HOME > 初心者英語 > 苦手なりの受験英語 > 英語上達変遷マップ > 嫌いな人限定:英語上達変遷マップ(3)


苦手なりの受験英語

 

2011年5月23日

嫌いな人限定:英語上達変遷マップ(3)

では、
【第2段階】
●「どうやっって勉強していいかわからない…」と悩み、変なことを教わり、それに絶望する…!


これを「段階」と呼んでいいかどうか分かりませんが、ここではそう呼ぶことにします。


前回でようやく重い腰を上げてやる気になりました。しかし「徒労に終わる」結果になったはずです。
しかし、あなた苦手な人)の周りを見ると必ずいるはずです。
英語をいとも簡単にスラスラ読めて、英語をウキウキ楽しんでいる
…というが。
 彼ら苦手な人が見ると「何でできるのだ?」と不思議にしか思えません。


前回で苦手な人は「学校の英語の成績を上げなければならない」と感じました。
中間期末に望みますが、ここで悩みます。


ここでわかります。
どうやって、定期テストの英語の勉強していいかわからない…
ということが。


いったい何を問われるのか? 何をどう覚えればいいのか?
いったい何を覚えればいいの?
…といったことが「分かるようで分からない」という感じになります。


そこで、英語のできる人に相談します
すると、英語ができる人には、こう言われます。


そんなの簡単! 教科書の英文を全部丸暗記すればいいんだよ!


ここで英語が苦手な人愕然とします。
別に「そうなんだ! 気がつかなかった! そんなことだったんだ!」…などと思うわけでは決してありません。
むしろその逆です。


「どこが簡単なんだこのやろう! 無理に決まってるじゃないか!」
と思うのです。


英語が苦手な人は「教科書の英文を全部丸暗記することが簡単ではないから」です。


実はここが大きな差


英語が得意な人は、英文を丸暗記する能力長けています。
しかし
英語が苦手な人は、英文を丸暗記する能力乏しいのです。
ここら辺を参照


したがって
得意な人が言う「簡単なこと」は、苦手な人にとっては「難しいこと」なのです。


こうして、英語が苦手な人は絶望感」に追いやられます。


続きは来週の月曜日です


金曜日の文法放送は今週はお休みです。(メッセ授業は6月3日から。第1回分の授業を一緒に学べますよ。この機会に第1回から一緒に学びませんか? 参加をお待ちしています)


(↓目次はこちら)
目次ページへ

Comments

ひよさん

私のブログの内容は、センス20以下の方には共感する内容だと思います。(裏付けありがとうございます) 通常、センス20以下しか英語は苦手にならないのです。

英語のセンスチェック
http://www.ye-study.com/typehome-01.htm


しかし、英語のセンスあふれる人(センス60以上)は実は逆になります。つまり

>英文に日本語を混ぜて英文の一部分を
熟語やスローガンのように暗記する

↑こっちのほうが苦手なのです。

>(AS soon as=No sooner than
>cannot help 動詞ing=動詞せずにはいられない
>It is time S 過去形or【were】~=もう~する時間です 等)
>文法や構文は理解+部分暗記

センス60以上は↑こっちのほうが暗記しにくい脳みそなのです。
私やひよさんのような方にとっては、↑これは「信じられないこと」と思います。けれどもどうやらこれは事実のようです。

同様に、センス60以上の人は「我々のような人間がいること」を信じてくれません。しかしそういう「信じてくれないような英語のセンスにあふれる人」しか、まず英語の先生にならないのです。これが、「我々英語嫌いが英語嫌いのままで、成績が伸びない大きな原因の1つである」…と私は思います。


>英単語暗記とリスニングがハードルが高い

そうですね。ここも大きな差が出ます。英語のセンスあふれる人は「ヒアリング」が大好きなのです。
逆に我々は「ヒアリングが大嫌い」なはずです。

私の場合、嫌いな順(好きな順ではない!)を上げると

英会話≧ヒアリング≧発音アクセント>英文解釈≧単語記憶>熟語記憶>>>>>>>>>英文法

になります。
しかしセンスあふれる人はこれが概ね逆になるはずです。つまり「嫌いな順」ではなく「好きな順」になるはずです。

あなたの場合はどうでしょうか? 多少の差はあると思いますが、私と同じ方向性だと思います。

もし私と同じだとしたら、世の中に広く出回っているやり方では、逆効果にしかならないと思います。少なくとも私はそれをやってきて完全に逆効果であったのです。

ひよさんにぴったり合う学習法が見つかることを祈っています。コメントありがとうございました。
m(_ _)m

>英語が苦手な人は、英文を丸暗記する能力が乏しい

マウスバード先生の主張、とても共感できます。

英文を覚えてしまえば
文法問題も英作文問題にも対応できて
英語のセンスがつくから読解にも役に立って
英会話や実用英語にも対応できて…と
英文を覚えられる人にとっては
最高の勉強法なんだと思いますが、
苦手な人にとっては
英文暗記自体がハードルが高いんですよね。
(ほかには英単語暗記とリスニングがハードルが高いです)

自分は英文丸ごとの暗記は大の苦手だったけれど
英文に日本語を混ぜて英文の一部分を
熟語やスローガンのように暗記するのはなんとかできたので
(AS soon as=No sooner than
cannot help 動詞ing=動詞せずにはいられない
It is time S 過去形or【were】~=もう~する時間です 等)
文法や構文は理解+部分暗記でやりました。
マウスバード先生のサイトで自分のセンスを調べたら
センスは20と出ました。