HOME > 初心者英語 > 苦手なりの受験英語 > 苦手な人の英文解釈勉強法 > 苦手な人の英文解釈勉強法(8)


苦手なりの受験英語

 

2006年4月13日

苦手な人の英文解釈勉強法(8)

前回の続きです。


苦手な人が英文解釈作業をする場合のやり方のコツは3つあります。


●まず、のんびりやろうと思ってください英語が嫌いな人は、嫌なことだから「早く終わらせよう」としてしまうんです。他にもやりたいことはあるし、やらなくてはいけないのでしょう。ですがなんとか英語の時間を取ってください。(ノート用のコピーをとって切って貼る作業だけでも30分ぐらいかかりますよ) まあ~お茶でも飲みながらゆっくりやるんです。(悪いことは言いませんから、補習塾などに通って、塾の先生と一緒にやるべきだと思います。先生と一緒にやるんです。そうすれば、「なぜその訳例になるのか」が分かりながら、一人でやるより、よっぽど早く、また正確に学習ができます。)


文法に則ってください。「なぜその訳例になるか?」は単語のみならず「文法」で決まります。文法的な解説を読めば分かるはずなんです。(逆に読まなければ永遠に分からない<英語の苦手な人の場合は>)


間違えを恥だと思わないでください
残念ですが、現在は間違って当たり前なんです。だからそれを逐一直さなくてはならないのです。今できる精一杯の力で、自分で訳例を作ってください。「なぜ自分の訳例は間違えなのか?」を確認する作業の積み重ねで初めて「今度は間違えなくなる」のです。


今から考えるに、俺が今高校生だったら、1つの長文にかける時間は3時間は準備すると思います。まずは音楽聴きながら、工作(コピーを切って貼る)しますそのあと英文と辞書をにらめっこ…

そのあとは… さて、この続きは日曜日に更新します。 明日(金曜日)は英文法無料放送の日ですよ。メッセ参加したい方はいつでもどうぞ~~。※先週は30分遅れてスイマセンでした。m(_ _)m

Comments