HOME > 初心者英語 > 苦手なりの受験英語 > 私が英語が得意になった方法 > 私が英語が得意になった方法(9)


苦手なりの受験英語

 

2007年4月 2日

私が英語が得意になった方法(9)

さて、井川さんの単科について書きますね。
当時、井川さんの単科は「初級者用」と「上級者用」の2つがありました。
2つ取ることも考えましたが、しんどそうだったので、「初級者用」のみ取りました。


しかしまあ、今から考えても大変な授業でしたな。
簡単に説明すると、
単語や熟語のレベルは低いのに文構造は最難度」という英文解釈をやったのです。
単語の意味が全部分かっても、全然意味が取れません。言っちゃあなんですが、ここを見ている人の多くは、たぶん太刀打ちできませんぜ~Ψ(`∀´)Ψ テキストの英文は入試問題でありながら、ものすごい込み入り方をしてました。


ところがどっこい、文法を踏まえると、あ~ら不思議~~ちゃんと意味が通るのです。
私はここで鍛えられられたので、大概の英文は解読できるようになったのです。


参考:得意な人へ! 挑戦! 
某大学の入試問題だ! 下の方に英文解釈の問題があります。これやってみそ!
Ψ(`∀´)Ψ


井川さんのこの授業も、私は「どまん前の席」で受けていました。
ええ、とてもしんどかったですw 井川さん、よく俺に当てるしw
でも「間違えの理由」や「覚えるべきこと」を全部説明してくださるので、とてもありがたかったです。授業ごとに、間違いを少しずつ直す作業をし続けた結果、少しずつ間違いが減っていきました。


次第に偏差値も30台から、40台になっていきました。


続きは木曜日です。

Comments