HOME > 初心者英語 > 苦手なりの受験英語 > 英語嫌いのホントのワケ > 英語嫌いのホントのワケ(19)


苦手なりの受験英語

 

2009年12月 3日

英語嫌いのホントのワケ(19)

英語嫌いのホントのワケ


まず、前々回のものから。


英語が嫌いな人にお尋ねします(答える権利があるのは英語が嫌いな人だけです。受験英語が嫌い、なのではなく、英語そのものが嫌いな人です)


(その5)
【1】次の全文を訳しなさい
 It is well known that stress affects workers' health. When workers are not well, they lend to miss many days of work every year. The organizations they work for are, in turn, not as productive as they should be. However, levels of stress in different occupations, and the ways that workers relieve such stress, have been studied in depth. The organizational Psychology Association (OPA) , therefore, conducted a survey on the affects of stress on workers in four occupations and on the methods they use to relieve workplace stress.


【2】次の英文には英文として不適切な箇所があります。その部分を抜き出して訂正しなさい。
  We play baseball with they.


たぶん、あなたは【1】も【2】もまともに読まず、ここを見ていると思います。
しかし!
もし【1】か【2】のどちらかをどうしても解かなければならないとしたら、どちらのほうが「まだ解く気」になりますか?


<この問い>は【2】のほうが、まだ解く気になるはずです。
なぜなら、【2】より【1】のほうが、読み解かなければならない、英文の量が「少なくてすむから」です。


英語が嫌いな人の場合↓
【1】みたいな長い英文の意味なんかなともに分かるはずがない。まじめに取り組んだって、誤訳ばかりになるに決まっている。意味が分からない単語が山ほどある。全部引くのはめんどくさい。仮になんとか1つ1つの単語の意味が分かったところで誤訳ばかり作る。だから嫌だ。


となります。


その点【2】は、【1】に比べて圧倒的に少ない量だけ読めばいい。どうせ間違えるなら、こっちのほうが間違いの量は少ない。考える時間も少なくてすむ。


と考えるのが、英語が苦手な人です。


(本当はたこさんから、この(その5)に対する意見をもらいたかったのですが... 今からでもいただけないでしょうか?)

----------


(その6)
次の英文には英文として不適切な箇所があります。その部分を抜き出して訂正しなさい。
(1)John's car is very nice, but his taillight is broken.
(2)If you want a book to read, I'll lend you it.
(3)We play baseball with they.


「このうち1つは重箱の隅を突っつくような問題だ」とある人に指摘を受けました。
あなたはそれが(1)~(3)のどれだか分かりますか?


<この問い>は「分からない」になるはずです。
これは数学が苦手な人が
 (1) √7 は有理数かを示せ。
 (2) tan1°は有理数かを示せ。
 (3) cos60°は有理数かを示せ。
どれが「重箱の隅を突っつくような問題」なのか分からないのと同じなのです。
どのみち答えが分からないから、どれが「重箱の隅を突っつくような問題」なのか分からないのです。

英語が嫌いなたこさんは、分からないが(1)ではないかと答えてくださいました。実は「ある人」からいただいた指摘は(2)が重箱の隅を突っつくような問題のようです。私は「へ~」と思いました。


-----------


(その7)
that という単語に関する問題を以下のサイトで出題したことがあります。
http://smart.fm/users/mouthbird/journal/2009/8/5/171809-that
(↑リンクデットのため移転↓)
http://q-eng.com/diary/2135

1)ここに載っている問題は、重箱の隅を突っつく問題のように思えるでしょうか?
2)あなたが英語が嫌いになったのは、こういった問題の所為でしょうか?

英語が嫌いなたこさんからいただいたお返事は
「その7は読解で重要になってきますよね。自分なんかは知らないと絶対に読めません。これが重箱の隅をつつく問題ならば多くの人が英文読解出来ないと思います。」


でした。


2)に対しては「そうではない」となるはずです。
(ここもはっきりたこさんからお返事をいただけなかったですが、「そうではない」で
よろしいでしょうか、たこさん?)


------------


(その8)
代名詞に関する問題を以下のサイトで出題したことがあります。
http://smart.fm/users/mouthbird/journal/2009/10/28/183527
(↑リンクデットのため移転↓)
http://q-eng.com/diary/2102

1)ここに載っている問題は、重箱の隅を突っつく問題のように思えるでしょうか?
2)あなたが英語が嫌いになったのは、こういった問題の所為でしょうか?


1)は思えないはずです。(ここもはっきりたこさんからお返事をいただけなかったですが、「思えない」でよろしいでしょうか、たこさん?)
2)に対しては「そうではない」となるはずです。
(ここもはっきりたこさんからお返事をいただけなかったですが、「そうではない」で
よろしいでしょうか、たこさん?)


