HOME > 初心者英語 > 苦手なりの受験英語 > 文法の必要性の有無 > 文法の必要性の有無(7)


苦手なりの受験英語

 

2008年2月18日

文法の必要性の有無(7)

こんばんは。アンケートに対し多数の皆様のご協力ありがとうございました。m(_ _)m
このブログ、iKnow! そしてmixiを合わせて、12名様の情報が集まりました。
アンケートを募集したログはこちら


質問内容を含めまして、アンケート結果は
↓こちらのページ
に詳しくまとめました。(画像をクリックしてください)
a、an、を気にするかどうか 感じ方とその差異、反応の種類
多少見にくいかもしれませんがご容赦ください。


このアンケート結果で「最も見て欲しい部分」があります。
 ・アンケートの一番上の「ゆうさん」の回答結果
 ・アンケートの一番下の「fliszts541さん」の回答結果
この2つの対比です。


ゆうさん 受験生 
  英語が苦手で嫌い
  C
  超苦
  「え? これって細かいことなの? 大事なことじゃないの?」とすごく思う
  気にしないというのは無理


fliszts541さん 受験生
  英語がすごく得意
  A
  
  細かいことを気にしているんだなあと思う。
  できる


見事に真逆です。


このお二人が典型例だと思うのです。
このアンケート、元々は「才能」の話をするために募集しました。
中学で最初に英語を習うとき、「才能がどのように反映するのか?」という話です。
(だから、「中学1年生の時の疑問だ」という質問になっているのです)


つまり、
ゆうさんは、私と同じで「英語の才能が乏しい」
fliszts541さんは、「英語の才能が多分にある」
と言えると思うのです。(あくまで才能です。スポーツの才能のようなものです。足が速い人は最初から足が速いものです)


中学1年の時、a an  がどうして必要なのか教師に聞いて「とにかく暗記しろ」と言われた場合
ゆうさんは
・なんだ、このアホ教師は! この知識を知らなきゃ困るじゃないか! 私も同じように返事を返されたら頭にくる!
・「なんでそんなところが気になるの? 気にせず丸ごと覚えちゃえば良いじゃん。そのほうが楽ジャンか!」
  と言われたら、超苦しむ
・「そんなところを気にするから、お前は英語ができないんだよ! 細かすぎる! そんな細かいことは気にしない! 気にしなけりゃいいの!」
  と言われたら、「え? これって細かいことなの? 大事なことじゃないの?」とすごく思う
  気にしないというのは無理


 ⇒こう状況が解消されないままであるならばゆうさんは英語を好きになれると思えますか?


fliszts541さんは
・? そんなんまるで疑問に思わなかったよ。そんなもんでしょ? 英語って。
・「なんでそんなところが気になるの? 気にせず丸ごと覚えちゃえば良いじゃん。そのほうが楽ジャンか!」
  と言われても「
・「そんなところを気にするから、お前は英語ができないんだよ! 細かすぎる! そんな細かいことは気にしない! 気にしなけりゃいいの!」
  と言われたら、「細かいことを気にしているんだなあ」と思う
  気にしないことができる


 この場面で、fliszts541さんが英語を不快に思う要素があるでしょうか?


こうやって、「才能の差」によって、英語が好きか嫌いか、英語が得意か苦手か…と分かれていくと思うのです。


このアンケート表で、【背景が←この色(薄いピンク)】の方は中学高校で英語が嫌いか苦手だったことが明らかな人です。
最初のアンケート(A、B、Cを選ぶもの)は、朝日が眩しくてさんを除いて全員Cです。朝日が眩しくてさんはAですが、それ以前に気になるところがあるからAとおっしゃっています。だから実質は気になるのではないかと思うのですがどうでしょうか?
そして、【背景が←この色(薄いピンク)】の方々で、(1)が【楽】だった人は1人もいません。中には【苦】という人さえいます。楽ではないと書いた方が多いですが、それと近いかもしれませんが、私は違うと思います。「苦」はそれより輪をかけて嫌なのです。
つまり、【苦】の方々にとっては「いいから丸ごと覚えろ!」と言われたら、【苦しい】のです。ゆうさんに至っては「超苦」なわけです。


さて、「英語の才能」ですが、ハッキリ「ある人・ない人」と分けられるケースは少ないと思うのです。
才能の程度にバラつきがあると思うわけです。
主に背景が□←(白色)の方々をご覧ください。才能がある人とない人の要素が混在していると思いませんか? この皆様が、最も多いケースだと思います。


また、AまたはCというご回答の方も多かったですね。理由も似か拠る部分とそうでない部分あるのは私のとっての発見でした。
特に、heart2meさんのご意見には驚愕しました。「以前(つまり、受験と言う必要に迫られていた時期)はA。「必要に迫られていない今」はC、という見解は私の想像をはるかに超えていました。にとっては「必要に迫られていようがいまいCであった」からです。


そうそう(2)についても実は注目して欲しいのです。

細かいと思うか、細かいと思わないのか?

 細かい・細かいかもしれない・細かいとは思わない
と3者3様ですね。
この(2)に関しては以下の指摘がありました。
・そもそも細かいかどうか中1では分からないと思う
・なぜ細かくことではなく、大事なことと思えるのかが疑問

これにはびっくりしました。
私は「ちっとも細かくない! 大事なことに決まっている!」と中1でも(私にとっては)確信していたからです。
で、ここで改めて考えたのです。なぜ私は「ちっとも細かくない! 大事なことに決まっている」と思ったのかということをです。


逆説的に「自分が気になるから大事なことに決まっている!」というのが1つの答えでした。
自分にとっては気になって気になって仕方がない。この疑問を解消したい。だから少なくとも「自分にとっては大事であった」ということは間違いないと思うわけです。(他人にとっては大事でなくても)
だから、個人的には、こういう部分を「そんな疑問は細かいことだ」などと言われると、ものすごく腹が立ちます!
\(`0´ )/=3
ちなみに今でもものすごくよく言われます。もちろん言う人は英語が好きで得意な人です
\(`0´ )/=3 コノイカリガオマエラニワカルカ!!!!!


