HOME > 初心者英語 > 苦手なりの受験英語 > 文法の勉強の仕方 > 文法の勉強の仕方(9)


苦手なりの受験英語

 

2005年11月 1日

文法の勉強の仕方(9)

ここまでをまとめます。

 

(1)辞書><文法問題集><文法解説書><文法書(文法の辞書)4つを用意する。(4つが手元になかったら手に入れること。4つないままなんとかごまかそうとしないこと
 
(2)やりたい単元(関係詞とか不定詞、とかそういったカテゴリー)を決めたら、文法解説書の中にあるその単元を最初に熟読すること。わからない文法用語にぶつかったら、文法書(文法の辞書)意味を調べること。(間違っても適当な意味を自分で妄想しでっち上げないこと。こうすると「大事な基本的な知識」を間違って認識してしまう。「自分なりの定義」を【開発】しないこと。文法知識は「開発」するものではない。調べてそれを覚えるものだ。調べればきちんと書いてあるから)
 
(3)文法解説書その単元を読み終わったら、やっと文法問題集取り掛かる。該当の単元の問題を全て解く。その際問題の答えはノートに書くこと。記号を書かずにアルファベットを書くこと
 
(4)1問1問答えあわせをするのではなく「単元ごと」に答え合わせをすること。 その単元が解き終わるまでは、<その問題集についている解答と解説>はまだ読んではならない逆にそれ以外なら辞書><文法解説書><文法書(文法の辞書)>何を見てもいい。むしろ見るように
 
(5)解く際は、「なぜそれが答えになるのか?」という自分なりの根拠を見つけて、その根拠に基づいた答えをノートに書くと。くれぐれも「なんとなく」などという曖昧な理由で答えを出してはならない

 

さてと、ここまでいかがですか?
めんどくさい!!!とお思いでしょうか?
そうですとも!めんどくさいですよ!こうやると普通、1単元をやるのに2~3時間ぐらいかかります

 

逆に言えばですな、2~3時間かけていなければ、(私に言わせれば)文法を勉強しているとは言えないです。
もし 30分ぐらいで1つの単元を終えているとすれば、それは文法を学習している姿勢ではないと思います。「カンで解いている、答えを覚えている姿勢」の証拠です。
「カンで考えない」ために文法を学ぶのに、「カンで解いている」のだから、これがホンマの本末転倒!!これでは文法は身につきません
でも実際はこの「本末転倒な勉強」ばかりをしている人が多いと思います。英語がもともと好きで得意な人でさえそうです。だから彼らは文法が苦手なのです。

 

さて「大変な文法の勉強」を各単元ごとにやるわけですが、おススメの「単元の順番」を書きます。
ただしこれは「英語が苦手な人用の順番」です。「得意な人用」では決してありません

 

(自/他動詞)5文型、関係詞、不定詞、動名詞、分詞
    ↑ここの下線の部分は確実にこの順番で。

 

続いて


     
接続詞、前置詞、受動態、助動詞、比較、仮定法、時制、話法、他

 

の順です。

 

・接続詞は割りと最初の方でやって欲しい。
・残りは「話法が時制の後」に来れば問題ない

 


こんな感じで1通り<文法問題集全単元を終わらせてください。


なお、本当の勉強はこれからです。w
続きは木曜日です。

Comments