HOME > 初心者英語 > 苦手なりの受験英語 > 英文法動画講義 > 英文法動画講義 第13回


苦手なりの受験英語

 

2005年12月 9日

英文法動画講義 第13回

ここのログには、「文法動画講義」と呼ばれる動画データを紹介する内容が、2008年3月31日まで存在していました。
現在は、ここにあった記事の内容を書き換えています。
2008年4月のブログリニューアルに伴い、動画データの紹介場所が移行しました。
↓こちら


 iKnow! マウスバードの無料文法動画講義


そちらのページに、現在全ての動画データが移行されています。
クリックされると紹介ページに飛びます。どうそそちらからお楽しみください。

Comments

>まーくん
コメントありがとうございます。
意図と違ったらごめんなさい。たぶんものすごい勘違いをされています。

まず、このブログは「英語の普及」と全く関係ありません。私は、英語なんざ、日本から早くなくなれ! 普及するな! と思っています。「外国人と話せるようになろう!」などとは、全く考えていません。受験英語だけ終わらせて、さっさと英語を忘れよう! というブログです。

この文法動画企画は音声とは全く関係ありません。基本受験英語なので、音声よりは文字を重視しています。

英語が苦手な人は、たとえその英文の単語の意味が全て分かったとしても、その英文の正しい意味が分からないのです。
英語が苦手な人は、What is war? という「たった3語のやさしい英語」でさえ、意味を間違えるのです。

/beginner/article/mouthbird/2008/06/post_483.html

英語の苦手な人に、1つ1つの単語の意味が分かったうえで、正しい意味を分かってもらうためには「文法」が必要だという意図の企画です。

たとえ
What is war?
という単語を正しく発音できて、もしくは正しく聞き取れても、英語の苦手な人であったら、これを「何戦争ですか?」と思ってしまうのです。こういうことがないようになってもらおう、としているのが私のこの企画です。

こんにちは。

なるほど英語のなまり教室かな、英語も今ではかなり普及していますね、英語がしゃべれてもなまりのある英語では外国人に通じませんよね。

それで動画で英語のなまりを治そうという事かななるほどいい企画ですね動画なら誰でも理解度が早いし。

僕も学生の頃は英語が好きでいろいろやっていましたが社会人になって昔得意だった英語が今出来なくて困っていたところです。