HOME > 初心者英語 > 苦手なりの受験英語 > 受験と単語帳と覚え方 > 受験と単語帳と覚え方(7)


苦手なりの受験英語

 

2005年11月27日

受験と単語帳と覚え方(7)

さて、今日は単語帳紹介の最後です。


システム英単語(駿台)

です。この本は、ターゲット式と、速単やDUOの「あいのこ」のような性格があります。


・ターゲット式は、単語1つ、1つ紹介、という形式
・速単やDUOは(例)文で覚えさせよう


というものです。


システム英単語は、このあいの子で、「単語1語」でも「文」でもないのです。


ターゲット式なら
  chronic  慢性的な   と覚えるところを・・・


システム英単語では…
   chronic diseases  慢性的な 病気  と覚えます。


これをこの本では「ミニマル・フレーズ」と呼んでいます。よく出てくる最小限の連語?(表現形態)=フレーズで覚えましょう、というコンセプトです。


紹介は以上ですな。本当は「萌え単」とか紹介したかったんですが。(ホレ!俺はオタクじゃけんw) とりあえず今は止めておきますw


次回からこれらの全ての考察に入ります。
キーワード「英語が苦手な人にとって」です。
「得意な人にとって」ではないのです。
火曜日更新です。お楽しみに。

Comments

>kikiさん
あ、そうなんですか!?
ミニマム⇒ミニマル
に、今直しました。助かりました。
ご指摘誠にありがとうございました!
m(_ _)m

アマゾンなどで調べてもミニマルフレーズと 書いてあります。
ミニマムではないと 思いますが。。。