HOME > 初心者英語 > 苦手なりの受験英語 > 苦手だった人と文法の関係 > 英語が苦手だった人と文法の関係(4)


苦手なりの受験英語

 

2005年9月27日

英語が苦手だった人と文法の関係(4)

はい!では解答~

意味を言いなさい。
He is not a man to tell a lie.

彼は嘘をつくような人間ではない。

ですね。
実は不定詞が英語が苦手な人にとっては厄介(やっかい)なんです。
(得意な人は楽勝でカンでできたはずです)

考えてみてください。
不定詞って、日本語にないでしょう?
このブログの最初も最初で、「苦手な人はまず間違える」と私が指摘した文法は何だっけ?

関係詞ですね。

こちら参照。

関係詞も日本語にないですね。

こういった「日本語にない文法」が特に英語が苦手な人はできないんです。
逆に得意な人はこういうのが楽にできてしまうわけです。

次回は苦手な人が苦手な文法事項と得意な人が苦手な文法事項というお
話をします。

でもその前にネット授業が木曜日にあります。
よろしくです。

このシリーズの続きはこちら

Comments