HOME > 初心者英語 > 苦手なりの受験英語 > 受験 英語嫌い 克服の極意 > 受験 英語嫌い 克服の極意(1)


苦手なりの受験英語

 

2010年1月11日

受験 英語嫌い 克服の極意(1)

受験 英語嫌い 克服の極意


今回の新シリーズは「受験 英語嫌い 克服の極意」と題します。


このブログ全体が「英語嫌いがどうやって受験を突破するのか」を具体的にガシガシ書きこんでいるつもりです。サイトも同様です。しかし「心構え」といった要素が少ないのではないかと思ったのです。今回はそれをメインの話題として書きます。


「英語嫌い 克服」をネットで検索すると、おかしなものばかり出てくるので、頭にきて作ることにしました。


「英語嫌い 克服」をネットで検索すると
(1)いかがわしい宣伝
がほとんどです。


もしくは


(2)「英語嫌いを克服していない人間(つまり、英語が嫌いでなかった人間)」が、「これが克服法である」と主張している


といったものばかりです。
特に(2)酷いですよ。克服してないのに「これが克服法だ」と主張している人たちが大勢います。この人たちの神経を疑いますよ。ホンマに。どういう神経をしてるんだろう?
もちろん内容は、「的外れなもの」ばかり。めちゃくちゃ頭にきています。


そこで今回のシリーズのテーマとします。


次回から本格的に始めます。14日(木)から始めます。
(注意:18日(月)の更新は、センター2010年度の講評になります)


お楽しみに。


(↓目次はこちら)
目次ページへ

Comments

>たこさん
ご無沙汰です。いよいよセンターですね。
もしこのシリーズで、質問コーナーを設けたらまたお答えいただければ嬉しいです。
早稲田理工が1番行きたいのですね。念願が適うことを心からお祈りいたします。(~人~)ナムナム…

お久しぶりです。久しぶりにこのページに来ました。

今回も有意義なテーマですね。私は大分克服出来たかなぁと思っています。また何か質問があったら答えたいです。

出願校を決定しました国立後期はどう転んだって受かる場所を受けますが心のそこから行きたいと思える大学は前期に受けるところと早稲田理工です。

早稲田の理工でも先進理工は一番難しいようで四苦八苦しながら勉強しています。

国立のほうが学費が安いからと一応一番と口外しているのですが、心のどこかでは一番行きたいのは早稲田かもしれません。