HOME > 初心者英語 > 苦手なりの受験英語 > 受験 英語嫌い 克服の極意 > 受験 英語嫌い 克服の極意(5)


苦手なりの受験英語

 

2010年1月28日

受験 英語嫌い 克服の極意(5)

受験 英語嫌い 克服の極意


前回は、
→英語を学ぶとき、
英語が嫌いな人
→英語をなるべく苦しまずに学びたい。


 しかしこのとき!


英語が嫌いな人の多くは
→英語をなるべく苦しまずに学べないかと
英語好きな人に相談し、
【より苦しむ方法】しか教わらない


というお話でした。


なるべく苦しまないためには、英語好きな人なんか相談しちゃダメですよ。
よろしいでしょうか?


------------


さて、では
(2)でも、人間の性(サガ)として、なるべく苦しまない方法を考えてしまう
 ↑これについてもっと考えましょう。


英語嫌いにとってどうしたって「英語学習は苦しい」のです。「全く苦しみを伴わない」というのはありえません。残念ながら、英語が嫌いな我々は「苦しみ度数0」ということはありえないのです。


つまり、残念ながら、英語嫌い


苦しむ覚悟


必要だと思うのです。


例えば
・毎日、見たくもないアルファベットを見続ける覚悟!
がいるわけです。


思い起こせば、、、、、


私が、中学や高校時代、常日頃「英語を何とかしよう」と思っていました。その頃は「楽して何とかしよう」としか思っていませんでした。


こういう人(私)が頼るのは「もっともらしい教材・参考書」です。
例えば
・聞き流すだけで英語が得意になるテープ
・1週間で英語ができるようになる本
・10日間で中学英語をマスターする本
 …
 …
当時、↑こんな教材を山ほど買いましたよw まだ現存してるなあw


当時結果どうなったでしょう? あ~はっはは~~
できるようになったわけがないww


こんなんでできるようになる人はどれくらいいるんでしょう 0ではないとは思いますよ。でも「こんなんでできるようになった人」が「元々英語嫌いだった人である場合」はどのくらいあるのでしょうか? おそらく、歴史上「0人」ではないでしょうか? 


少なくとも、私はならなかったです。うらみましたよ(教材の製作者を)。


失敗した原因「楽して何とかしよう」としたこと、だったと今から思えば思います。
当時の私には


苦しむ覚悟


がなかった、足りなかったのだと思います。今から考えれば、「苦しむ覚悟」が、私の英語力を上げたと思います。


でも、【できるだけ苦しまないように】という意志は働いていましたよ。私はマゾじゃないですからねw)
次回も引き続き、【できるだけ苦しまない】をテーマにお話を続けたいと思います。


明日はいつもの文法放送。この続きは月曜日です。


(↓目次はこちら)
目次ページへ

Comments