HOME > 初心者英語 > 苦手なりの受験英語 > 「分かる・分からない」について > 英語が嫌いで苦手な人の「分かる・分からない」について(6)


苦手なりの受験英語

 

2005年8月22日

英語が嫌いで苦手な人の「分かる・分からない」について(6)

<<前回>>

私の長年の疑問…
<「I go to school.」はなぜ to がいるのか?>は
「go が自動詞だから」という説明で分かった!

<「I have a pen」はなぜ 前置詞が入らないのか>は
「have が他動詞だから」という説明で分かった!

私にとってはこれが最大の壁であって、ここから全ての謎が解けたような気がした!

しかし、、、、
とりわけ英語が好きな人は私が大感動したこの話がピンとこないに違いないと私は思っています。


go のあとに to がくるなんて普通「なんとなく」分かるでしょう?なんで疑問に思うの?
have のあとに前置詞がこないなんて普通「なんとなく」分かるでしょう?なんで疑問に思うの?

こんな風に思いませんか?
そうなんです。この「なんとなく」というものくせものなんです。

ここを見ている人にピンと来ない方にお聞きします。
「なぜ、なんとなく <to が来たり、来なかったりするのが>分かるのですか?」

「そんなこといったって分かるものは分かる」という感覚ではないでしょうか?


ところがどっこい私は分からない。
「同じ動詞なのになぜ前置詞があったりなかったりするのか」
これが分からなかったのです。

「have の次に前置詞があってもいいんじゃないの?」と考えてしまうわけです。

ちょっと今日は続きが書けないですな。次回で何とかここの話をまとめます。

次は水曜更新の予定ですが、たぶん雑談します。
昨日また「不真面目活動」をしたんで、その報告ですw

<<雑談(2) ジョジョ立ち in 秋葉原 へ>>

<<その7へ>>

Comments

>自動詞だからtoがくるわけじゃないですよ。
>to がくるから、自動詞だって決めただけでしょ。


定義づけの話としては、そのとおりでしょう。
ですが実際に、自動詞の後に目的語がほしいときに前置詞がいる事実は変わらないと思います。

>こんな説明で納得できるのが理解できん。


おおそうですか! 私は納得できました!
逆に
>自動詞だからtoがくるわけじゃないですよ。
>to がくるから、自動詞だって決めただけでしょ。
と言われても、私は「I go to school.」はなぜ go の次に to がくるのか、全く納得できません。
あなたは納得するのでしょうか? たぶんするのではないでしょうか? でないとそうは書きませんよね?


>文法説明なんてすべて後付けでしょ。


後付けだと納得材料になりえないのでしょうか?
たぶんあなたにとってはならないのでしょう。
でも私にとっては納得材料になったのです。
だって実際私はそれで納得したわけですから。
納得したのですから、それ以外にはなりえません。


>自動詞、他動詞、なんてほとんどの教師が説明してますよ。


あなたはこのことを詳しく調査したんでしょうか?
私はしました。英語が得意な人と話すとき、チャンスがあるごとにこれをいつも聞いていました。大学の頃であれば英語部(ESA)の皆様、またその後も色々な方に「自動詞他動詞を教わったか」聞いて回りました。お返事は「<自動詞・他動詞>は言葉として聞いたことはある。ただしっかり習った覚えはない。少なくとも自分はその定義を知らないw。自動詞他動詞の定義がそんなに重要なのか? そんなん知らなくても英語は喋れる!(実際彼らはペラペラ&頼むから文法の話をするなと言われる)」というものばかりでした。
(手前のコメントにも書きましたが)塾の講師をしていたとき、自動詞他動詞の定義をきちんと答えらた高校生はまずいなかったでした。
もちろん自分自身を振り返っても「自動詞、他動詞の説明」を中学高校の教師の口から聞いた覚えはありません。


>その説明に僕は全く納得いきませんでしたけど。


あなたが納得いかないことは分かりました。
しかし私は完璧に納得いきました。
自分が納得した事実説明を過不足なく書いてみました。


>辞書にのってるだろ・・・  で納得できるのが笑いです。


私はなんの過不足もなく納得できました!。
それ以上でもそれ以下でもなく、ピッチリと納得できました!
私はあなたに笑われる説明で納得できて、そこからやっと英語が得意になれたのです。
いくら笑われても「私は、ここに書いた説明で納得し、そのお陰でやっと英語が得意になれたという事実」は変わりようはありません。


もしかしたらですが、あなたは「私がこの説明で納得した事実」を曲げようとしているのでしょうか?

自動詞だからtoがくるわけじゃないですよ。
to がくるから、自動詞だって決めただけでしょ。 
こんな説明で納得できるのが理解できん。  

文法説明なんてすべて後付けでしょ。 
自動詞、他動詞、なんてほとんどの教師が説明してますよ。
その説明に僕は全く納得いきませんでしたけど。 

辞書にのってるだろ・・・  で納得できるのが笑いです。

>やまにゃさん

おお、いらっしゃい!(^^)コメントアリガトウゴザイマス!!
>自動詞と他動詞って中学校のときに習いました。
>普通の人や最近のカリキュラムでは教えていないのでしょうか?

どうなんでしょうな~?実に知りたいです。

実はいずれ書くのですが、

1:私は中学だろうが高校だろうが習っていない(と思う)
2:気になって5年ぐらい前に調査した時は、カリキュラム的には中3で習うことが判明した。
3:しかし、ほんのちょっとさらりと書いてあっただけで全く重要視していなかった。
4:塾で高校生を教えていたとき、この定義を言えた人は1人もいなかった。
5:言えなくても学年で1位2位を争う成績優秀者が大勢いた。

つまり知らなくてもできてしまう人はできてしまうのです。
(私ややまにゃさんは知らないとダメなタイプだと思います。)
英語が好きな方は知らなくても「なんとなく」できてしまうのです。
知らなくても自分は成績が良いので、「知らなくても良い」と判断するような方ばかりが英語の先生になりやすいのです。
中学高校時代、そういう先生にしか私は習ってこなかったので、私は落ちこぼれた、というわけですw

自動詞と他動詞って中学校のときに習いました。普通の人や最近のカリキュラムでは教えていないのでしょうか?自動詞と他動詞の概念が分からないとやっぱり混乱する気がします。でも完全には覚えていないので、「どれが自動詞か、どれが他動詞か」の判断が付かないことがままあります。まあこれは記憶の問題なんでしょうけれども。あとは慣用句とかが曲者ですね。