------------


(その9)
たとえばアメリカ英語では~だがイギリスだとこういうとか、my name is は「我が名は」という感じに聞こえるから使わないほうが適切である...という情報を
1)あなたは、重箱の隅を突っついているように感じるでしょうか?
2)こういった情報を聞けば聞くほど英語が嫌いになりそう、と感じますか?


1)は、むしろ「たこさん」のご意見です。こういう情報が、英語が嫌いなたこさんにはこういう情報こそ「重箱の隅を突っついているように感じる」のです。


2)感じるはずです。


この 2)に対する感想もたこさんから伺いたいのです。「感じる」でしょうか?
すみません、たこさん、はっきり意見を書いていただけないでしょうか?


------------------


たこさん以外の英語が嫌いな方へ。今からでも良いので、(その5~その9)に対する意見が欲しいです。解答権があるのは「英語が嫌いな人」のみです。(受験英語が嫌いなのではなく、英語そのものが嫌いな人です)


よろしくお願いいたします。m(_ _)m


明日はいつもの文法放送。この続きは、来週の月曜日です。


(↓目次はこちら)
目次ページへ

Comments

>Dr.Sさん
なるほど。ネイティブらしい表現を重要でないように感じるのですね。この辺は私(4のタイプ)に近いです。
で、これを、自分で調べろと言われたり、もし試験で出されるような場合だと嫌いになると、ふむふむ。
3-1や3-3タイプに知って欲しいですね。
追加のご感想ありがとうございました。

マウスバード様

どうも、Dr. Sです。(その9)に関する補足です。
正確な感想は、「重箱の隅をつつく」というよりは、「重要でない断片的な情報」であると感じます(似たようなものかもしれませんが)。

(その9)の(2)についてですが、これはあくまでも現在の私の感想です。現在の私に必要な英語は
1. 学術論文の作成および読解のための英語
2. TOEFLやTOEIC等の試験のための英語
3. 国際会議の議論のための英語
と目的が明確です。したがって、(その9)のような知識は、大部分が不要ですぐ忘れても問題ないし、必要の知識は少ないのですぐ覚えられます。

仮に、私が高校生だとして、(その9)のような知識を、英語教師が板書もせずに口頭だけで説明し試験に出す(板書等の記録が残る形であれば一応覚えますので、まあいいかという感じです)、さらに、自分でこのような知識を調べることを強要し、試験出すようであれば、嫌いになる可能性が高いです。

>Dr .Sさん
たびたびのコメントありがとうございます。
3-2タイプの感想として、参考になります。
3-2タイプですと、英語が嫌いな人と概ね同じ感想になりますね。
ちょっと驚きました。
英語嫌いな人と大きく違うのは(その9)の(2)ですね。
Dr.Sさんにとってここは嫌いにならないポイントなのですね。なるほど。
英語嫌いな人は、ここが嫌いになるポイントになります。
ここは、意外と重要なのではないかと思いました。なるほど~
凄くありがたい意見でした。今後とも、何かにつけてご意見をいただけると嬉しいです。
どうぞよろしくお願いいたします。

マウスバード様

ご無沙汰しております。Dr .Sです。あまり参考にならいとは思いますが、一応、私の意見を述べます。なお、私は、おそらく、前述の3-2のタイプと思います。(私の受験当時は東大や京大を受験する人は大部分、「英文解釈教室」を使用していたので、世の大部分の人は3-2だと思っていました)

少し面倒だと思いつつも、何となく、一応、【1】に目を通す。ただし、どちらか一方で良いなら、楽なので【2】を選ぶ。

(その6)
どれも、それなりに重要な事項だと思います。(特に、論文等の英文作成においは)
また、数学のもんだについては、どれが重箱の隅をつつくか分かりません。(しかし、背理法の論証法は使っていないのでかなり忘れていました。)

(その7)
読解には極めて重要であると思います。故伊藤和夫先生なら長々と説明しそうな事項ですね。

(その8)
読解ではつい軽視しがちですが、特に、論文等の英文作成においは重要になると思います。論文をネイティブ・チェックされた場合、かなり修正される事項ではないかと思います。

(その9)
(1) 少し、重箱の隅をつつくように感じます。
(2) 聞き流して忘れるだけなので、特に嫌いになることはないです。
ただし、実用英語を標榜する人はこのような情報を重要視する印象を受けます。正直、断片的な情報はいくら重ねてもきりがなく、多くの場合は忘れるだけで意味はあまりないと思われます。もし、意味を持てたせるには、例えば、中学・高校の教科書を全て調べて(範囲を確定する)、出典を明記した上で、体系立てて配列して説明をすれば、意味は出てくるのではないかと思います。