これだけでも十分「大事だ」と思える根拠にはなるのですが、もう1つ意見を別口からもらいました。


「それほど必要がなければ絶対に言葉の進化の過程で抜け落ちるとおもうのですよ 」


Σ( ̄□ ̄)!ナルホド!
実はこの別口の意見の主は、「そもそものa、an の疑問の所為で英語が嫌いになった女性」です。


とまあ、色々考察はできますね。まだまだ書きたいこともあるのですが、とりあえず止めます。


今回ここで書きたかった中心は


「才能によって感じ方が人によってこれだけ違う」その所為で、特に中学の過程で英語の成績が大きく良くなかったり、嫌いになったりする。
ということです。


次回は木曜日に更新です。(ご感想のコメントをお待ちしています! コメントのUPと返信が遅れたらごめんなさい~~でも必ず返信はしますよ~~m(_ _)m)

Comments

>Dr.Sさん
どうも~ご無沙汰です~(^O^)いらっしゃいませ~♪
久々の投稿嬉しく思います。

ふむふむ。アンケートは
 B
 厳しい
 大事なこと
 特に書く場合は気にせざるを得ない

というものですね。了解いたしました。アンケートに加えておきました。

後で書けたら書こうと思うことがあります。それは a,とかanのような文法的な疑問って「英語を学びたい」から気になるんですよね。学びたくなければ気にも止めないと思うのです。

つまり、英語を必死になって『学びたい』と思っていて、そのときに感じる疑問なんです。
それに対する返事として、多くの英語の先生は「そんな細かいことを気にするな!」と『水を指してくれる』というわけです。こうしたところにも、「英語が嫌いになる要素」があるのではないでしょうか?


>中学時代から未だ、完全に解決していない問題があります。
>それは、
>ask~to…やtell~to…がSVOCなのかSVOOなのかということです。


ask~to…(~に…するように頼む)、も、tell~to…(~に…するように言う)もSVOCの第5文型です。

第5文型のOCの特徴は、OとCが「ネクサス関係(主語・述語関係)」になる点です。

I want you to go there.(私はあなたにそこに行って欲しい)
 you が O で to go there が Cです。
 ⇒You go there. 「あなたがそこに行く」…と、完璧な英文ができます。これが第5文型の特徴です。

I asked you go there (私はあなたにそこに行くように頼んだ)
 you が O で to go there が Cです。
 ⇒You go there. 「あなたがそこに行く」…と、完璧な英文ができます。これが第5文型の特徴です。

I told you go there (私はあなたにそこに行くように言った)
 youが O で to go there が Cです。
 ⇒You go there. 「あなたがそこに行く」…と、完璧な英文ができます。これが第5文型の特徴です。

となるのです。

逆に「ネクサス関係(主語・述語関係)」にできないのが第4文型の特徴です。
自分が知るかぎり、これをSVOOとしている例は初めて知りました。これはおかしいと思います。

マウスバード様
ご無沙汰しております。Dr. Sです。
すでに期限切れですが、一応アンケートにお答えしようと思います。

まず、a, anに関することはBのように感じのではないかと思います。ただし、昔のことなので、よく覚えていません。また、私は中学の入学前に、NHKの「基礎英語を」聴いていたのと私塾で英語を習っていたので、すでに、可算名詞・不可算名詞の用語は知っていたかどうかは覚えていませんが、すでに中学入学前に、この概念は持っていたため、教師が要領を得ない対応であったとしても、気にならなかったのではないかと思います。
それから(1)です。これまでお話ししたように、私は丸暗記が苦手なので、丸ごと覚えるはかなり厳しいです。
(2)ですが、仕事がら学術論文を書くため、基本的には、a, anは大事なことだと感じています。しかし、現実は、「どうせ、日本人に冠詞が分かるわけがないし、論文は、英文校閲に出すか、投稿先のエディターに修正させよう」というのが現実です。
(3)は、学術論文には抽象概念が文が多く、この観点から、特に書く場合は気にせざるを得ないです。

ところで、話が脱線しますが、初歩的なことで中学時代から未だ、完全に解決していない問題があります。それは、
ask~to…やtell~to…がSVOCなのかSVOOなのかということです。中学時代、ask~that…やtell~that…がSVOOであることから、私はは、ask~to…やtell~to…はSVOOと考えていました。したがって、ask~to…やtell~to…とwant~to…が、一緒くたに扱われるに違和感を感じてていました(want~to…は明らかにSVOC)。
これまで、いろいろな所を見るとSVOCとしている場合多そうですが、明示していない例もあります。
ちなみに
山口俊治先生(英文法講義の実況教中継)…SVOC
伊藤和夫先生・FOREST…明示せず
古谷専三先生(英語のやさしい入門の本)…SVOO
といったところです。

>ゆうさん
私やゆうさんは「例文を覚えるのが苦手なタイプ」だから大変ですよね。大変でしょうけど、頑張ってください!p(^^)q

ただいま熟語を必死に何回もノートに書いているのですが、熟語は例文を覚えているようでとてもつらいです。ただの単語を覚えるのでさえつらいというのに(;д;)トホホ
でも早稲田行く為に今は死ぬ気で頑張ります。