考に、英文に不自然な箇所があれば正しく直しましょう。
ただし、すべての英文に誤りがあるとは限りませんので注意してください。

1. 「この5つ星ホテルはキングアベニューにあるよ」
This 5-star hotel locates on King Avenue.

2.「噴水で頭を洗っている人を見たの」
I saw a guy was washing his hair in a fountain. 

3.「お互い住んでいるところが近すぎるよ」
We live too close each other.

4.「どうして彼はユーチューブにハマったの?」
What made him get into YouTube?

5.「エリック、一緒に朝ごはん食べませんか?」
Eric, will you have breakfast with me?


-----------------------------------------------------------------------
「英語講師 Mr.Evineのブログ」更新中
http://evine.blog.fc2.com/
-----------------------------------------------------------------------

1. locates → is located

locateは「…を置く、設ける」という意味の他動詞で、ここから、建物を主語にした受け身be locatedのカタチで「…が~にある、位置する」という意味の表現で使われます。

今回であればlocate 目的語[this 5-star hotel]の目的語を主語にした受け身の英文と文法的には考えることができます。
※他動詞は、動作の内容を示す目的語(名詞)と一緒に用いられます。

2. was washing → washing

「O[人]が…しているのを見る」という意味で、目的語の後ろに英文ではなく現在分詞Vingを用いるためwashingにすればOKです。

※文法的には「see O+動詞の原形」もありますが、一連の行為を最初から最後まで見るという場面で用います。

3. each other → to each other

「…に近接した」という意味で副詞close to …と前置詞を用います。
副詞togetherであればclose togetherと前置詞は不要ですが、each otherは文法的には代名詞(名詞に相当)になるため、前置詞が必要です。

live close to each otherで「家が近い」という表現になります。このcloseを副詞too(…すぎる)が修飾したカタチになっています。

4. OK

What made O+動詞の原形 …? で「理由・原因」を尋ねる表現になります。
直訳は「何がO[人]に…させたのか?」ですが、「どうしてOは…したの?」という意味で使われます。

makeは個人の意志とは無関係に無理矢理させるという「強制」ニュアンスもありますが、自然の流れで結果的にそうなってしまったような状況でも使われます。

※口語表現get into …(…に夢中になる)


5. will → can[could]

can you …?は直訳「…できませんか」から「…しませんか」と勧誘表現として使えます。couldにすればより丁寧な響きになりますので相手との関係や場面に合わせて使い分けましょう。


will youは文法的には問題ありませんが、どちらかというと指示的な表現になるため文意に合わないため誤りです。

------------------------------------------------------------------------
【音読用フルセンテンス】
1. This 5-star hotel is located on King Avenue.
2. I saw a guy washing his hair in a fountain.
3. We live too close to each other.
4. What made him get into YouTube?
5. Eric, can you have breakfast with me??

------------------------------------------------------------------------
今日もお疲れ様でした。
[PR]
Mr. Evineシリーズ初の問題集「中学英文法クイック・チェック」
270問シャッフル演習本 好評発売中!
日常会話に必要なコア英文法のターゲットを厳選し、3つのステージ(設問形式)で実力チェック&定着させます。
網羅性をあえて崩し、よくある英文法の誤用をイメージしながらポイントを押さえていますのでうっかりミスをぜひ楽しんでください。
★アルクさんのオンラインショップで詳細はご覧ください。
「Mr. Evineの中学英文法クイック・チェック」

Comments


Mr. Evine の中学英文法クイック・チェック

学生から大人まで、初心者が"使える英語"を学べる書籍

「Mr. Evine」シリーズ

アルファベット、中学英文法から始める英語の基礎の基礎。大学入試レベルの英文法、リスニング、スピーキングも学べます。


詳細はこちら