HOME > 初心者英語 > 苦手なりの受験英語 > 何からやれば良いか? > 英語が苦手…「何からやれば良いのか」に答える!(4)


苦手なりの受験英語

 

2010年11月 8日

英語が苦手…「何からやれば良いのか」に答える!(4)

英語が苦手…「何からやれば良いか」に答える!


 英語が苦手な人
  ⇒「洋楽や易しい英文など無意味。無駄に終わるだけ」
  ⇒しかし「」に見えるので「それを選び、同じ失敗を何度も繰り返す」 ということを説明いたしました。


 さて、ではどうしたらいいでしょうか? いよいよ、それに対する私の答えを書きましょう。 なあに、私がいつも言っているあの言葉です。 それは、、、


文法


 です。これに尽きます。


 残念ながら、これ同意しない英語の先生は極めて多いです。
  彼らの趣旨は必ず↓こうです。


 「文法なんてそんな小難しいもの最初に与えるなんて、言語道断だ! 余計英語を嫌うはずだ!」


 こうおっしゃる方ぜひお伺いしたいことがあります。 ぜひ調べていただきたいことがあります。


 「文法が不快だ! 嫌だ!」←こうおっしゃる英語学習者は多いです。 ですが文法が不快だ! 嫌だ!」←こうおっしゃる方が「私は英語が苦手な高校生です。何からやったらいいか分かりません。どうしたらいいでしょう?」ともおっしゃっているたった1つでいいので 見つけてください


 1つもないはずです。


----------------------------


 「文法が不快だ! 嫌だ!」←こうおっしゃる英語学習者は全て、


(1)英語が普通以上にできる人
(2)【むしろ英語が得意で自信がある人


 この(1)(2)のはずです。


 (3)英語が嫌いで、何からやったらいいか分からない人】 は該当しないはずです。


  つまり、【英語が嫌いで、何からやったらいいか分からない人】は「文法不快感なんてない」のです。


 【英語が嫌いで、何からやったらいいか分からない人】の 不快感の対象は、
  文法ではなく
 【英語のアルファベット】です。
これが分からない人は↓これを絶対見てください。
/beginner/article/mouthbird/2005/07/post_6.html


----


 文法から始めるべきだ、と私が言うのには「他の理由」もあります。 それについては次回に話しましょう。次回は木曜日です。
  ※実際は翌週月曜日になりました。


(↓目次はこちら)
目次ページへ

Comments