HOME > 初心者英語 > 苦手なりの受験英語 > 苦手だった人と文法の関係 > 英語が苦手だった人と文法の関係(3)


苦手なりの受験英語

 

2005年9月25日

英語が苦手だった人と文法の関係(3)

さ~て久しぶりに、レギュラーの話を進めましょう。
今回は「英語が苦手な人は文法で悩む」
という話です。

論より証拠!やってもらいましょうか?

意味を言いなさい。
He is not a man to tell a lie.

ここを見ている人の多くは英語が得意だと思うので、そういう方は簡単に解けると思います。

ところがどっこい苦手な人はそうではない。
私がこれを苦手な人に出すと概ね次の2通りの意見になります。
・彼は嘘を言うため男ではない
・彼は嘘を言うこと…男ではない

日本語すらなりませんw

実は、英語が苦手な人はto不定詞が上手く訳せないことが多いのです。
面白いから宿題にしてみましょうか?

He is not a man to tell a lie.
この意味を書いてみてくださいね~(^^)

火曜日更新予定です。

続きはこちら

Comments