HOME > 初心者英語 > 苦手なりの受験英語 > 良くある質問とその返事の【ひどさ】 > 受験英語:良くある質問とその返事の【ひどさ】(8)


苦手なりの受験英語

 

2009年6月18日

受験英語:良くある質問とその返事の【ひどさ】(8)

受験英語:良くある質問とその返事の【ひどさ】


【良くある質問・その7】
私は英語が超~~苦手で大嫌いな高校生です。英語を学ぶモチベーションが上りません。なぜ英語を学ばなければならないんですか?


【返事の1つ】
英語を学ぶことは、他の人々の文化や考え方を知ることにつながります。あなたが思っている価値は唯一の価値ではないかもしれません。それは他の国を言葉知ることでそれを知ることができます。別の視点で考えることができるようになるわけです。英語を学びましょう! あなたが大人になる頃は、絶対に日常的に英語が必要になっています。(^^)


この返事の私の見解ここがひどい!


この


スーパー大嘘吐き


め!!


\(`o´ )/=3
おまえの意見に極一部にでも真実の要素があるものか!
特に
「別の視点で考えることができるようになる」
この部分だ!


私の見解
今回のこのシリーズ
特に(3)(4)を、英語が得意な人に読んでいただき、感想をぜひ聞きたいです。彼らでも「ふ~ん」とある程度は納得してもらえるかもしれません。しかし、英語好きな皆さん、心の底から「そうだ! そのとおりだ!」と思えますか?


「う~~ん、なんかよくわからん。少なくとも私には。。。」


ぐらいの感想だと思います。違いますか?


ところで、あなた方の主張はなんだっけ?
「英語を学ぶと、別の視点で考えることができるようになる」
ですよね!


英語のできるあなたは、本当に↑これができてますか?


「別の視点で考えることができるようになる」と主張しているくせに、「英語が苦手な人の視点では考えない!」いや「考えられない」のではないか?


違いますか?


ちっとも別の視点で考えることができてないじゃないかっ!


この大嘘吐きめ!


一方向(得意な人の視点)からしか見てない!、見れない!」ではないか!!!!


(だから私は怒っている)


それからなあ!


「あなたが大人になる頃は、つまりまもなく、絶対に日常的に英語が必要にになる時代が来ます。(^^)」


↑俺もそう言われてきたぞ! 中学・高校時代に! だが、今現在の日本で【日常的に】英語が必要なのか?


もしかして「必要」という日本語の意味が分からないのか?
・「なかったら困る」ではないのだよ。まして「あったほうが良い」でもない!
(1)必ず要すること。なくてはならないこと。また、そのさま。必用。
(2)どうしてもしなければならないこと。
(大辞林より)
という意味だぞ! 英語の先公!! 今の日本の現代社会で、日本の人口の何パーセントが「必要な状況下」だ?


「少なくとも俺の友達、親兄弟、知り合い一同、英語がどうしてもなくてはならない状況になんてなっちゃいないぞ!」まさかそれを否定するのか? 俺の周りじゃ、英語が必要な状況の日本人は99.9%いないぞ!


俺は思う。
英語の先公どもらは
「日常的に英語が必要になる」という予測を主張しているのではなく、「なって欲しい」という個人的な「願望」を主張しているだけだ!


俺はなあ! 中学、高校時代「お前が大人になる頃、絶対、日常的に英語が必要な社会になるのに、なぜお前は英語を勉強しないんだ!?」と英語の先生に怒鳴られ、殴られて、育ってきたんだ…

俺はもういい大人になった。
しかし、明らかに、今「日本は英語が日常的に必要な社会ではない」ではないか!

俺は、先公どもの個人的な願望が理由で殴られてきたわけだ! 違うか?


もし、今、本当に英語が必要な社会になっていれば
今の中学・高校生が「あなたが大人になる頃は、つまりまもなく、絶対に日常的に英語が必要にになる時代が来ます。(^^)」と言われないだろうに!
「また言われている」ということは来てない証拠に他ならない!


たぶん、30年後でも同じことが主張されるのではないか? いや 30年で済むか?


ところで、聖書によれば、
イエスの来臨だったか、最後の審判の日だったが「まもなく来る」
そうです。聖書が書かれたのは約2000年前なはずです。で、現在まで、まだやって来てませんよね。


つまり、聖書の「まもなく」は2000年たっても、まだやって来ていません


ところで、英語が好きな方の予言ってなんでしたっけ? 「あなたが大人になる頃は、つまり「まもなく」、絶対に日常的に英語が必要にになる時代が来ます。(^^)」という予言でしたか…


きっとこの「まもなく」は【3000年たってもやって来ない】と思います。つまり日本に英語が必要な社会は3000年来ません。少なくとも私にはそう思えます。彼らの信憑性が「0」だからです。


彼ら「英語ができると別の視点で考えることができるようになる」と主張しているくせに「英語の苦手な人の視点では考えない! 考えられない!」という「大嘘吐きです。


だから、得意な人の意見に、私は「信憑性」をまるで感じられません。こういった「得意な人の主張に信憑性を感じることができる」のならば、それは「よほどのアホ」だと思います。


明日はいつもの文法放送。この続きは月曜日です。(多分この話題の総括です。もしかしたら総括を2回分に分けるかもしれません)


(↓目次はこちら)
目次ページへ

Comments

>英語駄目人間さん
コメントありがとうございます。これぐらいのことは言いたいですよね。まだ良い足りないぐらいではないでしょうか?

