HOME > 初心者英語 > 苦手なりの受験英語 > 英語嫌いのホントのワケ > 英語嫌いのホントのワケ(22)


苦手なりの受験英語

 

2009年12月17日

英語嫌いのホントのワケ(22)

英語嫌いのホントのワケ


本当は今回でこのシリーズの最後にしようと思いましたが、撤回します。
でも、概ね終わっていますから、ここでここまでを総まとめましょう。


-------------------------------------------


ここまでの総まとめ


(1)英語好きな人がよく言う、次の2つ主張はどちらも間違いである。


  A・文法の所為で英語嫌いが増える
  B・基本的な文法はともかく、難しい文法の所為を教わると英語嫌いが増える。


実際に↑そんなんで英語が嫌いになった人は、1人もいない
 証拠:実際に英語嫌いにアンケートを取ると↓こうなる。
/beginner/article/mouthbird/2009/12/post_671.html


(2)「英語好きな人」は「英語嫌いに聞き取り調査もしない」くせに「英語嫌いは○○の所為で英語が嫌いになる」と主張することがある。


★ 英語好きな人はこれをちゃんと調査をした形跡が全くない。該当者への調査なしで「自分の想像と妄想」を堂々と主張する人がいる。


------------
(3)難しい英文に対する反応は、概ね以下の4タイプ6種類がある。しかし1~3の人は、「英語学習者は全員、自分と同じタイプである」と信じている。(例えば、自分が3-3なら、英語学習者は全員3-3だと思っている。他のタイプの存在を認めにくい)


◎分類(4タイプ6種類)
 1のタイプ…訳例を作るとメチャクチャな訳になる。しかし、その訳例を自分では合っていると信じ込み、自分の間違いを認めない。テストで×をもらって初めて「困ったな」と思うタイプ。「文法(用語)」に拒否反応を持つ


 2のタイプ…訳例を作るとメチャクチャな訳になる。しかし、その訳例を自分で間違いだと気づける。自分の間違いを認められる。先生の文法的な説明を聞くが、その説明が分からない。文法(用語)を覚えていないためである。「文法(用語)」に拒否反応を持つ


 3-1タイプ…訳例を作ると、ちゃんと作れる。文法なんかほとんど知らない。でもちゃんと訳例は作れる。語学の才能が溢れる人。文法の有用性がさっぱり分からないタイプ。「文法(用語)」に拒否反応を持つ


 3-2タイプ…訳例を作ると、ちゃんと作れる。文法を知っていて、先生の説明が分かるタイプ。文法の有用性は分かるタイプ。「文法(用語)」の拒否反応は薄い。


 3-3タイプ…訳例を作ると、ちゃんと作れるか「おしい」ぐらいにはなる。基本的な文法の有用性は認めるが、複雑な文法の有用性を認めない。文法に拒否反応がある。特に複雑な文法にはあからさまな拒否反応がある。


 4のタイプ…訳例を作ること自体を放棄。よほどのことがない限り作らない。仮にに自力作ればメチャクチャになる。無理やり作らせると翻訳サイトで作ってごまかすだろう。


この6種類のうち、英語が嫌いな人4のタイプだけ。


------------


(4)英語好きな方は、英語嫌いの感想がピンと来ない(実際のアンケート結果にピンと来ない)


そして、(私はここを1番怒っているのですが)


(5)「英語好きな人」は「英語嫌いに聞き取り調査をする気がない」
 ★違いますか? そこの英語好きな人?


あんたらは、「英語を使って、世界中の人とコミュニケーションを取れるようになろう!」とか言っているくせに、「英語嫌いの人とコミュニケーションを取る気がない」のではないでしょうか?


世間では↑こういう人たちを「嘘吐き」というと思います。


-------------------------------------------


こうした現状に対して私は憤慨しています。
こんなことを続ける限り、英語嫌いは、英語好きな人(英語の先生を含む)を信用しなくなります。
こういうことで、英語嫌いは「ますます英語が嫌いになっていく」のではないでしょうか?


英語好きな人へ、、、

あなたは「英語嫌いの実感」に対してピンと来ないのはわかります。
ですが、せめて…


せめて、せめて、せめて!!!


「実際に英語嫌いな人に「なぜ嫌いなのか【聞き取り調査】」をしてください」


 ちゃんと英語が嫌いな人にヒアリングしろってんだ! 卑怯者めが! する気ねーだろう? 違うかね?


いやしくも
「英語を使って、世界中の人とコミュニケーションを取れるようになろう!」
「そのために、英語が大事だ」
とおっしゃるならば、
「英語嫌いの人とコミュニケーションを取って、彼らがなぜ嫌いなのかを尋ねて」当然ではないでしょうか?


 なんでしないんですか? 「英語嫌いな人にヒアリングしないで、自分の感覚の主張するあなたの姿」を見ると、私は「英語を身につけると他人とコミュニケーションしなくなるのか」とさえ思います。だって、あなたは英語嫌いな人とコミュニケーションを取ってくれないですからなあw


該当者にヒアリングしないで、勝手に「英語嫌いな人は○○の所為で嫌いになる。○○の所為で英語嫌いが増える」などと主張するから、私は怒っているのです。

なお、ちゃんと英語嫌いな人にヒアリングすれば、あなた(英語好きな人)の発想・主張とは真逆の結果になるはずです。


どうせ主張するなら「ヒアリング結果を踏まえた主張をして欲しい(あんたの勝手な妄想ではなくて)。」と私は切に願っています。


-------------------------------------


明日はいつもの文法放送。次回は月曜日です。


(↓目次はこちら)
目次ページへ

Comments