苦手なりの受験英語

 

2006年6月18日

参考書の指標(6)

今日はまとめです。


どうも皆さん参考書がお好きみたいで、「良い参考書ないですか~良い参考書ないですか~」と聞く方が多いようです。
こう聞く方の多くは「英語が苦手な方」です。


で、それに答える方の多くは「英語が初めから得意な方」です。


で、英語の得意な方は「自分が役に立った参考書」、つまり、「得意な人向け参考書」を、英語の苦手な人に薦めます。


皆様には「こういう傾向があるんだ」と認識して欲しいのです。


ここを読んでいるあなたがもし「英語がある程度お得意、もしくは普通ぐらい」であるならば、薦められる参考書があなたに合いやすいでしょう。
ここを読んでいるあなたもしが「英語が苦手、もしくは大嫌い」である自覚のある人ならば、薦められる参考書があなたに合う確率は皆無だ」と思います。


ちなみに、私が浪人時代は全てそういう基準で考えていました。別に参考書に限らないんですけどね~


おお!英語好きなA君や、英語がべらぼうに得意なB先生がやっている(やっていた)参考書はこれか! 多くの得意な人が薦めているなあ! じゃあこれだけは絶対やらないようしよう!
おお!英語好きな英語がべらぼうに得意なB先生がやっている(やっていた)勉強法はこれか! 多くの得意な人が薦めているなあ! じゃあこれだけは絶対まねしないようにしよう!
おお!英語好きなA君が通っている予備校はここか! 多くの得意な人が薦めているなあ! じゃあここだけは絶対行かないようにしよう!


お陰で受かったんです。そうでなければ失敗していたと思います。


次回は雑談です。「英語嫌いな私のスタンス」をお伝えします。自分で自分に英語について問いかけるQ&Aをお届けします。
火曜日になります。


(↓目次はこちら)
目次ページへ

Comments