英語好きな人は、英語嫌いな人の立場に置き換えることが極端に苦手なのではないかと思います。仮定法が苦手な方々ばかりですから。
つまり、「見方」が一方的な「視点」からしか常に見れない、という人が多いのではないかと思います。口では「英語が出きると別の視点から見れるようになり、別の価値が分かる」といっているくせに。実際は「自分の視点からしか見ていない」人が多いと思います。

彼らはたまたま英米圏の文化が気に入ったのだと思いますよ。別にそれを紹介したりするの悪いことではないと思います。そこから⇒「だから英語が必要だ」と言われると、「ふざけるな!」という話になりますが。

英米文化がお好きな方が日本文化に疎い傾向はあると思います。もちろん全員ではないですが。
特に英語好きな人は「歴史が嫌いな人」が多いですからね。
/beginner/article/mouthbird/2006/09/post_196.html
日本の伝統に詳しくない人は比較的多いと思います。

また、過去の伝統はもちろん、現在の日本の文化にも疎い人が多いです。今の日本文化って「オタク文化」が主流になりつつあるのですよ。で、英語好きな人にオタクは少ないのです。

こんな話があります。

・ある英語好きな日本人が「アメリカにホームステイをしたい」と考えて、ホームステイ先を探していた。
・あるアメリカ人家庭が、その日本人の受け入れを喜んで引き受けた。
・その家庭のアメリカ人少年は日本のアニメ、特に「超時空要塞マクロス」のファンであった。
・日本人がホームステイ先に着いた。
・アメリカ人の少年は「待ってました!」とばかり、アニメの話(特にマクロス)ばかりその日本人に話しかけた。


・ところが日本人は「マクロス」はおろか、宮崎アニメでさえ見たことが無く、全く話がかみ合わなかった。


「これが文化交流なんですかね?」と私は思います。

ではまた~★

こんばんは、英語駄目人間です。この手のシリーズは本当に大好きですw

前から思っていたことがあるのです。英語の先生方を始めとする「絶対に日常的に英語が必要にになる時代が来ます」と主張する方々を見ると「彼らは論理的思考力が欠如しているのでは?」と思うのです。

そもそも英語(またはその他の外国語)が日常的に必要である人とはどういった人たちでしょうか。私が思いつくのは消滅しつつある言語を母語に持つ人たち位だと思います。彼らの場合は生きていくうえで母語以外の言語を習得せざるを得ないのかもしれません。

それに比べて日本の場合はどうでしょうか。日本語という言語は非常に力の強い言語(というと御幣が有るかもしれませんが)だと思うのです。約1億3千万人が日本語を使用しています。日本語さえ習得していれば他人とのコミュニケーションも取れる上に、新聞やテレビ、インターネットと言った様々な媒体から情報を得ることが出来ます。日本語さえ習得していれば殆ど不自由しないのです。マウスバードさんの仰るとおり英語が必要な状況の日本人は99.9%いないのです。

日本国内で暮らす上で必ず英語が必要になる状態になどまずなりえないと思います。なるとすれば日本が米国の植民地になるとき位でしょうか。それですら必ず必要となるかどうかは怪しいところではありますが。

ではこの辺りで彼らが主張しそうなことを考えて見ます。
「もしもアメリカに転勤になった時のためにも英語が必要だ」
「もしもイギリスに旅行に行くことになった時のためにも(以下省略」
「これからはグローバル化の時代だから(略」
「外国の文化を理解する上でも(ry」

転勤に関しては英語が本当に嫌いならこのような企業に勤めなければいいのです。そもそもこういう方は少数でしょう。旅行についても日常的に海外旅行に行く人などそうは居ないでしょう。日常的に必要だとは思いません。グローバル化についても同様でしょう。「話せるに越したことは無い」程度だと思います。

英語が絶対に必要である時は受験のときだけです。我々英語嫌いは決して日常的とはいえないこの瞬間のためだけに、見るのも聞くのも嫌な英語と戦わねばならないのです。

更に言うとすると、「もし」を出せばキリが有りません。
「もしも中国に転勤になった時のためにも中国語が必要だ」
「もしも韓国に旅行に行くことになった時のためにも韓国語が必要だ」

これでは何ヶ国語も勉強しなくてはなりませんね。大変だ!!

外国の文化云々についてはマウスバードさんの言うとおりだと思います。さらに個人的に気になることがあるのですが英語の先生方はどれだけ日本の文化や考え方などについて知っているのでしょうか。多少の偏見も有るかもしれませんが、所詮は「外国被れ」ばかりだと思います。


またしてもグダグダな文章となってしまいましたね・・・・・・・・・。

それではまた。