HOME > 初心者英語 > 苦手なりの受験英語 > 関係詞の謎と得意・不得意 > 関係詞の謎と得意・不得意(3)


苦手なりの受験英語

 

2008年7月31日

関係詞の謎と得意・不得意(3)

関係詞の謎と得意・不得意今日は苦手な人関係詞どのように考えるか?、その「発想」を考えます。


まずは前々回出題した問題


------------------------------------------
 次の(   )に that 以外の何かを必ず入れなさい。
 (1) This is the place(   )I like.
 (2) I know the boy(   )she loves.
------------------------------------------


これですが、苦手な人は
(1) where
(2) who
と答えたはずです。
 正解は
(1) which
(2) whom
 です。(厳密に言うと、(2)は口語では who でもOKの場合がある。ただし、TOEIC(R)テストでも who だと×で whom で○だったことがある)


苦手な人はどうやってこの問題の答えを出し間違えるか」を紹介します。
今から「苦手な人の考え方」を紹介しますが、得意な人には到底想像もつかない発想です。


↓このように考える人がいることを私は知っています。


------------------------------------------
「(1)This is the place(   )I like.」か。ふむふむ。
 ↓
「手前が場所だから 素直に where を入れて
 This is the place where I like.
 かな?
 ↓
「うん。whereでスッキリしていると思う。たぶんこれが正解に違いない!」
 ↓
違和感? そんなものわからん。ただ他のよりは違和感はないな」
 ↓
「だから whereだろう」

仮に→「This is the place I like.」を見せると…
 ↓
「あ~~?? なんじゃこの変な文は。 すげえ違和感ありまくり~~~~ 何これ? 不恰好~カッコワリイ~~www」

------------------------------------------


こうやって、不正解の where を導き出している人が多いはずです。

 
------------------------------------------
「(2) I know the boy(   )she loves.」か
 ↓
手前が人か。じゃあ who だよね。はい、おしまい」
 ↓
「うん。whoでスッキリしていると思う。たぶんこれが正解に違いない!」
 ↓
違和感? そんなものわからん。ただ他のよりは違和感はないな」
 ↓
「だから whoだろう」

仮に→「I know the boy she loves.」を見せると…
 ↓
「あ~~?? なんじゃこの変な文は。 すげえ違和感ありまくり~~~~ 何これ? 不恰好~カッコワリイ~~www」
------------------------------------------


こうやって、不正解の who を導き出しているのです。


読んでみてどうですか? 得意な皆様?
我々(苦手な人)はどうやって問いているか分かりましたでしょうか?


我々もまた「違和感」というものさしで関係詞の問題を解いているのです。
自分の感じ方(違和感)と照らし合わせて、
・「違和感が感じるから、これは間違い」
・「違和感がないから、正解だと思う」
という判定をして、答えを決めているのです。


そして、
我々(苦手な人)の場合」→「違和感がないものを埋める」→「不正解になる」のです。


ここまで読んだ皆さんは、以上をどうお思いになったでしょうか?
不得意な人は、概ね「そんな感じだねえ~」と思うと思います。


いかがですか?


大事なポイントは
得意な人の場合」→「違和感がないものを埋める」→「正解になる」のです。
苦手な人の場合」→「違和感がないものを埋める」→「不正解になる」のです。


得意な人は「カン」で解いて、大当たり! 楽勝に感じるはずです。
そして「関係詞が不得意な人が、この世にいることが想像つきません」


苦手な人も「カン」で解きますが、大はずれ! ものすごく嫌に感じるはずです。
そして「関係詞が得意な人が、この世にいることが想像つきません」


こうであるため、「関係詞は得意不得意が大きく分かれるポイントである」と私は考えています。


次回はなぜ「得意な人はカンで当たり、不得意な人はカンではずれるのか」について考察したいと思います。


明日はいつもの文法放送。この続きは来週月曜日です。


(↓目次はこちら)
目次ページへ

Comments

>チェンジニアさん
残念ながら苦手のようですね。
苦手な人がそう感じるのは自信がありました。私が昔はそうだったからです。^^
関係詞は想像以上に「得意・不得意の差が開く」場所なのです。克服には早くても半年はかかります。お覚悟ください。
裏づけとなるご投稿ありがとうございました。m(_ _)m

ホンとに、その通りです。
またまた驚きました。

I know the boy she loves.などを見ると違和感を感じます。
私も’違和感’を基に解答していたんですね。
完全に苦手派です。