苦手なりの受験英語

 

2005年11月 3日

文法の勉強の仕方(10)

さて、前回のように1通りやってみてくださいね。(^▽^)
これでないと文法知識が身に付かないと思いませんか?大変ですが、がんばってくださいね!

さてでは続きです。前回のような注意点を踏まえて、1通り終えたことにします。

「やった~終わった~~」ってここで終わりにしないでください。文法の勉強はまだ終わっていません。むしろこれからが本番
Ψ(`∀´)Ψ

このトピックの2回目をご覧ください! Ψ(`∀´)Ψ

いいですか?文法の学習というのは「同じ文法問題集を何度も解きなおす」ことを言うのですよ。
Ψ(`∀´)Ψ
まだたかだか「たった1回」しか終わってないんですよ~Ψ(`∀´)Ψ

なぜ何回もやるの?という疑問はもっともです。ですが、それは解きなおしの2回目をやると、たちまちわかります。
前回全部答えあわせをして、疑問を解決した・文法を覚えた(答えを覚えたではないですよ。念のため)はずなんですが、また解くとほとんど忘れてしまっています。1回目同様に間違いだらけになります。


九九を思い出してください!たった1回やった程度で覚えられましたか?何回も何回も暗唱をやり直してそれで覚えたのではないでしょうか?

やり方は前回と一緒。問題集についている解答と解説は、その単元が解き終わるまで見てはならない。
逆にそれ以外は、(わからなければ)何を見ても良い。<辞書>、<文法解説書>、<文法書(文法の辞書)>をフルに活用してください。

2回目は1回目と比べて悔しさが倍増します。1回目で間違た問題をまた間違うものが大半なはずです。(九九もそうだったでしょう。間違えるところは決まっていてそこは毎回間違えていたはず...(T T))
該当する文法事項をすっかり忘れている問題ばかりにぶち当たります。

で答えあわせがもっと悔しい~~!今度は1回目のやったときのノートも見て答えあわせをします。(このときノートに<正解のアルファベットが書いてある、なし>では、記憶に残る印象度が段違いです。「ア」とか書いてあったらどうですか?復習しにくいと思いませんか?) ノートを見ると、「うわ~やったやないけ~これ~~!なんでまた間違えるの???」と「できて当たり前の問題を同じようにまた間違える自分」を発見できます。w

「なぜこの問題はこれが答えなのか?」という文法をここでまた覚えなおすのです。(くれぐれも答えを覚えないように覚えるのは文法!なぜこの問題はこれが答えなのか?」という【根拠】を覚えるのですよ!

何回も解きなおすわけですが、最後のほうになったら、今度は<文法解説書>、<文法書(文法の辞書)>を極力見ないようにしてみてください。
九九もそうだったでしょう?最初は「九九の表」を見ながらドリルを解いていたけど、そのうち見ないで解くようにしたと思います。それと同じです。

じゃあ何回繰り返すべきか?
ここへ行ってセンスを計ってください。
↓ここで判定できます。
http://www.ye-study.com/typehome-01.htm

結果のセンスによって回数を設定します。以下が公式見解です。

センス100           0回
センス80            1回
センス60            2回
センス60(文法必要型)   3回
センス40(文法より例文型) 4回
センス40(例文より文法型) 5回
センス20            6回
センス0             7回

概ねこの回数で良いと思います。
(センス100の人は文法など不要です。つまり私が主張している文法学習を一切全くやる必要がありません。それで文法問題も解けてしまうんです。カンで!
何度も言っていますが これはいわば才能なんです。運動能力と同じです。足が速い人は別に速く走れる理屈なんか知らなくても速く走れるんです。
足が遅い人は理屈を熟知して、なおかつその理屈どおりに手足などが動かす練習が必要なのです。)


私はもちろん「センス0」なので、浪人時代に7回やっています。




以上です!~いかがですか?できそうですか?
できなくはないんです。時間をかければ。

コツは「あわてないこと」です。お茶でも飲んでゆっくりやったものです。ゆっくり「考えて」ゆっくり「調べる」のです。
調べない文法学習なんてありません」。
調べながらやっていないのであればそれは、文法の学習ではなくカンの練習です。カンでできるのは20人に1人ぐらいです。
英語が苦手と自負する人は、間違ってもこの20人のうちの1人には入りません



英語が苦手な皆さん!ぜひ本物の文法力を身につけてくださいね!
文法だけではだめですが、文法ができないと、英語が苦手な人は得意になれません!(断言)

だから、引き続きがんばってください。

文法の勉強の仕方シリーズはあと1回で終わりです。まあ概ね終わっているのですが、最後にとどめの注意があるんです。Ψ(`∀´)Ψ


明日は、3分間英文法授業です。よかったらお試しください


レギュラーの更新は土曜予定です。
それでは~~(^^)ノ

Comments