HOME > 初心者英語 > 苦手なりの受験英語 > 直訳と意訳と訳例と意味 > 直訳と意訳と訳例と意味(15)


苦手なりの受験英語

 

2006年11月20日

直訳と意訳と訳例と意味(15)

お待たせしました!
なんとか復活です。今日よりまたよろしくお願いいたします。
前回の続きと参りましょう!


The Indians got everything / they needed / from the forest.


スラッシュごとに訳例を作ると
インディオたちは全てを得ていた/彼らが必要としていた/その森から


となりますがこれをもっと「つながる訳例」にしてしまったものが
「インディオたちが得たものは全てでそれは彼らが必要なもので、出所はその森だ」
である、というのを紹介しました。


この訳例の正体を今日は説明します。これは「同時通訳の技術」なんです。


品詞の変換」というテクニックを使うのです。


 元々            テクニック
got(動詞:~を得た) ⇒(名詞:得たもの)
from(前置詞:~から)⇒(名詞:出所)


↑このように変換してしまった訳例が「インディオたちが得たものは全てでそれは彼らが必要なもので、出所はその森だ」になるわけです。
対応を確認してみてくださいね。
やや無理無理ながら、ちゃんと日本語になっているでしょう?


こうした読み方もあるって事です。この読み方ができるようになるのは訓練が必要です。(もっとも得意な人はいつのまにかできている人もいます。得意な人は常に訓練してますからそれに気がつかない人が多いですが…)


スラッシュ読みの応用のような読み方にこうしたものがあるわけです。


はい。では続きは水曜日です。

Comments

>よっちんさん
コメントありがとうございます。
私も書きながらそう思いました。
ただ、一応過去の入試問題なんです。なのであまり原文を変えたくなかったのが実情だったんです。
今後は出来るだけこのような例文を避けようと思います。
ありがとうございました。

Indiansって・・・・。今は、一般的に使うのはふさわしくない言葉だと思います。受験英語だとしても、例文にそのような言葉は使わないほうがベターですね。Native Americansとか、Aboriginal people、indigenous peopleとかいう単語を現在は使うと思います。