苦手なりの受験英語

 

2006年2月11日

辞書の使い方(5)

苦手な人向け:辞書に書いてあるもの(その4)


熟語


これもまた、英語の得意な人から「おまえはバカしているのか?」と言われそうなことです。


ですが、英語が苦手な人は知らない人もたくさんいると思います。
なにしろ、私自身が高3まで知りませんでしたから。


「そもそも英語に熟語なんかあるわけがない。なぜなら英語に漢字がないんだから」と私は高2の3学期まで思っていました。当然辞書にそんなものまで書いてあるとは知らなかった。さらに、英熟語は覚えなければならない、ということも知らなかったのです。


最近の高校生なら知らない人の比率がもっと高いと思います。電子辞書の所為です。電子辞書のほうが手軽で引きやすいですよね。ただどうでしょう?熟語まで探せますか? 熟語が書かれているのは随分下の方です。見つけるにはかなり「↓」みたいなボタンを押さないと表示されなくはないでしょうか? つまり電子辞書を使っている人は熟語を見つけにくいのです。


私は掲示板などで質問を受けています。
ある日、ただ単に<英熟語が書き込んであって>「意味を教えてください」という質問がありました。
私は「辞書に書いてありますから調べてください」とお返事しました。


そしたら、そのお返事には
「辞書にはこうした連語なんか書いてないではないですか? どうやって見つけるんですか?」
と書かれていたのです。この方は、昔の私と同様「英熟語」という概念を知らず、かつ、それが辞書に書かれているとは夢にも思っていらっしゃらなかったのです。
私は「よーく下の方まで見てください」とお返事しました。


そしたら「やっと見つけました!へぇ~~辞書にはこんなことまで書いてあるんだ。知らなかった」というお返事をいただきました。
聞いてみると彼は電子辞書をお使いだったようで、なかなか見つからなかったそうです。


次回は月曜日の更新です。

Comments

>ワイルド★ダックさん
電子辞書は単語の単独の意味だけ調べるのなら手軽でいいと思います。
ただ少なくとも大学受験のためには、熟語や、用例を当たらなくてはなりませんから、不向きだと思うのです。
特に、英語が嫌いで苦手な人は、「ここからここまでが熟語かな?」という予測力がほとんどない(予測しないし、しても外れる)ので調べで見つけるしかないのです。ところが電子辞書だと発見が困難なのです。
だから(他にも理由はありますが)電子辞書は、大学受験向きではないと私は思っているのです。(受験を離れた上級者が上手く使い分けるものではないかと思っています)


次回もヨロシクです。m(_ _)m

僕は電子辞書も大好きです。
最近のパソコンはカーソルを重ねるだけで意味が出てくるからもっと好きです。

でも、用法や用例までっていうと、紙の辞書にはかなわないっすよねー。
いわんや熟語をや。

電子辞書を使う人は熟語を全部打ち込まないとたどり着けないですよねー。
「こっからここまでが熟語かな・・・?」っと予測力をつけるにはいいかもしれませんね。

きっとそれぞれ使いようですよねー。

次回も楽しみ・・・ワクワク