苦手なりの受験英語

 

2007年7月 9日

私宛の珍質問(3)

今回の珍質問↓


「英語力の持続や向上に努めたいのです。ペラペラになりたいのですが、オススメの方法はありますか?」


勘違いなのは百も承知なんですが、もう、なんつーか、私を小ばかにしているとしか思えない質問です。なんでこういう質問を私にするんでしょうか? 頼むからやめて欲しいです。ホントに……


私があちこちで英語の質問(特に文法の質問)に答えているためでしょうか、私を勘違いしているようなんです。「私は英語力の持続や向上に努めている」……と。とんでもない! 浪人の時が私の英語力のピークです。それ以上の英語力の維持や向上に全く努めていません。
なぜなら、「英語力の維持や向上に勤めたくないから」です。勉強し過ぎた「文法力」は脳内で勝手に維持されています。それだけでこうした活動(ブログなど)をしているだけです。


ちなみに一番したくないのは「英語を話すこと」です。
「私が英語を話すという行為」は「ドラえもんがネズミ語を喋る行為」と同じです。


ドラえもんがネズミ語を話したいと考えていると思いますか?
ギャーと叫んで逃げるに決まってるではないですか!


今日も某所で通訳のお手伝いをして来ましたけど、受験英語以上の力は使っていません。もちろん、心の中で「ギャーギャー」悲鳴をあげながらアメリカ人と喋ってきました。(別に外国人が嫌いなわけではありません。英語という言語、突き詰めると「アルファベット」が嫌いで不快なだけです。念のため)


関連ページ↓:
私が英語と接する場合どういう気持ちで接するのか?


したがって、維持・向上に努める方法やペラペラになるための方法なんて全く知りません。
こういったことを聞かないように、ぜひヨロシクお願いいたします。
別の英語好きな方にお聞きになると良いと思います。m(_ _)m


次回は、木曜日更新です。このシリーズは次回が最終回です(前回が長かったんでw)。

Comments

>Dr.Sさん
どうもご無沙汰してます。お久しぶりです。
Dr.Sさんも古典でご苦労されたとは! 英語が苦手な人は古典も苦手になりやすい傾向があるのかもしれませんね。
上で挙げてくださった参考書ですが、私も存じ上げません(すみません)。受験参考書で長期間で名が知れる本は珍しいのではないでしょうか。新しく出版された本の方が、受験生も「今の傾向に合っている」と思い、そちらの知名度が上がっていく傾向があるように思います。古典ですと「グリテン解法」というもの(参考書)が私の頃では大流行でした(もっとも私は使いませんでした。ただ存在は知っていました。それくらい当時は有名でした)。今では知らない人のほうが多いでしょうね。

マウスバード様
 ご無沙汰しております。Dr. Sです。いかがお過ごしでしょうか。
 ところで、先日、コメントを見ていると、古文の話が出てきましたね。私もそのうちお尋ねしようかと思っていたのですが、やはり同じ考えの人はいるものですね。じつは、私は、古文で苦労しました。何と言っても、古典文法、もっと言うと活用表が頭に入らなくて苦労しました。そんな中で、故桑原岩雄先生や関谷先生が書かれた「古典文法入門」のおかげで、何とか活用表が頭に入りました。(もっとも、理系なのでそれから先の勉強はあまりしませんでしたが。)
 自分で使用した英語の参考書で最も印象に残った本として、迷うことなく「英語構文詳解」を挙げますが、この「古典文法入門」は入門は、さしずめ、古文の「英語構文詳解」といったところでした。(ちなみに、同著者で当時はもっとよく知られていた「古文入門」は、古文の「英文解釈教室」と言う人もいました。)
 しかし、いずれの本も最近の受験生の受けは良くないようです。最近の受験生とは思考回路が違うのか、はたまた、私の思考回路がかなり偏っているのか・・・。