HOME > 初心者英語 > 苦手なりの受験英語 > よく見かける『文法用語』を教えます > 謎の言葉?よく見かける『文法用語』を教えます!(17)


苦手なりの受験英語

 

2009年5月11日

謎の言葉?よく見かける『文法用語』を教えます!(17)

謎の言葉?よく見かける『文法用語』を教えます!


今回は「修飾する part2」です。「修飾する part1」はこちら。できればいったんpart1を確認してください。


一応改めて「修飾する part1」でやった内容の確認をしましょう。


修飾するとは
 ⇒文中のある語(句)が、別の単語の意味を「詳しく説明する」こと


「名詞を修飾する品詞」が   ⇒ 形容詞
「名詞以外を修飾する品詞」が ⇒ 副詞
というわけです。(形容詞副詞の詳しい説明はそれぞれのリンクをたどってください)


以上でした。


今回のpart2では、「形容詞」と「副詞以外のものの「修飾」について説明します。
形容詞」や「副詞ではないものが、単語や文を修飾することがとあるのです。それを紹介します。
というか、本当は既に説明し終えているんですけどね。


------------------------


名詞を修飾するもので、形容詞」以外のもの】とは、「形容詞」と「形容詞」のことです。ちょっと前にやったばかりですよ^^ 一応的まとめますと以下のようになります。


名詞を修飾するもので、形容詞」以外のもの
→「形容詞
<1>分詞(句)が「名詞」を修飾(詳しくはこちら(13)
 ・現在分詞のパターン
(1)I know the running boy.(私はその走っている少年を知っている)[runningboy修飾]
(2)I know the boy running in the street.(私はその通りを走っている少年を知っている)[running in the streetboy修飾]
 ・過去分詞のパターン
(3)I know the kicked boy.(私は蹴られた少年を知っている)[kickedboy修飾]
(4)I know the boy kicked by her.(私は彼女に蹴られた少年を知っている)[kicked by herboy修飾]


<2>前置詞句が「名詞」を修飾
Many people don't know the meaning of this word.(多くの人々はこの言葉意味を知らない)[of this wordmeaning修飾]


<3>不定詞(句)が「名詞」を修飾
He has the ability to speak English well. (彼は英語上手く話す能力がある)[to speak English wellability修飾]


→「形容詞
関係詞(節)が「名詞修飾
I know the girl that he loves. (私は彼が好きな少女を知っている)[that he lovesgirl修飾]


ここまでよろしいでしょうか?
では続き。

------------------------


【名詞以外を修飾するもので、「副詞」以外のもの】とは、「副詞句」と「副詞節」のことです。ちょっと前にやったばかりですよ^^ 一応的まとめますと以下のようになります。


名詞以外を修飾するもので、副詞」以外のもの
→「副詞
<1>分詞(句)が「文全体」を修飾(全て分詞構文。詳しくはこちら[長い&難しい])
 ・現在分詞のパターン
Reading a book quietly at night, I feel very happy.(本を静かに読んでいるとき、私はとても幸福だと感じる)[Reading a book quietly at night が I feel very happy という「文全体」を修飾]
 ・過去分詞のパターン
Killed by him, she was 18 years old.(彼によって殺されたとき、彼女は18歳だった)[Killed by him が she was 18 years old という「文全体」を修飾]


<2>前置詞(句)が動詞や文全体などを修飾
The accident happened on September 13, 2000.(その事故は2000年9月13日起こった)[on September 13, 2000happened修飾]


<3>不定詞(句)が動詞や文全体などを修飾
To speak English well, he needs more practice. (英語を上手く話すために、彼はもっと練習が必要だ)[To speak English well が he needs more practice という「文全体」を修飾]


副詞節
<1>接続詞が付いている節が、「文全体」を修飾
When I read a book quietly at night, I feel very happy.(本を静かに読んでいるとき、私はとても幸福だと感じる))[When I read a book quietly at night が I feel very happy という「文全体」を修飾]


<2>複合関係代名詞複合関係副詞が付いている節が、「文全体」を修飾
Wherever he may go, his dog follows him.(彼がどこへ行こうとも、彼の犬は彼の後を追う)[Wherever he may go が his dog follows himという「文全体」を修飾]


------------------------


という具合です。英文解釈の授業や参考書で【修飾する】という言葉が出てきた場合、そのほとんどのケースがこの「part2」のような使われ方のはずです。それぞれどういう構造になっているか、ぜひともよ~くチェックしてください。


次回は木曜日の更新です。


(↓目次はこちら)
目次ページへ

Comments