HOME > 初心者英語 > 苦手なりの受験英語 > 関係詞の謎と得意・不得意 > 関係詞の謎と得意・不得意(4)


苦手なりの受験英語

 

2008年8月 4日

関係詞の謎と得意・不得意(4)

関係詞の謎と得意・不得意ここまでのまとめです。


------------------------------------------
問題
 次の(   )に that 以外の何かを必ず入れなさい。
 (1) This is the place(   )I like.
 (2) I know the boy(   )she loves.
------------------------------------------
英語が好きで得意な人
 「カン(違和感がないもの)」で答えを探す。
  ↓
 (1)はwhich、(2)whom と答える。
  ↓
 見事に大正解


英語が嫌いで苦手な人
 「カン(違和感がないもの)」で答えを探す。
  ↓
 (1)はwhere、(2)who と答える。
  ↓
 見事に不正解


となります。


得意な人の場合」→「違和感がないものを埋める」→「正解になる」のです。
苦手な人の場合」→「違和感がないものを埋める」→「不正解になる」のです。


------------------------------------------


なぜこうなるのか?…今回はこの謎を解きます


例題の派生で出てきた英文を例に挙げてます。以下の英文で考えて欲しいことがあります。


--------------------------------
 (1) This is the place I like.
 (2) I know the boy she loves.

--------------------------------


あなたは、この上の2つの英文を、2つとも
違和感が全くなく、かっこいい英文」と感じるでしょうか?
 それとも
違和感しか感じない、不気味な英語」と感じるでしょうか?


英語がお好きで得意な人ほど「違和感がなく、かっこいい英文」だと感じ
英語が嫌いで不得意な人ほど「違和感しか感じない、不気味な英語」と感じる
はずです。


実際、ネイティブスピーカーに尋ねれば、(1)も(2)も違和感のない普通の英語と言うはずです。
つまり、「英語がお好きで得意な人」の感覚は正しく、「英語が嫌いで不得意な人」の感覚は間違っているのです。


ではどうしてそうなるのか?


それは、以下の2つの理由があります。


【1つ目】
得意な人は「こうした英文に何度も触れている、場合によっては覚えている
苦手な人は「こうした英文に触れていないし、覚えていない覚えられない)」


【2つ目】
英語が好きで得意な人は「英文の全体を見て1語1語を見れない」「1語1語の単語を覚えるより文全体を覚える方が楽である」
 のに対し
英語が嫌いで苦手な人は「英文の1語1語を見て全体を見れない」「1語1語の単語を覚えるのが精一杯文全体を覚えるのが最悪に苦手で、場合によっては不可能である」
 から


----------------------------------------------
まずは
【1つ目】を証明しましょう。
まあ、まずはここを見てください!って感じなんですけどねw


英語が好きな人は放っておいても「英文に親しもう」とするわけです。
ところが、英語が嫌いな人は「英文から目をそむける」わけです。


続いてここを見てください。あとここも。
英語が好きな人は、「英語を喋りたい」んでしょうね。たとえ英語の意味が分からなくっても「その英文(単語ではない。だ!)」を覚えようとするのです。
一方、英語が嫌いな人は、「英語を喋りたくない」わけです。当然「英文」なんて「覚えてません」


続いて【2つ目】を証明します。
今度はここを見てください。
英語が好きな人は「1語1語の単語を覚えるより文全体を覚える方が楽である」のです。
だから、脳内にたくさんの英文が既にインプットされているのです。
ところが、英語が嫌いな人は「文全体を覚えるのが極端に苦手」なわけです。
だから、脳内に全く英文が既にインプットされていないのです。


文全体が頭に入っていない苦手な人は、1語1語見るしかない
このとき
 (1) This is the place I like.
 (2) I know the boy she loves.

