HOME > 初心者英語 > 苦手なりの受験英語 > 雑談 > 雑談:早くから英会話をやると英語が得意になるか? それと三単現のS


苦手なりの受験英語

 

2011年1月24日

雑談:早くから英会話をやると英語が得意になるか? それと三単現のS

シリーズとシリーズの合間は雑談である。
今日は「早くから英会話をやると英語が得意になるか?」という話をしたい。


まず↓ここのページ中ほどにある「合格体験記」の左側の生徒さんを見て欲しい。


http://www.ye-study.com/gakusei.htm


この人は「小学校から英会話学校に通っていた」生徒さんである。小学校、中学校、高校、と英会話学校に通っていらしたという。にもかかわらず、英語で落ちこぼれ浪人した。周りから「英会話学校に行っているのになぜ英語ができないの?」とささやかれたのは間違いないだろう。


浪人のとき彼は私の門をたたいてくれて、同志社に入った。


彼を最初に教えたとき、びっくりしたことがある。それは


彼は三単現のS を知らなかった」 


ということであった。平気で He don't ~ という英文を作ってきた。私は「どこがおかしいか分からないかい?」と尋ねたが「分からない」という返事が返ってきた。


三単現は中学校1年生で習うルールである。


これは私の想像だが、「英会話学校のいくつかは 文法を全く教えず、三単現のSのルールすら教えない」のではないか?


彼は中学校でも「文法なんか気にしない方針」で授業を進められてきたのではないか? その結果、こうなってしまったのではないか?
とにかく、今の今まで「三単現のルールを知らずに高校を卒業した」のだから、今まで相当に苦しんできたのだろうなあ...と私は思った。


==========


今年、ある新たな生徒さん(高校1年生・女性)を受け持った。彼女もまた英語の成績があまり芳しくなく、私の門をたたいてくれた人の1人である。


なんと、彼女も三単現のSのルールを知らなかった!


もしや...と思って聞いたことがある。


「君ももしかして、英会話学校に通ってた?」
生徒「はい。小学校の頃から英会話学校に通ってました。今でも通ってます

=========





果たして「早くから英会話をやると英語が得意になる」と必ずしも言い切れるであろうか?
かえって苦しむ生徒が日本中に増えるような気がしてならない。





ちなみに、三単現のSを知らなかった生徒に出会ったのは彼女で3人目である。うち2人は英会話学校に小学校から通っていたのだ。


次回は木曜日の更新です。


(↓目次はこちら)
目次ページへ

Comments

>minkaさん
コメントありがとうございます。あら、私は助けているんですか? そう言われるととても嬉しいです。
 そうですね、国語力のなさが英語にも大きく関わっていると思います。

>文部科学省は国語で会話によるコミュニケーションも授業でやりましょうってことに変わってきてる

へ~そうなんですか! 知らなかったです。いいことだと思います。
 しかし国語教師が国語の指導が上手くできなくなってちゃいかんでしょうに。。。
 私の浪人時代の現代文・小論文の先生を思い出しました。この先生は日本語がしっかりしていました。私が変な日本語を解答で書くと「君はまだ日本に慣れていないね。日本に来て2年ぐらい? Ψ(`▽´)Ψ」って言ってからかうんですよ。で、自分が使う日本語は漢字から何から何まで完璧。凄かったです。

 現代は生まれたときから、テレビやゲームがある世代です。子供は以前に比べて会話が少ないまま育っていると思います。【国語】というものを「上手く身につけさせる」カリキュラムが普及すればいいなあと思います。(作文は良い内容だと思うんだけどな…小さい頃、盛んにやらされた気がするけど、最近は少ないのかな?)

こんにちは。以前からここを利用していて、とても助かっているものです。
私も英語が苦手ですが、なんのかんので英語を教えています。
英語を教えていて、思うのは生徒の国語能力のなさです。それは会話だけじゃなく、書く方もなんです。
文部科学省は国語で会話によるコミュニケーションも授業でやりましょうってことに変わってきてるんですけど、国語教師側がそれをうまく指導できてないんです。
国語もディスカッションとかスピーチとか取り入れることになってるんですよ。
作文指導もね、ホント国語でちゃんとやってほしいなぁって思います。

