HOME > 初心者英語 > 苦手なりの受験英語 > 苦手な人の英文解釈勉強法 > 苦手な人の英文解釈勉強法(3)


苦手なりの受験英語

 

2006年3月29日

苦手な人の英文解釈勉強法(3)

私が高3のときに教わった「とてつもなく楽な英文解釈学習法」を今日は取り上げます。
最初に言っておきますが、私は「お陰で無駄な時間を費やしただけ」に終わりました少しも効果はありませんでした。


その方法とは……

用意するもの
解釈の参考書 & その訳例

やり方
・英文をまず軽く見る
・訳例をイキナリみる
・どんな意味の英文かを把握する。
・そして英文を見る。
・すると「こんな感じの英文はこういう意味だ」というのが感覚的につかめるはずである。
・単語も同時に覚えられるはずである。
・こんな感じでどんどん、訳例を見ながら感覚を養う。


私が高3になり始めるとき(ちょうど今頃)、当時の塾の先生に習った方法です。


この時、こう思いました。

「おお!なんという素晴しい学習法だ!こりゃあ楽に解釈力が上がりそうではないか! 塾の先生がいうくらいだからなあ!まず上がるに違いないだろう!なぜ学校の先生はこのような良い方法を俺に教えてくれないのだっ??これだからうちの学校の先生は!…<ブチブチ!(`へ´)こういう方法を高校の初めから教わっていたら俺は高校生活を英語に苦しまずに済んだに違いないぞ!恨むぜ!高校の英語の先生め!(ケッ!!!)」(実話)




さて、結果はどうだったでしょう? この結果については、日曜日に発表します。
次の更新は金曜日で、いつもの無料英文法講義です。宜しくお願いいたします~。

Comments