HOME > 初心者英語 > 苦手なりの受験英語 > what を克服せよ! > What を克服せよ!(13)


苦手なりの受験英語

 

2010年6月 3日

What を克服せよ!(13)

whatを克服せよ


今回は↓この英文をご覧ください。


What she said to me made me happy.


今度は文頭にいきなり what があります。英語が苦手な人はこういう文が苦手です。
まず、この英文の意味が分からないと思います。どうでしょうか?


まず英語が苦手な人は、 文頭にwhat があると、「この文は疑問文で、whatは『』という意味だろう」と反射的に考えがちなのです。でも良く見てください。最後に「?(クエスチョンマーク)」がありません。つまり、これは疑問文ではないのです。


とすれば、考えられるのは、そう、この what は「関係代名詞」なのです。
つまり、
 英語が苦手な人は、「whatが文頭で関係代名詞で使われた英文の意味を取るのが苦手」なのです。


●切れ目を探せ


What から始まっているくせに、疑問文でない英文は、「関係代名詞のwhatが使われた英文」なのです。でも英語が苦手な人は意味が取りづらい。ちょっとしたコツをお伝えします。


2つめの動詞の手前が切れ目だ! その手前までを[  ] でくくれ!


↑これがコツです。↓これでやってみましょう。


What she said to me made me happy.


個目の動詞は said ですが、個目の動詞は made。ここまでを[  ] でくくります。


[What she said to me] made me happy.


この [What she said to me] の what が「関係代名詞のwhat」です。だから whatthe thing(s) which と取り替えましょう。


[The thing which she said to me] made me happy.


かっこ入れると、


[The thing (which she said to me)] made me happy.


which が何格かを考えましょう。
 主語はありますね。she です。したがって主格ではない。
 目的語は? あ、「他動詞 said」 の目的語がない!
したがって、この which目的格の関係代名詞です。

本来は She said the thing to me.(彼女は私にそのことを言った)
であって、the thing が飛び出たのです。


[The thing (which she said・to me)] made me happy.


ここまでくると[  ] という記号はないほうが分かりやすい。
取っ払うと↓


The thing (which she said・to me) made me happy.

となります。ここまでで分かる人は分かるのですが、どうでしょうか?
↓こうなんですよ。


The thing (which she said・to me) made me happy.
   S                        V    O   C


make OC は「OをCにする・させる」という意味です。だから
そのこと(the thing)は、私(me)を幸せ(happy)にした


で、
the thing に、(which she said・to me) という修飾語がついているんです。


本来は She said the thing to me.(彼女は私にそのことを言った)
だったわけだから、


The thing (which she said・to me) …この意味は
「彼女が言ったこと」になります。


したがって↓この意味は
The thing (which she said・to me) made me happy.
   S                        V    O   C


・The thing (which she said・to me)=「彼女が言ったこと」
・make OC は「OをCにする・させる」
 ⇒「彼女が言ったことは私を幸せにした


となるのです。ここまで良いですか?


---


ではでは!


The thing (which she said・to me) made me happy.
はもともと
[What she said to me] made me happy.…こうだったのですよ!


つまり
What she said to me made me happy.の意味は
 ⇒「彼女が言ったことは私を幸せにした
となるのです。
」という意味でもなければ疑問文でもないのです。


文頭が関係代名詞のwhat の場合、こんな感じになります。
お分かりいただけるでしょうか?


明日はいつもの文法放送。
この続きは来週の月曜日です。


(↓目次はこちら)
目次ページへ

Comments