HOME > 初心者英語 > 苦手なりの受験英語 > 英語好き嫌いの法則 > 英語好きな人と英語嫌いな人の法則(7)


苦手なりの受験英語

 

2006年9月15日

英語好きな人と英語嫌いな人の法則(7)

※今週は都合により文法授業はお休みです


法則(7)該当度85%
英語好きは3択問題をカンで解いても良く当たる

のに対し
英語好きは2択問題をカンで解いても良く外れる


英語嫌い人間が英語の3択問題を解く過程は↓こうです。
「う~ん、AかBかどちらかが正解なのはわかるんだ……。う~んどっちだ?? どっちだ?? う~ん、う~ん……」


…と散々悩みます。
「わからん! なんとなくA!」
とAを選んだとします。
こういう場合の正答は「C」です。


このように英語嫌い人間は本当によく選択問題を間違えます。仮に英語の2択問題を10個「カンで解け」と言われたら、全部外れる自信が私にはあります。
カンで解くとほとんど必ず間違えるのです。


続きは日曜日です。

Comments