HOME > 初心者英語 > 苦手なりの受験英語 > thatを克服せよ! > thatを克服せよ!(11)


苦手なりの受験英語

 

2010年10月11日

thatを克服せよ!(11)

that_kokuhuku.gif


今回は「that識別表」
(24)it is ~ that …, あるいは it was ~ that … の強調構文で使われた that である。この場合「that だけの意味」を訳出することはできない。
になったケースを詳しく紹介します。


-----------
【強調構文で使われる that】


レベル中。 高校で習うはず。出現頻度は5%くらい。強調構文は出現すると、初学者には意味を取りにくく、設問になりやすい。


強調構文】は『主語』『目的語』『副詞句』『副詞』といった『部分』を強調したい場合に使用する構文である。
じっくり見れば分かるが、これは「英語が苦手な人こそ『面白い!』と思える構文」である。
英語が苦手なみなさん、よ~~~くご覧あれ!(^^)♪


★【強調したい部分】を< [it is]と[that]の間>に入れる。(過去時制の時は it was にするのが原則)
そして残りを最初の順番どおり並べる。


・↓元となる英文
  Mike met Miyuki in this room yesterday.(マイクは昨日この部屋でみゆきに会った)


主語を強調したい場合
[it is]主語[that] V~.  にする。(過去時制のときは was が原則)


 Mike met Miyuki in this room yesterday.
 ↑
 Mike がこの文の『主語』。これを強調したい場合、以下になる。


⇒・It was Mike that met Miyuki in this room yesterday.(この部屋で昨日みゆきに会ったのはマイクだった)

-------

目的語を強調したい場合
[it is]目的語[that] SV~.  にする。(過去時制のときは was が原則)


 Mike met Miyuki in this room yesterday.
        ↑
      Miyuki がこの文の『目的語』。これを強調したい場合、以下になる。


⇒・It was Miyuki that Mike met in this room yesterday.(この部屋で昨日マイクが会ったのはみゆきだった)

-------

(前置詞による)副詞句を強調したい場合
[it is](前置詞による)副詞句[that] SV~.  にする。(過去時制のときは was が原則)


 Mike met Miyuki in this room yesterday.
            ↑
      in this room前置詞句(役割は副詞句)。これを強調したい場合、以下になる。


⇒・It was in this room that Mike met Miyuki yesterday.(昨日マイクがみゆきに会ったのはこの部屋だった)

-------


副詞を強調したい場合
[it is]副詞[that] SV~.  にする。(過去時制のときは was が原則)


 Mike met Miyuki in this room yesterday.
                    ↑
                yesteraday副詞。これを強調したい場合、以下になる。


⇒・It was yesterday that Mike met Miyuki in this room.(この部屋でマイクがみゆきに会ったのは昨日だった)


-------------------------


今回は以上です。この続きは木曜日です。


(↓目次はこちら)
目次ページへ

Comments