HOME > 初心者英語 > 苦手なりの受験英語 > 苦手だった人と文法の関係 > 英語が苦手だった人と文法の関係(7)


苦手なりの受験英語

 

2005年10月 9日

英語が苦手だった人と文法の関係(7)

今日は「英語が苦手だった人と文法の関係」のまとめです。


このシリーズの話は
・英語が苦手だった人は文法の学習を強調している。(最初から得意だった人は強調していない)
・最初から得意な人しか普通英語の先生にならないので、文法を強調する学習法を指示する人は少ない。
・英語が苦手な人がつまずく文法事項は、得意な人にとって楽勝。
・英語が苦手な人がつまずくポイント(比較・関係詞・不定詞)でつまづくと、英語の先生に「こいつは勉強しなさ過ぎ」と思われてしまう。


ということでした。
つまりですね。こういうふうに考えているんです。


あなたが英語が苦手で困っているのなら…
・英語の先生がなんと言おうと、「文法を学習すること」
・英語の先生が仮に「関係詞・不定詞・比較」を「重要でない!」と言っても、そこは「しっかり」やること!
・あなたの場合は「関係詞・不定詞・比較」は理解するのが難しいので、ゆっくりと着実に、他人の2倍以上の調査量と勉強時間をかけて学習すること。


ということになります。


特に「関係詞」はホント!難しいと思いますよ!(苦手な人にとっては)
ちょうどネット授業で、苦手な人向けにやってますからよかったらごらん下さいな~


次回は新しいシリーズ(文法の勉強の仕方)です。火曜日更新の予定です。

※実際は水曜日の更新となりました。 こちら


(↓目次はこちら)
目次ページへ

Comments