HOME > 初心者英語 > 苦手なりの受験英語 > 受験と単語帳と覚え方 > 受験と単語帳と覚え方(20)


苦手なりの受験英語

 

2005年12月26日

受験と単語帳と覚え方(20)

年内最後の更新です。年末にふさわしく? 今日は懺悔(ざんげ)のお話です。


おっとその前に(また)宣伝!( ̄へ ̄)ノ☆
第69回 コミックマーケット 2日目(30日・金)
 東ヤ-10b マウスバード

です。
新刊はマンガで覚える英文法(第11巻・仮定法)です。
コミケ行く人はぜひおいでませ!お待ちしてます。m(_ _)m
場所の覚え方【マウスバードは東の野獣(東ヤ-10)】


では懺悔(ざんげ)~ m(_ _)m


私が大学のころ、高校生に英語を教えていたときです。
たまたま、departure という単語が長文で出てきたのです。
ここにも書いてあるように、これは私が語呂合わせによって、面白く、かつ、いとも簡単に覚えた単語です。
 私は覚え方のコツ? をこう披露しました!


「ほ~ら。こうやって分ける(depart/ure)と「デパート売れ」になるでしょ? こうやって覚えると楽しいと思わないか? だから単語はこうやって覚えよう!


私はここで「語呂合わせ記憶を生徒全員に押し付けた」のです。
「だっておもしろいでしょう? すぐ覚えられるでしょう?」と。


一方、生徒側の反応はどうか? よーく覚えております。生徒たちの苦笑いを
生徒の多くは同意してくださらなかったのです。


「え~? なんで~? おもしろいでしょう? なんで?」
と私は言いました。とても不思議だったからです。
しかし、語呂合わせを語れば語るほど反応はすごぶる悪かったです。得意な人はもちろん、苦手な人でも同意して下さらなかった人がいました。この時私はなぜ反応が悪かったのか分からず、不思議に思っていました。


今思えば、このとき私は皮肉なひどいことをやったのです。
私はあのときをやっていたのです。そう! 語呂合わせをやめろと中止させられた時です。


あのときの先生は、自分の考えを押し付けました彼にとって「語呂合わせは絶対に良くなかった」から、私も同じだろうと思って、彼は自分の考えを私たちに押し付けたのでしょう
自分の考えをこのとき押し付けたのです。私にとって「語呂合わせは最良だった」から、生徒たちもそうだろうと思って自分の考えを押し付けたのです。


今では反省しています。語呂合わせは私にとっては最良でしたが、彼らにとっては「最悪であった」のかもしれないのですから。自分があの時に経験した辛いことを私は生徒にやっていたのです。知らず知らずのうちに……。

 

 

以上が私の懺悔(ざんげ)でした。m(_ _)m いかがでしたでしょうか?

 

 

 

さ~て、だいぶ結論? が近づいてきました。
どうです? 分かりますか? 「受験単語はどう覚えるべきか(と私が考えているか)」が?


たぶん、概ねお分かりになっていると思います。


ごめんなさいね。次の更新までは日が開きます。目標は1月4日更新予定です。やっぱりこのシリーズは年越しちまったなあ~。


本年もありがとうございました! (コミケ来る人はよろしく♪)
それでは皆様、良いお年を!(~o~)ノ☆!!

Comments

どもどもー
来年もお願いしまーす。

>ワイルド★ダックさん
終わっちゃったっというのは年内の連載かな?
だとしたら終わりです。年末のオタクは一般人より忙しいのですw

別にすごくはないですよ。語呂合わせが嫌がる人のほうが多かったですからね。
私は違うので「なんで嫌がるのだろう?」と疑問を感じるのは当たり前だったのです。
その結果「あの時と同じことだ」と分かるのは難しいことではありませんでした。

逆に「語呂合わせを嫌がる人」は「嫌がる人のほうが多い」ので「全員がそうだ」と思いやすいのだと思います。だから私みたいなの激烈に困るわけで、そうでない人にとっては少しも困らず、むしろ自分のやり方が間違っていないように感じて、好都合なのではないでしょうか? 

「語呂で覚えなかった人のほうが、もともと語学の才能がある」わけで、成績も上がりやすい。好結果につながる生徒が多いはずです。そうすると先生も自分の考えが裏付けられることになる。したがって先生方がこのことに気づくことはまずないのだと思います。

今年はサーバー提供、ならびに閲覧、本当にありがとうございました。
来年もよろしくお願いいたします。m(_ _)m
良いお年を!

どもどもー。
あーあー終わっちゃったよー。

今年もご苦労さまでした。
来年もよろしくお願いします。

しかし、逆の世界観に自ら気づくマウスバード先生はすごい
大人だねー。

続き楽しみにしてますー。

よいお年を