HOME > 初心者英語 > 苦手なりの受験英語 > 英語を喋りたくないって言ってるだろうが! > 英語を喋りたくないって言ってるだろうが!(3)


苦手なりの受験英語

 

2010年7月 1日

英語を喋りたくないって言ってるだろうが!(3)

英語を喋りたくないって言ってるだろうが!


まず、この時点で「日本人はみんな英語を喋りたがっている」と思っていらっしゃる方に伺います。


あなたは「日本人はみんな数学を解きたがってる」と思いますか?


英語好きな人の多くの人が「そんなわけがないやろが!」と思っていると思います。英語好きな人の多くが数学嫌いだと思いますから。「数学の嫌な思い出が脳裏に思い浮かぶ」はずです。数字なんか見たくもないはずです。それが「数学嫌い」というものです。


数学嫌いは数学を解きたがるわけがない!」…こんなの自明ですよね。


 


では、数学嫌いなあなたに伺います。


英語嫌いはみんな英語を喋りたがってる」と思いますか?


…お分かりですね。
英語嫌いは英語を喋りたがるわけがない!」…のです。


実に単純。


 


ですが、ですが、「なぜか英語好きな人はこれを認めない」のです。


何でなんでしょうね?


----


たぶんですが「想像できない」のだと思います。
つまり、はっきり言えば「想像力がない」!


妄想力」はあるんですよ! 「英語嫌いな人も本当は英語を喋りたいはずだろうに!」と妄想する力は! 自分にとって気持ちいい、都合がいいことは、簡単に妄想できるようです。自分にとって都合が悪いことは「現実であっても」そうだと認めないようです。


妄想想像は違うのです。


日本がワールドカップのサッカーでパラグアイに勝ったと妄想することはできますが、現実負けたのです。負けた現実を認めなかった人がいたら、その人は「妄想」しかできない、「妄想癖の病人」だと思いませんか? 私に言わせれば、英語教師のほとんどはこの種の「妄想癖の病人」だと思います。


----------


英語嫌いな人は、必ずこの種の洗礼に合います。


例えば、英語の先生にニコニコしながら、こう言われるのです。


君らだって本当は英語を喋りたいはずだ! そうだろう?
と。


この瞬間に英語嫌いは更に英語が嫌いになります。英語嫌いは「英語を一言も喋りたくない」ってことが現実なのです。それは文字通り自明なのです。


こう言われた私は↓こう思ったものです。


「てめえが喋りたいだけだろうが! 俺は何度も【英語なんて喋りたくない】って言ってるじゃないか! なぜ俺を信じない? テメーは妄想癖の病人か?」
「なんでこんな病人が学校の先生をやっているんだ? こんな妄想癖教師の下じゃ英語なんかやりたくねえ! フザケンナ!」
と。


私は当時「英語教師は自分の都合のいい意見だけを認めて、人の意見を頭から否定する、妄想癖の病人」とインプットしました。


多くの英語嫌いの生徒は「概ね同じ目」に合ってきていると思います。こうして英語嫌いは、英語教師との「信用関係」が築けません。こうして英語がますます嫌いになるのです。


明日はいつもの文法放送。この続きは来週の月曜日です。


(↓目次はこちら)
目次ページへ

Comments

>英語駄目人間さん
3位おめでとうございます。(ピカチュウ、ライチュウ…♪)

>>「生徒はみんな英語を喋りたがっている」
>どうやら本気でそう思っているらしいです。信じられません。

そうなんですよね。ちょっと考えれば、そんなことはありえないのに。つまり何度も言ってますが、彼・彼女らは、自分の都合の良いことしか考えられない「病人」なんだと思います。
ちょっと現実を見れば分かるのに。

>>「英語そのものが嫌いなのではなくてあくまで受験英語が嫌いなだけだ」
>そりゃあ受験英語も嫌いですよ・・・・。そこは正しい。ただ、我々のように本気で英語を嫌っている人は受験英語以前に英語そのものが嫌いです。

この「事実」も彼・彼女らは認めないですよね。

>中学高校と三年間ずっと不快な思いをしてきたのですが。信頼関係など築けるわけが有りません。

そうなんですよ。こんな明快な「事実」すら認められない連中と信頼関係なんて築けないですよね。だからますます英語嫌いになるのに。

>つくづくどうしようもない方たちだと思います。哀れみすら覚えます。どことなく、カルト宗教にはまってしまった信者達と似ているような部分があるように思います。

英語嫌いな生徒には、英語の先生がこう見えてしまうんですよね。
たぶん、「この事実」も英語の先生方は認めないでしょうね。

裏付けるご意見、ありがとうございました。


>ブルゴさん

お久しぶりです。お元気でしたか?
Yゼミの授業はいかがですか?

