HOME > 初心者英語 > 苦手なりの受験英語 > 雑談 > 雑談:ドラえもん:ぼくよりダメなやつがきた


苦手なりの受験英語

 

2009年9月21日

雑談:ドラえもん:ぼくよりダメなやつがきた

ドラえもん23巻(てんとう虫コミックス)の中に「ぼくよりダメなやつがきた」という作品がある。
大げさなことを言うと、小さいころに見たこの話が今の私を作ったかもしれない。


今ならyoutubeで見れるのでぜひ見て欲しい。
(↓これは新ドラバージョンだが、話の内容は同じ)
youtube「ぼくよりダメなやつがきた」




以下はyoutubeの動画が消えてしまった場合の説明である。
「ぼくよりダメなやつがきた」という話は以下のような内容である。
・のび太の学校に「多目くん」という少年が転校してくる。
多目くんは、のび太よりも成績が悪く、運動能力もない。
のび太は、多目くんの登場に大喜び。
・家に多目くんを呼び、宿題をいっしょにやる。のび太のほうが多目くんよりも出来がよい。
・勉強中、のび太多目くんに「そんなのもできないのか!」と言い、ご機嫌である。
・しずかちゃんの前で、2人のかけっこを見せる。のび太のほうが勝つ。のび太は大喜び。
のび太はジャイアンに野球のメンバーに誘われるが、へまして殴られるのが嫌なので、代わりに多目くんを推薦する。
・のび太は、家に帰って、ドラえもんに「どんな試合になるか、想像するだけで笑っちゃうよw」と笑う。


・ここで「ドラえもん」がひみつ道具を出す。


 「配役入れ替えビデオ


・そこでは
  「のび太」が「スネ夫」に、
  「多目くん」が「のび太」に、
 入れ替わった「過去のシーン」が映し出される。


・勉強中、スネ夫のび太に「そんなのもできないのか!」と言い、ご機嫌である。
・しずかちゃんの前で、2人のかけっこを見せる。スネ夫のほうが勝つ。スネ夫は大喜び。
スネ夫はジャイアンに野球のメンバーに誘われるが、へまして殴られるのが嫌なので、代わりにのび太を推薦する。
スネ夫は「どんな試合になるか、想像するだけで笑っちゃうよw」と笑う。


のび太は試合場に行く。多目くんがへまをしてジャイアンに殴られそうになっている。
のび太は、「やめろ! 多目くんを推薦したぼくの責任だ」と言って、代わりに殴られる。


・ドラえもんは、帰ってきたのび太を「よく殴られた!」と褒める。


・残念ながら多目くんは転校してしまう。のび太に「いじめっこに殴られるのかばってくれた」ことなどのお礼を言いながら…。


以上である。


―――――


正直、吐露する。
小学生の時のは、まさに「配役入れ替えビデオの中のスネ夫」であった。当時私は算数がバカみたいにできた。だから算数ができない友達を「そんなのもできないの?」とバカにしまくっていた。


その因果応報が中学・高校の時に訪れた。
中学・高校の時のは、まさに「配役入れ替えビデオの前の多目くん」であった。当時私は英語がバカみたいにできなかった。だから英語ができる友達から「そんなのもできないの?」とバカにされまくっていた。
友達はもちろん、英語の先生からも「そんなのもできないの?」とバカにされまくっていた。


英語のできる皆様、および、英語の先生の皆様
あなたは、「配役入れ替えビデオ」を見る前の「のび太」、になっていないでしょうか?


今は、私は英語を教える立場にある。
は、どんな場合でも「配役入れ替えビデオ」を見る前の「のび太」になりたくないのである。


次回は新シリーズ「英語嫌いのホントのワケ(仮称)」を始める予定です。
木曜日からです。よろしくお願いいたします。

Comments

>英語駄目人間さん
 英語駄目人間さんもこの話をご存じだったのですね。この話は個人的に大のお気に入りなので嬉しいです。(原作ではドラえもんの「よくなぐられた!」というせりふとコマがとてもステキですよね^^)
 これほど「言われる立場」を印象的に表現した話もないと思います。藤子先生は返す返すも偉大な人だったと思います。
 言う立場の側の人間は、いずれその報いがやってくるようですね。世の中よくできています。できるだけそういった報いが来ないように生きていきたいと私は心がけています。

懐かしいですね。原作で読みました。私のお気に入りの話ですw

テストがあれば5回に一回0点を取るのび太に対して、多目くんは10回中3回0点を取ってしまうのですよね。また、のび太よりも足が遅くて逆上がりも懸垂も出来ない。テレビゲームでものび太に勝てない。宿題を解くにものび太よりも時間が掛かってしまう。

そんな多目くんを見てのび太が下には下が居る(?)ことを知り、調子に乗っているところをドラえもんに咎められる話でしたね。

私にも似たような経験は有ります。中学時代まで数学が全く出来なかった私は高校入学後の”お迎えテスト”で学年で下から二番目という点数を取ってしまいました。そして、担任に散々嫌味を言われて同級生には馬鹿にされる破目となりました。恐らく彼らも自分よりも下の人間が居ることに安心したのでしょう。彼らの態度はこの上なく腹立たしかったです。

二年になって私は数学で学年で一番の点数を取ったのですが、このときは口に出さなかったとは言え、内心では少なからず「こいつ等はこんな簡単な問題も出来ないのかよ」と思ったものでした。まあ、結局私も同じようなことを考えていたわけです。そんな時期に、本棚にあったドラえもんのマンガ本を読み、自分ものび太になりつつある事に気がついたものです。


P.S.

センターの数日前、私が学校の無人の教室で自習していたところ、廊下からこんな声が聞こえてきました。

スイーツ女「英語駄目人間って数学しか出来ないよねwwww」

スイーツ(笑)な女子が私の陰口を叩いていましたw
彼女は志望校に落ちたそうです。ちょっと話はずれましたが、これも因果応報ですね。こうなる事は何となく分かっていたためか、私はそのまま自習を続けたのでした。

考えを改めなかったら、私も不合格になっていたかもわかりませんね。