>シンシンさん
ご無沙汰です。コメント嬉しいです。
ふむふむ。シンシンさんも小学校のときの英会話教室が役に立たなかった人ですね。
ふむふむたぶん英会話教室が役に立つ人は、そのレッスン以外の時間に習った英語を習慣的に気をつける人だけではないかと思うのです。
例えば↓こんな風に
/beginner/article/mouthbird/2006/01/post_101.html
まさに「慣れろ」なのだと思います。つまり(毎日?)日常的に使ってないから無為に終わってしまったのだと思います。

さらに、日本語の「会話力」を小学校のうちから身につけるカリキュラムが必要だと思います。英語学習にも役立つ上、国語力UPにも役立ちます。その上社会に出てからも役立ちます。私は口下手で20歳まで過ごしてきたものですから、特にそう感じます。

以前、5文型のことで書いたシンシンです。
 僕も小学生のときに英語教室に通ってました。でも無駄でした。
 日本語の子音+母音になれていたため、英語独自の音や子音だけで終わる音が見事に聞き取れませんでした。先生の発音する「apple」「It's on the table.」が「あぽー」「いっとおんどてーぼー」と聞こえました。習うよりも慣れろとの方針か、僕が「あぽー」といっても、先生は訂正することもなし。
 最大の問題はシステムが予習主義でも復習主義でもないうえ毎週一回の授業なので、前におそわった部分をきれいさっぱり忘れてしまうこと。会話中心で、単語のつづりを覚えさせることもありません。あの英語教室が中学の英語の授業に役立ったことはありません。
 僕も小学校で英語を教えるより、日本語をしっかり教えてほしいと考えてます。小学校で英語を教えてるところもありますが、新聞で読むとそのカリキュラムが中学で教えるカリキュラムとの連携が悪いようで気になります。

>まくさん
どうも~ご無沙汰です。お元気ですか?
>「文法なんか知らなくても、ひたすら英語に慣れればいい」なんて乱暴な意見を最近よく耳にしますが、いかがなものか、と考えてしまいます。
こうおっしゃる方は実際にそうだと思います。我々はそれを認めなければならないと思います。問題は誰でもそれは通用するのか?、というところにあると思います。
 私の勝手な分析だと、文法なんか知らなくてもできるようになれる率は、10~15%ぐらいだと思います。この10~15%の中に当てはまる人は「文法なんか知らなくて慣れでOK」だと思います。
 これを確認する方法は実に簡単です。「高校以上の段階なった時、慣れでも依然として英語に不安を感じない人」は含まれます。高校1年生になって「慣れだけではちょっとやりにくくなってきた・なぜか得点できなくなってきた」と少しでも思った人は、この10~15%に入らない人です。
 運動能力に個人差があるように、語学能力にも個人差があると思います。誰でも慣れだけで泳げるようにならないのです。85~90%は文法が必要だと思います。

 小学生には日本語能力をもちろん高めて欲しいですね。ただおそらくそれは、いわゆる「国語」の学習ではできない要素が絡んでいると思っています。
 私が大事だと思っているのは、コミュニケーション能力・会話能力です。相手に自分の意図をどのように伝えるのか? また相手が喋っていることの意味を誤解して受け取っていないか? …この能力の構築が、英語学習にも響いてくると思います。
 もちろん、この場合の会話能力とは「日本語」でのことです。今は生まれたときからテレビやゲームがあり、会話するチャンスが以前よりどんどん失われているのです。会話の経験が少ない分が個人の会話力は下がり、ひいては英語力を下げているものと思います。
 なにせ私自身、小学校時代からテレビっ子。20歳まで無口で口下手で困ってましたからなあ。その影響が中学高校で英語ができなかった理由の1つであると、自分自身とても感じています。

お久しぶりです。
「文法なんか知らなくても、ひたすら英語に慣れればいい」なんて乱暴な意見を最近よく耳にしますが、いかがなものか、と考えてしまいます。
日本人の英語の学習法はバランスを欠いているのは事実ですし、それを補うべく英語の早期教育を図る姿勢は分からないでもないですが、[正しい・丁寧な]英語を指摘してくれる人がいないと意味はありません。(正しい日本語とは…となるとまた別な論議となりますが)私個人としては英語を含む外国語の学習は中学からでも十分であり、むしろ小学校では母語である日本語をしっかり学ぶべき(ルールとなる文法や意見や考えの表し方などオールラウンドに)だと思います。第一、何を伝えたいか日本語で組み立てられない日本人に外国語でコメントすることができるわけないでしょう!英語を公用語にした某企業のトップの頭の中を疑います。