おお、ヲタですか。仲間ですなあ~。(今年はけいおん見ちゃ駄目ですよ^^)

>僕は英語がかなり苦手で嫌いでした

ふむ。そうですか。「でした」ということは過去形ですね^^

>文法でしっかり考えるの好き+例文暗記ok+英語が喋れるようになりたい等々

ブルゴさんは
・英語が嫌い⇒文法をがんばった⇒その所為で英語がやっと分かるようになった⇒英語の嫌いさが薄れた。
という方ではないでしょうか?

私の「ネットアドバイザー遍歴」の中で「このようになった人」は大勢います。
こういう人の中には2人ほど「マウスバードさんのおかげで英語が好きになりました」とわざわざメールで連絡を下さった方もいます。

>僕はそろそろ予備校が夏季なので英語はDUOの例文完全暗記と富田先生の読解の本(文法や法則をガチガチに使って読んでいくタイプ)をマスターするつもりです。

いいと思いますよ。
夏休み明けたら、11月だと思って(体感的には9~12月が2ヵ月しかないと思って)がんばってください。

コレは面白いテーマですね。酒が好きな人があまり得意でない人に進める図・・みたいなものなのでしょうか?自分は経験ないのでわかりませんが。

僕はヲタクなのでアニメとかマンガが好きですがあまり人には勧めすぎないようにしないとなぁと思いました(笑)

ところで僕は英語がかなり苦手で嫌いでしたが将来の為にバイリンガルになりたいなと考えています。

数学の問題を解きたがってる&作りたがってるかつ英語を読めたらいいなぁと思っている&英語を喋れたらいいなぁと思っています。

それはやっぱり科学の国としてのアメリカへの憧れなのだと思います。

僕はそろそろ予備校が夏季なので英語はDUOの例文完全暗記と富田先生の読解の本(文法や法則をガチガチに使って読んでいくタイプ)をマスターするつもりです。

マウスバード先生の知ってる人の中では僕は結構異端かもしれませんね。文法でしっかり考えるの好き+例文暗記ok+英語が喋れるようになりたい等々 う~ん

では長文&駄文失礼しました。

こんばんは。ポケモンサークル内の大会で三位入賞を果たした英語駄目人間です。大して勉強もせずにポケモンばかりやっていた甲斐があるというものですw

本題ですが、本当にこの手の英語教師は多いですよね。不思議なまでに多いです。

少なくとも英語以外の教師、例えば数学の教師で生徒全員が「本当は数学が出来るようになりたい」とか「数学の問題を解けば面白い」と思っていると考えている教師は私の経験上ほぼ皆無です。彼らの殆どは、数学が嫌いな生徒が星の数ほどいることを自覚しています。

ですが、不思議なことに英語の教師だけはそうではないようです。

「生徒はみんな英語を喋りたがっている」

どうやら本気でそう思っているらしいです。信じられません。あとは、こんな考えの人も居ました。

「英語そのものが嫌いなのではなくてあくまで受験英語が嫌いなだけだ」

そりゃあ受験英語も嫌いですよ・・・・。そこは正しい。ただ、我々のように本気で英語を嫌っている人は受験英語以前に英語そのものが嫌いです。

/beginner/article/mouthbird/2005/06/post.html

こちらで言うと「Bタイプ」ですね。この手の教師は「Aタイプ」の存在は認めても「Bタイプ」の存在を認めることが出来ないようです。無論私は「Bタイプ」でしたので、中学高校と三年間ずっと不快な思いをしてきたのですが。信頼関係など築けるわけが有りません。

つくづくどうしようもない方たちだと思います。哀れみすら覚えます。どことなく、カルト宗教にはまってしまった信者達と似ているような部分があるように思います。