>たこさん
まとめありがとうございます。月曜日の回でご意見を反映させました。
1つお聞きします。
・(その7)と(その8)の1)を「思えない」としましたが、間違いないでしょうか?
違っていたら早急にご連絡をお願いいたします。他にもおかしな部分があったらご指摘ください。
大変助かりました!(^^)


>英語駄目人間さん
コメントありがとうございます。1人より複数のほうが説得力が増すのでとてもありがたかったです。月曜日の回でご意見を反映させました。
>cos60°が有理数であることは高校一年生レベルの数学の授業を受けた人間にとっては周知の事実です。ただ実際は三角比の定義を深く考えずにcos60°=1/2とだけ覚えている方が多いので、そういう方にとっては少し難しいことかもしれません。
なるほど、かえってこっちの方が重箱に思えるのですね。「1の次は2なのか」みたい質問ですからねw

こんばんは。英語駄目人間です。

数学が好きで尚且つ筋金入りの英語嫌いです。受験英語云々以前に英語そのものが死ぬほど嫌いです。

返信したいと思ったのですが、中々英語の問題を読む気が起きずに随分と遅くなってしまいました・・・・。申し訳ないです。


まずは(その5)について。
勿論私も両方飛ばして読みました。アルファベットが目に入ると意識せずとも、目を逸らしてしまう習性があるからです。

まあ、どちらかを解けと言われたらまだ【2】の方がましですね。理由の方も全面的に肯定できます。

次に(その6)について。

どれが重箱の隅を突っつくような問題か・・・・・。見当もつきません。

話題から少し逸れますが、ついでに数学の方も・・・・・。体力、気力の回復も兼ねて・・・・。

数学の問題の方は(2)でしょうか。確か京大の後期試験の問題でしたね。私のお気に入りの問題です。英語の問題よりこちらの方が遥かに簡単な気もしますが、まあいいでしょうw

また、考え方によってはある意味(3)も重箱の隅を突くような問題と言えなくも無いかもしれません。あくまで「示せ」ですから。きちんと根拠を示さなければいけません。

cos60°が有理数であることは高校一年生レベルの数学の授業を受けた人間にとっては周知の事実です。ただ実際は三角比の定義を深く考えずにcos60°=1/2とだけ覚えている方が多いので、そういう方にとっては少し難しいことかもしれません。

「分数の割り算はなぜ逆数を掛けるか」と同じようなものかもしれません。

数学に関してはまだまだ書きたいことはたくさん有りますが、とりあえず本題は英語なのでこの辺で止めておきます。


(その7)
1)知らないと英文を読むことは難しいと思います。もっとも今となっては殆ど覚えていませんが、取り合えず重箱の隅を突っつく問題では無いかと思います。

2)「そうではない」が私の答えです。私が英語が本格的に嫌いになったのは中学校一年生が最初に学ぶレベルの「誰でもわかるような文」が分からなかったためです。

(その8)
1)これも重箱の隅を突っつく問題ではないでしょう。

2)これまた「そうではない」が私の答えです。理由は(その7)と同じ。

(その9)
1)これこそ重箱の隅を突っつくようなものだと思います。いや、それどころか「どうでもいいレベル」の話だと思います。私が英語の先生にこのようなことを教えられたとしても「それが何か?少し黙ってて下さいね^^」位にしか思わないでしょう。

2)感じます。このような情報は聞きたくも有りません。余計混乱します。


これが私の回答です。英語に対する回答よりも数学の方に夢中になってしまいましたが、概ねマウスバードさんの予想通りだと思います。

ハイ、ではまとめますね。
まず、3年前の全く英語が出来ない自分を・・(i)
ある程度努力し出来るようになった今の自分を・・(ii)とします。
その5
(i)のとき
【1】の長文羅列は見たくもない【2】ならばすべての単語を辞書で引いてもそこまで時間がかからないし楽そう。よってどうしてもどちらか解かないといけないなら【2】。

(ii)のとき
解けと言われたらどちらでも良いけど楽そうだから【2】。

その6(i)=(ii)
わからない。この問題難しい。どのみち答えがわからないし、どれも同じようなものかと。
嫌いにする力は(1)~(3)まで同じ。英語だから。
詰まり「そうではない」

その7(i)
知らないなぁ、これも身に着けないと困りそうだ。
→「そうではない」

(ii)
一応全部身に付けました。これは知らないと駄目でしょ。→「そうではない」

その8
「そうではない」、でよいです。
これは英作文の問題集に載ってることでしょうかね?

その9
(i)
(1)重箱の隅をつつく問題に感じまくる。
(2)英語がますますどんどん嫌いになる。

(ii)
(1)「へ~」と思う。思うだけ
(2)今でもそれを強制されたら英語は嫌いになる


こんなところでどうでしょうか。ちょっとわかりにくくなっていますが。