HOME > 初心者英語 > 苦手なりの受験英語 > やる気を起こさせる言葉 > 苦手な人にやる気を起こさせる言葉(2)


苦手なりの受験英語

 

2011年4月 7日

苦手な人にやる気を起こさせる言葉(2)

ではでは「苦手な人にやる気を起こさせる言葉


=========================================


日本に英語が必要な時代は永遠に来ない
日本に英語が必要な時代がすぐに来ると主張する英語教師は
みな自分の願望を述べているだけである


=========================================


私が中学高校の頃、私は盛んに言われました。
「お前らが大人になる頃は、日本は絶対に英語が必要な国になっている」
と。


そうですか?


今、中学高校生の皆さん、あなたは言われていませんか?
「お前らが大人になる頃は、日本は絶対に英語が必要な国になっている」
と。


とすれば、まだ日本は英語が必要な国では無いですな。
とすれば、少なくとも中学高校時代の私に英語を教えた英語教師たちは
大嘘
をついていたことになりますな。

調べると「明治時代から、日本は絶対に英語が必要な国になっている」と日本の英語教育では言われてきたそうです。


・「英語ができたほうが有利である」ことは認めます
・しかし「必要」ではないでしょう。違いますか?


 必要であるとすればそれは「入試で英語が必要なだけ」です。英語が嫌いなら、早いとこ入試を終わらせて英語なんかきれいさっぱり忘れましょう。


明日はいつもの文法放送。この続きは月曜日です。


(↓目次はこちら)
目次ページへ

Comments