みたいな英文は、ものすごく違和感があるのです。
なぜなら、文と文が2つ足されているのに、間に「接着剤的なもの」がないから。
((1)This is the place+I like、(2)I know the boy+she loves)


もしwhere とか who があれば(↓間違っていますが)
 (1) This is the place where I like.
 (2) I know the boy who she loves.(こっちは口語ならOKだけれども一応間違いとします)
これなら
「(手前が「場所」だから)where や (手前が「人」だから)who という『単語1語』で、文と文が繋がっているのだろう」
と思うことができるのです。


 英語が苦手な人は「文全体が見れない」のです。単語を1語1語見ます。だから「接着剤的な単語1語」があると「安心する」のです。
逆に「接着剤的な単語1語」がないと、「違和感がありまくり」という状態になるのです。
だから
 (1) This is the place I like.
 (2) I know the boy she loves.

みたいな英文は、英語の苦手な人にはものすごく違和感があるのです。


だから、最初の問題に戻るのですが、↓これも「違和感」で判断しするわけです
------------------------------------------
問題
 次の(   )に that 以外の何かを必ず入れなさい。
 (1) This is the place(   )I like.
 (2) I know the boy(   )she loves.
------------------------------------------


違和感で判断すれば
 ↓
得意な人の場合」→「自分の脳内にインプットされているデータから判断し、違和感がないもの(which, whom)を埋める」→「正解になる」のです。
苦手な人の場合」→「自分の脳内にインプットされているデータから判断し、違和感がないもの(where, who)を埋める」→「不正解になる」のです。


次回はこの違いの所為でとんでもないことになっている、というお話をします。次回は木曜日です。


(↓目次はこちら)
目次ページへ

Comments

>Yasukoさん
こちらこそはじめまして!

>英語で人とコミュニケーションを取ることも、海外旅行も大好きなのですが
こういう方はほとんど「英文法はかなり苦手」なはずです。
 何度も言っていますが、英語が好きで得意な人ほど「英文法」は嫌いで苦手なはずです。

>いつまでも、度胸だけで英語話してたらいけないなぁと、最近英文法をちょこちょこ勉強し始めました。

素晴らしいと思いました

>目的格と主格の違いをを自然に気付くまで、文章を読めなんて、なんて過酷なアドバイス・・・。
>文法を勉強すれば5分で違いがわかるのに。

私もそう思います。ただ、(ネイティブではなく)日本人でも
<目的格と主格の違いをを自然に気付くまで、文章を読め!>
と主張する人は大勢います。むしろ「主流派」なのではないでしょうか?
英語の才能がある人ほど、「目的格と主格の違いをを自然に気付いてしまう」はずです。で、概ねそういう人ばかりが英語の先生になるのです。

>私だって、日本語について、真剣に文法なんて勉強した事ないよ!!って思いっきり反論しときましたけど。

す、素晴らしい! 私にもできませんw

>今後、逆に日本語の文法について聞かれたときに、こんな答えをしてしまわないように気を付けようっと思いました。

とても素晴らしいと思います! そのとおりだと思います。
応援申し上げていますので、文法で分からないことがありましたら、ご連絡くださいね!(~w~)ノ

こんにちは。始めまして。
大変興味深く読ませていただいています。

英語で人とコミュニケーションを取ることも、海外旅行も大好きなのですが、英文法はかなり苦手(^_^;

でも、いつまでも、度胸だけで英語話してたらいけないなぁと、最近英文法をちょこちょこ勉強し始めました。

ネイティブの友人に、最近文法を勉強してると話すと、どんな勉強をしてるのか聞かれたので、関係詞の話をすると、キョトンとされました。

そして、勉強しなくても、自然に覚えるよ!!文法なんて勉強したことないけど、私は自然にwhoかWhomか選べるでしょ?!!正しい文章をたくさん読んだり聞いたりして自然につかむべきだ。と笑われました。

先生がおっしゃる、英語が得意な人やネイティブは文法を知らないし、苦手な人がなぜわからないのか気付けないっていうのは、このことか!!と実感しました(^^)丿

目的格と主格の違いをを自然に気付くまで、文章を読めなんて、なんて過酷なアドバイス・・・。
文法を勉強すれば5分で違いがわかるのに。

その友人には、私だって、日本語について、真剣に文法なんて勉強した事ないよ!!って思いっきり反論しときましたけど。

でも、今後、逆に日本語の文法について聞かれたときに、こんな答えをしてしまわないように気を付けようっと思いました。