Mr. Evine の頑張る英語人応援ブログ 略してエビログ!

 

2016年11月25日

間違い探し quiz 156

-----------------------------------------------------------------------
今、必要なのは「英文法」
★Mr. Evineの「やりなおし英語JUKU」(神戸校・大阪校)新規受講生募集中!
まずは個別カウンセリングと体験特別レッスンをお申込みください。
>> http://evinet.biz/
-----------------------------------------------------------------------

2016年も2カ月を切りました。
体調を崩さないよう最後まで元気に過ごしたいですね。

さて、当ブログとは別に、英語が苦手な大人のために、中学英語を楽しくやり直せる学習法をテーマ別にご紹介する「大人の中学英語」を連載中です。よろしければそちらもぜひご覧ください。
>> 大人の中学英語

それでは恒例の間違い探しクイズにチャレンジしてください!



以下の1~5の日本語を参考に、英文に不自然な箇所があれば正しく直しましょう。
ただし、すべての英文に誤りがあるとは限りませんので注意してください。
1. 「人前で泣いている人を見たくはありません」
I don't like to see crying someone in public.

2. 「この動画で本当に気分がずっと良くなったんだよ」
This video actually made me feel a lot better.

3. 「地元の本屋さんで立ち読みしていたら、前の旦那とばったり会っちゃったの」
I came across my ex while browsing in a local bookstore.

4. 「これ、まさに僕が起きて欲しくなかったことだよ」
This is not exactly that I wanted to happen.

5. 「あったかい服を着たほうがいいよ。その中はとても寒いから」
You must wear warm clothes. It’s very cold in there.


-----------------------------------------------------------------------
「英語講師 Mr.Evineのブログ」更新中
http://evine.blog.fc2.com/
-----------------------------------------------------------------------

-----------------------------------------------------------------------
『Mr. Evine の中学英文法を修了するドリル』15万部突破を記念して
特典ダウンロードコンテンツをご用意いたしました。

書籍購入者(電子書籍も含む)は「話せる」ための音声(mp3)とスクリプト(PDF)が無料でダウンロードできます。ぜひこの機会をお見逃しなく!

PCの方はダウンロードセンターから、スマートフォンの方はスマートフォンアプリ 「語学のオトモALCO(アルコ)」からダウンロードできます。
アルク ダウンロードセンター
語学のオトモALCO(アルコ)
※ご利用に当たっては会員登録(無料)が必要です
英語学習に役立つ登録者限定サービスがいっぱいアルク会員登録(無料)
-----------------------------------------------------------------------

それでは答えと解説です。

1. crying someone → someone crying
「…している○○」と考えて「…している」という意味の表現になる現在分詞cryingをsomeoneの前に置きたくなりますが、「see+人+Ving」の語順が正解です。

知覚動詞seeの語法でこの語順が決まっていますので、これで押さえてください。これで「(人)が…するのを見る(見かける)」という意味の表現になります。

※cry in public(人前で泣く)

2. OK
特に文法的な誤りはありません。
「make+人+動詞の原形」の語順がポイントです。

これで「(人)に…させる」という意味の表現になります。基本用法としては、相手の意志とは関係なく無理にそうさせるという場面で使いますが、今回のように無生物が主語になった場合、自然の流れでそうなってしまう、そうせざるをえない状況でも使えます。
※a lot(ずっと)は比較級betterの強調表現。

3. OK
特に文法的な誤りはありません。

come acrossは「偶然、人と出会う」という表現です。

While browsingはwhile I was browsingの「I was」を省略したものです。
Whileやwhenの後ろが「進行形」の場合、特に口語では「主語」と「be動詞」はよく省略されます。

4. that → what
関係代名詞what+主語+動詞で「~が…すること・もの」という意味の表現になります 一方、thatのような普通の関係代名詞は直前に先行詞(=名詞)が必要になり、この英文にはそれがないためthatはNG。

関係代名詞は先行詞となる名詞を含んだ便利な関係代名詞で、普通の関係代名詞と言い換えると「what = thing(s) which+主語+動詞 …」(~が…すること・もの)になります。

what I wanted to happenの部分はI wanted O to happen「私はOが起こって欲しかった」の目的語Oが関係代名詞whatで言い換えられたもの。
what I wanted to happen(私が起こって欲しかったこと)

5. must → should
must(…しなければならない)はあまりに大げさです。法的に禁止されているのであればmustでもしっくりきますが、今回のようにアドバイス的な場面にはmustは一般的ではなくshould(…するべきだ、…したほうがよい)が無難です。

日本語は似ていても響きはmustの方が、強制力が強いため状況に注意しましょう。
※thereは副詞で前置詞と一緒に用いないのが基本ですが、部屋の中などをイメージする場合、thereを名詞として扱うことができます。その場合はin thereでOK。


日常会話に必要な大人のやり直し中学英語をトレーニングする「7時間で中学英語をもう一度やり直す本」(あさ出版)では「場面ごと」の感覚で時制や助動詞を解説します。よろしければチェックしてください。
>> http://amzn.asia/3fd824t

------------------------------------------------------------------------
【音読用フルセンテンス】
1. I don't like to see someone crying in public.
2. This video actually made me feel a lot better.
3. I came across my ex while browsing in a local bookstore.
4. This is not exactly what I wanted to happen.
5. You should wear warm clothes. It’s very cold in there.
------------------------------------------------------------------------

今日もお疲れ様でした。

[PR]
Mr. Evineシリーズ初の問題集「中学英文法クイック・チェック」
270問シャッフル演習本 好評発売中!
日常会話に必要なコア英文法のターゲットを厳選し、3つのステージ(設問形式)で実力チェック&定着させます。
網羅性をあえて崩し、よくある英文法の誤用をイメージしながらポイントを押さえていますのでうっかりミスをぜひ楽しんでください。
★アルクさんのオンラインショップで詳細はご覧ください。
「Mr. Evineの中学英文法クイック・チェック」

Comments


Mr. Evine の中学英文法クイック・チェック

学生から大人まで、初心者が"使える英語"を学べる書籍

「Mr. Evine」シリーズ

アルファベット、中学英文法から始める英語の基礎の基礎。大学入試レベルの英文法、リスニング、スピーキングも学べます。


詳細はこちら