HOME > 初心者英語 > 苦手なりの受験英語 > 英語嫌いのホントのワケ > 英語嫌いのホントのワケ(24)


苦手なりの受験英語

 

2009年12月25日

英語嫌いのホントのワケ(24)

英語嫌いのホントのワケ


ごめんなさい。予定の更新が1日ズレてしまいました。


前回で確認したことを取り上げます。それは


英語が嫌いになるのは「分からない」ということと多分に関係がある


という点です。


ここで端的に言ってしましょう。


●英語が嫌いなる人は…「学習している英文の意味が分からなくなった時点で嫌いになる」
●「意味が分からなくなる英文」は人によって異なる


例えば、何度も例に出していますが


 What is war?


たぶん、ここを見ているほとんどの方が「この英文の意味ぐらいは分かる」と思います。
ところが「What is war ? の意味が分からなくてつまずいた生徒」は存在します。彼は、私が初めて会った「私より英語ができなかった高校生3年生」でした。彼は、こうしたたった3語の英文でさえ「分からなかった」わけです。


 実は「中学の頃の私」も大同小異です。「(似たような)簡単な英文」の意味が分かりませんでした。


・授業で当てられて「意味を言え!」と言われて、シドロモドロ。
・友達、仲間、笑われ、恥ずかしい思いします。
・そして、先生や友達からは、概ねこう言われたものです。


「なんでオメーこんな簡単な英文が分からないんだ? 英語の勉強が足りない! もっと勉強しやがれ!」


 ここです! まさにここ! 


世間で「簡単」と言われるような問題を精一杯考えて、間違えたとき、
このときに「英語が嫌い!」という気持ちが芽生える
のです。


精一杯考えてるのです。しかし間違えて、周りからは「英語の勉強が足りない!」と言われるのです


ここが「ミクロな視点」で、英語嫌いが生まれる瞬間だと思います。


次回は「マクロな視点」で、英語嫌いが生まれる瞬間を説明します。次回の更新は来週の月曜日です。


なお、今日は金曜日ですが、文法放送はありません。文法放送は新年1月8日より行います。


(↓目次はこちら)
目次ページへ

Comments